受平(うけびら)ってなに? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    受平(うけひら)とは、重層の屋根のおいて、上の屋根の雨水を受けるための瓦のことです。。
    簡単にご紹介します!

受平(うけびら)ってなに?

受平(うけびら)とは、重層以上の屋根において、上の屋根の雨水を受けるために並べられた平瓦や平唐草軒瓦等のことを言います。

⇒の瓦は、平唐草軒瓦を指していて、先端が下へ垂れ下がっています。

それより上には平瓦が並んでいます。

上の写真は名古屋城・本丸御殿の屋根です。

⇒部分に、受平瓦が並んでいます。

上から落ちる雨水を受ける形となっています。

上の写真は名古屋・東別院の屋根です。

上の大屋根から落ちる雨水を受けるように、通常の瓦の上にもう一枚平瓦が葺かれています。

上の大屋根から集まった雨水が下屋根に直接落下すると、落差があるため、雨漏りの原因となります。

それを防ぐため、2重の瓦とする工夫がされています。

お寺やお城だけでなく、今でも一般的にも使用されることもあります。

上の写真は小学校の屋根をドローンで、真上から撮影したものです。

屋根が重なっている部分の下屋根に、2重に瓦が並べられています。

下の瓦とは、銅線などで瓦同士を緊結しています。

重層屋根で、上の屋根に雨どいをつけない場合には、簡単に雨漏り対策となる昔からの工夫です。

 

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事