伊勢神宮でめずらしい屋根を発見!レアキャラです!

伊勢神宮で気付いた屋根の色々

先日、参拝したとき、気になった屋根(レアキャラ)がいくつかありました。

参道でのしゃちほこ(鯱)

瓦屋根の棟に載っていた、しゃちほこに長いひげがついていました!

ひげも瓦なのか?とても気になりましたが、少し遠くだったので、判断付かず。

焼き物だったら、すごい技術だと思います・・・

 

神宮内で販売されていた神棚

伊勢神宮内で販売されていた神棚に目が止まりました!

名前は板葺神棚(いたぶきかみだな)。

神棚の名前が屋根の葺き方となっています。

こちらは、茅葺神棚(かやぶきかみだな)。

茅葺屋根の仕様で高級品となっています。

古来は屋根が雨(水)から建物を守るということで、重要視されていたことがわかります。

 

境内の銅板葺

境内に銅板葺の屋根がありました。

よく見ると部分的に、歪んでいます。

この現象は他の屋根にも発生していました。

金属屋根は寒暖により、金属の伸び縮みが大きいから歪んだのかな?

今まで、何度も参拝に来ていましたが、初めて気が付きました。

 

メンテナンス済みを見つけた!

メンテナンスをどうするのかな?と眺めていました。

すると、その答えとなる屋根が現れました!

赤丸の部分の金属屋根の色が変わっています。

これは、この範囲を葺き替えたからです!

金属屋根は歪みが発生するとその部分全体を葺き替えなければならない屋根材であることがわかります。

メンテナンス費用はかかりますが、建物を守る上では、必要ですね!

 

屋根マニアが感じたこと。

めったに見ることができない屋根を見ることができました。

銅板葺が部分的に歪む現象。

それを直すために、広範囲に葺き直す必要があること。

茅葺屋根の神棚。

たくさんのレアキャラを見つけて、満足でした!!

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事