脱気筒(だっきとう)ってなに? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    脱気筒とは、屋上の防水層に設置された排気のための筒のことです。
    脱気筒を蹴り飛ばすと雨漏りする可能性があります!
    簡単に違いをご紹介します!

お問い合わせはこちら

脱気筒(だっきとう)ってなに?

脱気筒とは、屋上の防水層と下地(コンクリートなど)の間に発生する水蒸気を排気するための筒のことです。

屋上の真ん中あたりについているステンレス製の筒です。

面積の広い屋上で、脱気筒がないと防水層が膨らんでしまいます。

防水層全体の膨らみを防止するための筒なので、一定の面積ごとに設置されています。

また、隅っこではなく、真ん中に点々と設置されています。

 

蹴り飛ばすと雨漏りすることもあります!

ステンレス製の筒なので、強度があるように感じますが、そうでもありません。

薄い平らなベースに筒が溶接で一体化されています。

ベースはコンクリートねじで屋上に留め付けてあるので、強度はあります。

この上に、ウレタン防水を塗っていきます。

ベース部分は屋上と一体化するので、はがれることはありません。

 

しかし、頭の部分はそれほど強度はないのです。

蹴り飛ばすと溶接が外れてしまいます。

脱気筒がついていた穴を見てみると、

屋上コンクリート下地の目地の部分に設置されています。

目地の凹みは排気経路として有利だからです。

しかし、逆に、穴がむき出しの場合は、目地へ雨が入り込み、雨漏りの原因になります。

脱気筒が外れた場合は、早めに補修しましょう!

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事