現場施工の天窓からの雨漏り 散水試験は水道代がもったいないからダメ!と言われました!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    雨漏りの現場では、いろいろな体験をさせていただきます。
    現場施工の天窓・フラット屋根の雨漏り現場で、散水調査を提案した所、断れました!
    水道代がもったいないからと。

お問い合わせはこちら

現場施工の天窓・フラット屋根の雨漏りを目視だけでは、原因はわかりません!

雨漏りの現場では、いろいろな体験をさせていただいています。

先日は、「水道代がもったいないからダメ!」と散水調査にNGを出されました。

目視検査だけで、わかるような簡単な雨漏りなら私でも頑張れたかもしれません。

しかし、フラット屋根・現場施工の天窓付近と目視では、あやしい所だらけの現場だったので、手も足もでませんでした。

今まで、何百件と雨漏り現場に伺っていますが、「水道代がもったいないからダメ!」と言われたのは、初めてでした。

簡単にご紹介します!

 

現場の概要

室内天井への雨漏り

赤丸の部分の天井から床に水が溜まるほどの雨漏りだったそうです。

屋根を目視してみました。

屋根を見てみますと、

現場加工の天窓がありました。

天窓は全てシーリングで止水していました。

さらに、

天窓は屋上に設置されていて、フラット屋根にシート防水となっていました。

シート防水にもいろいろな色のシーリングが至る所で見られました。

シート防水の上に打ったシーリングが切れて見える場所もありました!

天窓周辺もシーリングとき裂が見られました。

この状態を目視して、原因がわかるほどの技術は残念ながら私にはありません!

 

「散水調査がNGですと、私では原因をつかめないので、

次回、雨漏りしたら、一番先にどこが濡れたのか見て教えてください!」

とお伝えして帰らせていただきました!

 

お客様はキョトンとした感じで、

「なぜ?シーリング補修しないのか?」とご質問をいただきました。

 

「原因がわからないのに、勘でシーリングして、お金をいただくことはできません。」とお伝えして帰りました。

お客様には、貴重なお時間を使わせてご迷惑をお掛けしましたが、

弊社も専門業者として小さなこだわりがございます。

散水調査NGの場合は、他の業者をお探しください!

 

ポイントまとめ
散水調査を行ってはいけない場合、原因が特定できず、補修できないこともありますので、ご了承ください!

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
詳しくは、こちらをご覧ください!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事