トタン屋根の雨漏り 雨漏り修理は葺き替えをおススメします。

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

トタン屋根からの雨漏りで困っている人。

トタン屋根のメンテナンスを検討している人。

金属屋根からの雨漏りで困っている人。

この記事で伝えたいこと

トタン屋根は瓦屋根と同じく昔から使用されています。

現在、トタン屋根はほとんど使用されなくなっています。

トタン屋根のメンテナンス方法としては、塗装、葺き替え、カバー工法があります。

雨漏りしている場合は、葺き替えをおススメします。

この記事では、トタン屋根の雨漏り修理をご紹介します。

お問い合わせはこちら

トタン屋根の雨漏り 雨漏り修理は葺き替えをおススメします。

トタン屋根は瓦屋根と同じく昔から使用されています。

現在、トタン屋根はほとんど使用されなくなっています。

新築で金属屋根をよく見かけるのに、なぜ?

と思った方もいらっしゃると思います。

この記事では、トタン屋根の基礎知識から、おススメの雨漏り修理方法をご紹介しています。

 

トタン屋根とは?

トタン屋根とは?

トタン屋根とは、トタンを材料に使用した屋根のことです。

上の写真のような「瓦棒葺き」と呼ばれる形状の屋根材を、一般的に「トタン屋根」と呼ぶことも多いです。

それでは、トタンとは?

トタンは亜鉛メッキ鋼板のうち、主に建築資材として使われているものを呼びます。

亜鉛メッキ鋼板とは、亜鉛でめっき加工された鋼板(板状に加工された炭素をわずかに含む鉄の合金)のことです。

専門用語でいうと、むずかしくなりますが、大正時代からここ10年程度前まで、屋根や壁で使用されていた鉄板と考えていただければ、わかりやすいと思います。

亜鉛メッキ鋼板に塗装した「カラー鋼板(鉄板)」もトタンと呼ばれています。

トタン屋根の耐久性

トタン屋根は、表面の塗料層と亜鉛めっき層で鉄板が錆びることを防いでいます。

耐久性としては、5年ぐらいで表面の塗料が劣化します。

メンテナンスとしては、その時点で塗装すれば、もう5年の耐久性は維持できます。

塗装せず、そのままにしておくと、10年程度で亜鉛めっき層が突破され、鉄板に赤さびが発生し、鉄の腐食が進行します。

 

トタン屋根からの雨漏り

トタン屋根の軒先部からの雨漏り

トタン屋根からの雨漏りは、築年数が経過した屋根で発生しています。

下写真は、トタン屋根の軒先部から、雨が室内側へ浸入した染み痕です。

築25年を経過した屋根では、ほとんど軒先部の雨漏りが見受られます。

トタン屋根の軒先部をみると、トタンが腐食している状態です。

赤さびが発生しても、そのままにしておくと、トタンの腐食が進み、トタンに穴が開いてしまいます。

別の物件ですが、トタン屋根(瓦棒葺き)の芯木の軒先部分は雨水が浸入して劣化している状態です。

芯木の軒先部分は黒く変色しています。

トタンの表面は赤色に塗装していますが、立上りの重なり部分は元の青色のトタンとなっていて、その部分はボロボロに腐食して穴が開いた状態です。

腐食した部分から雨が入りこみ、軒先部の雨漏りとなります。

トタン屋根を定期的に表面を塗装するメンテナンスをしたとしても、上記のように重なり部が劣化してしまうため、30年が限界の屋根材と言えます。

そのまま、軒先から雨漏りしていると、芯木の軒先が腐朽したり、野地板の軒先が腐朽したりします。

この軒先部の屋根下地の腐朽は、雨漏り修理の方法に影響します。

トタン屋根の棟部からの雨漏り

トタン屋根の棟部も雨によって、トタンが腐食しています。

水返しとなるトタンの立ち上げは、腐食して崩れている状態です。

強風雨などで、雨が棟部から防水シートの上に入りこみます。

その雨水は、トタン屋根のくぎ穴から伝わり、室内で雨漏りとなるしくみです。

上の写真は、屋根の中央部から雨漏りしている状態です。

常時、雨漏りしやすい所は、くぎ穴のまわりの野地板が丸く穴が拡がっていました。

 

トタン屋根の雨漏り修理は葺き替えをおススメします。

ガルバリウム鋼板屋根で葺き替え

瓦屋根の軒先部分に施工されたトタン屋根の雨漏り修理の様子をご紹介します。

トタン屋根は青色に塗装されているものの、軒先はいつものようにボロボロでした。

瓦の軒先を外して、トタン屋根をめくっていきます。

屋根下地などを補修して、ガルバリウム鋼板の立平葺きで葺き替えしました。

絡んでいる瓦を戻して、葺き替えの完了です。

トタン屋根の雨漏り修理で、葺き替えをすすめる理由

トタン屋根のメンテナンスは大きく3つあります。

①塗装

②葺き替え

③カバー工法

この中で、②葺き替えをすすめる理由を紹介します。

順番に、トタン屋根の雨漏りに適してしているか、説明してきます。

①塗装

①塗装をすすめない理由は、塗装では雨漏りが止まらないからです。

お金のムダですので、塗装をすすめられても、お断りしましょう!

③カバー工法

③カバー工法をすすめない理由は、屋根下地が劣化いしている可能性が高いからです。

カバー工法に使う金属屋根は、屋根下地に留め付けます。

その屋根下地が腐朽していると、強風に耐える耐力を発揮できません。

台風などで、カバー屋根材ごと、飛散してしまうリスクがあります。

②葺き替え

②葺き替えをおススメします。

古いトタン屋根をめくって、屋根下地を確認・補修することで、新しい屋根材の耐力を発揮させることができます。

異常気象が頻発するこれからは、めくり代を惜しんでカバー工法するよりも、葺き替えして、確実な耐風性を確保することが必須とお考えください。

 

まとめ:トタン屋根の雨漏り修理は、ガルバリウム鋼板に葺き替えしましょう!

築30年程度のトタン屋根が多くあります。

トタン屋根の寿命と言えますので、雨漏りしたら、ガルバリウム鋼板で葺き替えしましょう!

ビフォー・アフター

葺き替え前

葺き替え後

屋根下地は劣化している可能性が高いので、屋根下地から修理することが重要です。

異常気象による自然災害が発生していますので、屋根はしっかりと修理されることをおススメします!

 

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事