ZEH(ゼッチ)ってなに? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    新築を検討していると聞く言葉として、ZEH(ゼッチ)があります。
    簡単にご紹介します!

ZEH(ゼッチ)ってなに?

ZEH(ゼッチ)とは、ネットゼロエネルギーハウスの略で、頭文字から来ています。

1年間で使用するエネルギー量より1年間の太陽光発電の総量が多い住宅のことを指しています。

ただ、これだけですと、太陽光を屋根にたくさん載せる住宅という話になります。

しかし、そうではなく、もう1つ住宅の断熱性能も求められています。

・太陽光発電設置前の時点で、基準一次エネルギー消費量から20%削減すること

・外皮性能を地域区分ごとに省エネ基準を上回ること

以上、2点が課せられています。

国は2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現することを目標としています。

ZEHにおけるエネルギー貯蓄

現状のZEHでは、蓄電池を設置している住宅はほとんどありませえん。

しかし、将来的に電気自動車が普及することで、自宅にてエネルギー貯蓄ができるようになることも可能かもです。

また、余剰電力の有効利用として、電気自動車を有効活用するという相互利用が見込まれています。

2018年頃から一部の「エコキュート」に昼間の余剰電力でお湯を沸かす機能が付いた機種がではじめました。

この機能を使うと蓄電池2KWh相当の効果があると言われています。

 

ZEHと屋根の関係

数年前までは、太陽光発電を住宅に載せるのは、売電目的がありました。

そのため、片流れ屋根にして、1枚でも多く屋根に太陽光パネルを載せたいという傾向がありました。

しかし、売電価格が下がってしまったので、最近の新築ではZEH用となっています。

そのため、通常の住宅なら4~5KWh程度の発電量で十分と考えられています。

この程度であれば、片流れ屋根にせず、切妻屋根で対応できます。

雨漏りやメンテナンスのことを考えるなら、切妻屋根がおススメとなります!

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事