天日(てんぴ)ってなに? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    天日(てんぴ)の言葉としては、太陽、太陽の光を意味しています。
    簡単にご紹介します!

天日(てんぴ)ってなに?

天日(てんぴ)とは、太陽、太陽の光を意味しています。

たまに、天日干し(てんぴぼし)と聞きますが、魚介類などを直接日光に当てて干すことです。

屋根で、天日(てんぴ)とは別のことを指します。

屋根で、天日とは、太陽熱温水器のことを言います。

太陽熱温水器(天日)は、屋根の上に、集熱板(黒い平坦な部分)と貯湯タンク(上部の膨らんでいる部分)が一体となっているタイプです。

太陽光発電パネルや太陽熱利用給湯システム(こちらは、タンクは地上に別途設置されているタイプ)とは異なるものです。

 

太陽熱温水器(天日)とは・・

太陽熱温水器(天日)は、太陽の熱で水を温めて、お湯にして使用するというシンプルな構造です。

単純であるため、温まったお湯を、そのままの温度で浴室へ落として使用するという用途に限られていました。

夏場は、70℃近い高温のお湯が出るのですが、冬場は、温度が低く、ほとんど使えないという話も聞きます。

太陽熱温水器(天日)のトラブル

強風によるズレ

太陽熱温水器(天日)は、屋根の載せて、周辺からワイヤーで引っ張って、固定する方法です。

何百㎏の温水器(天日)が、屋根の上から落ちないように、しっかりと吊っていますが、

強風などで、ずれている温水器(天日)を見かけることがあります。

上の写真のように、大きくずれて、軒先まで落ちそうになっているのは、怖いですね!

配管からの水漏れ

もう1つ怖いのが、配管からの水漏れです。

屋根の上にある温水器(天日)は、お客様が簡単に点検することはできません。

配管の劣化やパッキンの劣化により、経年で水漏れを起こすことがあります。

お客様にとっては、気が付かないうちに、水道代を捨てていることになります。

さらに、お湯も温度が下がってしまうというダブルパンチです。

住宅の点検時に、温水器(天日)の点検をしてもらいましょう!

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事