公共施設の屋根材比較 維持管理費が変わってきます!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    公共施設はいろいろな屋根のデザインがあります。
    イニシャルコストはとても大事ですが、
    将来の維持管理費も考慮が必要だと思います。

お問い合わせはこちら

公共施設の屋根材を比較!

地元の小学校が建て替えされました。

デザインとして、部分的に三州瓦を使用した屋根となっていますが、全体的には、陸屋根でした。

公共施設は60年単位で、施設を維持管理しなければならないので、イニシャルコストも大事ですが、将来の維持管理費も考慮してほしいと思います。

以前、見学した地方の公共施設の屋根で比較していみます。

自然豊かな場所に、町の公共施設がありました。

f:id:capuriclub:20160711180350j:plain

手前の瓦屋根の建物は足湯を楽しめる施設となっていました。

その奥に見えるのは健康施設のようで、少し前に建てられた感じでした。

その施設の屋根は金属屋根・アスファルトシングル屋根となっていました。

公共施設は、その建設時の流行りが影響するのか、デザインの統一感はないです。

素人ですが、公共施設が統一されたデザインになっていると、それだけで、街の看板になるような気がします!

 

屋根材に注目してみます!

デザイン・仕様だけでなく、屋根材に注目してみます!

金属屋根

f:id:capuriclub:20160711181226j:plain

金属屋根は横葺きという種類で、横の線が目立つデザインでした。

よく見ると表面に錆びが全体的に発生しています。

ここまで錆びる前に、塗装して維持管理する必要があります。

f:id:capuriclub:20160711181736j:plain

ケラバ板金部分も錆びが発生している。

このように、錆びが進行すると、塗装ではなく、葺き替えも検討の中に入ってきます。

 

アスファルトシングル葺き

下屋に使われている屋根材は、アスファルトシングル葺きでした。

f:id:capuriclub:20160711182048j:plain

こちらは、金属屋根のように錆びることはなく、塗装の必要がない屋根材です。

しかし、強風に弱く、赤丸部分のように、屋根材自体が飛散してしまっています。

f:id:capuriclub:20160711182347j:plain

また、表面の砂がとれて、変色している部分がいたるところにあります。

アスファルトシングル葺きは、この上に、もう一度、アスファルトシングルを重ね張りするメンテナンスを行います。

 

瓦屋根

瓦屋根は劣化していません。

f:id:capuriclub:20160711182704j:plain

これから60年は大丈夫です。

巨大地震が来なければですが。

残念ながら、この屋根の施工方法は、旧工法だからです。(棟に銅線が見える)

瓦の材自体は耐久性は抜群で、全く問題はありません。

ただ、旧工法の施工のため、巨大地震が来ると棟が崩れてしまうのです。

この棟部は、ガイドライン工法に葺き直しをする必要があります。

瓦屋根の現在の仕様について

瓦屋根の現在の仕様は、巨大地震に耐えられるガイドライン工法となっています。

地元の新しく建て替えした学校の屋根もガイドライン工法です。

この場合、維持管理費は大幅に安価だと言えます。

公共施設は長期に渡り、維持管理をしなければなりません。

設計時のデザイン・イニシャルコストに加え、維持管理費も含めた仕様の検討もこれからは重要だと思います。

 

ポイントまとめ
・金属屋根は錆びる
・アスファルトシングルは飛散する
・瓦はガイドライン工法で棟を葺き直し

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事