新築は、高耐久な瓦屋根(防災瓦・ガイドライン工法)で安全安心です!【愛知県半田市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    新築を瓦屋根で施工した事例をご紹介します!
    平板防災瓦・ガイドライン工法で、耐震・耐風・耐久性と3拍子揃っています。
    コスパも高く、安全安心な屋根となります。

お問い合わせはこちら

工事の概要

新築屋根工事  防災平板瓦をガイドライン工法で施工

工期:4日間

築年数:新築

新築屋根は、防災平板瓦(ガイドライン工法)で安全・安心です!

防災平板瓦(ガイドライン工法)で施工した新築屋根をご紹介します!

防災平板瓦(ガイドライン工法)の耐震性・耐風性が高いことは、様々な試験を通じて確認されています。

昨年・今年の巨大台風でも、被害がないことは確認済みです!

瓦の材質は1100℃以上の高温で焼成したセラミックスです。

お茶碗やお皿と同じで、劣化したり、変色することもありません。

瓦自体は、百年経っても大丈夫です。

施工をガイドライン工法とすることで、瓦屋根全体は災害にも強くなります。

屋根として、ほとんどメンテナンスする部分がないため、30年の屋根コストと考えて、もっともコストパフォーマンスが高い屋根材と言えます。

住宅を2世代・60年と考えれば、とてもお得になります。

簡単に、施工の様子をご紹介します!

 

新築屋根(防災平板瓦・ガイドライン工法)の施工の様子。

①屋根下地を設置

屋根・野地板の上に下地を設置します。

防水シート(改質アスファルトルーフィング)、水抜きテープ、瓦桟木(さんぎ)を設置します。

瓦桟木は瓦を引掛けて、留めるための木です。

軒先(屋根の先端)

軒先(屋根の先端)は、強風雨時に、瓦同士の隙間から入った水が溜まることなく、排水するような傾斜となっています。

棟部(屋根の頂部)

棟部(屋根の頂部)には、小屋裏換気をするためのアンダーコンポ換気棟と棟の冠瓦の耐震・耐風性を高める棟補強金物を設置しています。

ケラバ部(屋根の端)

ケラバ部(屋根の端)には、ケラバ捨て水切りを設置します。

強風雨で浸入した雨水が防水シートの上に拡がらないように、水切りを準備して、素早く排水します!

②防災平板瓦を設置

防災平板瓦を軒先(屋根の先端)から葺いていきます。

軒先水切り

このとき、軒先には、軒先水切りを鼻桟木から出るように設置しておきます。

軒先水切りにより、瓦の隙間から入った水は、防水シートを流れ、軒先水切りを通って、雨どいへ排水されます。

くぎ留め

防災平板瓦は、瓦桟木に引掛けて、全数くぎ留めします。

防災平板瓦には、くぎ穴は2つありますが、1本くぎ留めすれば、台風でも飛散しないだけの強度があります。

2本くぎ穴が開いているのは、軒先だけ2本くぎを打つ必要があるからです。

隅棟(斜めになった屋根の頂部)

隅棟(斜めになった屋根の頂部)は瓦をカットします。

カットしてくぎ穴がなくなった瓦は、新たにくぎ穴を開けて、留め付けます。

カットした瓦も留め付けることで、耐震性能が向上します!

③周辺の瓦を設置

ケラバ瓦

ケラバ瓦はパッキン付きビスで3か所留めします。

どんな強風でも飛散しません。

下屋根(1階の屋根)

下屋根と壁の取り合い部は雨漏りしやすい場所です。

土居のし2段となんばんしっくいを使用して、雨漏りを防ぎます。

この上から、雨押え板金を覆えば、大丈夫です。

窓の防水紙は屋根の防水シートの上に出しておくことが肝心です。

棟の冠瓦(かんむりかわら)

棟補強金物にたるきを設置して、なんばんしっくいで瓦との隙間を埋めます。

たるきに冠瓦を設置して、パッキン付きビスで留め付けます。

耐震・耐風性能が向上して、安全・安心の屋根の完成です。

④防災平板瓦・ガイドライン工法屋根の完成

防災平板瓦・ガイドライン工法屋根の完成です。

平板瓦は直線的なデザインとなりますので、いろいろな外壁にも合います。

これから、何十年も家を守ることができる屋根の完成です!

 

ポイントまとめ
・防災平板瓦(ガイドライン工法)は耐震・耐風・耐久性の3Tです!
・コスパも高く、メンテナンス費を掛けたくない方にもおススメです!

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県で雨漏りでお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
詳しくは、こちらをご覧ください!
↓↓↓
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事