瓦の廃材を使用した滑り止め材「カパラグリップ」をご紹介します。

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    瓦を使用した滑り止め材で、安全に役立ちたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    「滑り事故は、交通事故よりも多い。」
    って、ご存知でしょうか?
    瓦の廃材を利用した滑り止め材をご紹介します!

お問い合わせはこちら

瓦の廃材を使用した滑り止め材「カパラグリップ」をご紹介します。

「滑り事故は、交通事故よりも多い。」

「滑り事故は、交通事故よりも多い。」って、ご存知でしょうか?

私はこのグラフを見るまで、知りませんでした。

上記は、厚生労働省の資料です。(STOP!転倒災害プロジェクト2015)

右のグラフを見ると、日常生活でも「転倒・転落事故」は「交通事故」よりも死亡者が多くなっています。

最初は、全くピンときませんでした。

車による事故は、ほぼ毎日、テレビで多く取り上げられいます。

それに対応するように、車の安全性を高める技術がどんどん進化し、目にすることも多いです。

・アクセル・ブレーキの踏み間違い防止装置

・自動運転技術

・360°ドライブレコーダー

車業界は、将来、死亡事故ゼロの社会を目指しています。

一方、「転倒・転落事故」は増加の一途でし、あまり知られていません。

労働災害では、転倒災害がトップ!

瓦工場では、モーター・ベルト・ローラーなどにはさまれ・巻き込まれによる労災がもっとも多く発生していました。

そのイメージが強かったのですが、

左のグラフを見ると、労働災害では、転倒災害が年々増加して、トップとなっています。

高齢者の転倒・転落は交通事故の3倍以上!

上記は、厚生労働省の資料です。

高齢者においては、転倒・転落の死亡事故がさらに目立ちます。

それも、急激に増加しています。

 

ここまで、目立っているなら、車のように対策が必要ではないでしょうか?

瓦の廃材を利用した「カパラグリップ」をご紹介します。

「カパラグリップ」とは、耐久性の高い滑り止め材です。

カパラグリップとは、床の滑り止め材です。

階段の赤色の部分がカパラグリップです。

元々は、縞鋼板の階段だったのですが、雨の日に滑りやすいとのことで、カパラグリップを塗布しました。

この赤色は、瓦の粉砕物の色です。

瓦の突起形状が滑り止めに役立っています。

瓦の粉砕物(陶器片)をアクリル系樹脂でコーティングした形になっています。

瓦は焼成品で、硬く強度があるので、摩耗はわずかです。

屋外で使用しても、耐久性があります。

カパラグリップのカラーは5色あります。

赤は素焼き瓦の粉砕物です。

いぶしはいぶし瓦の粉砕物です。

玄関などのタイル部分に、施工すると、雨の日も滑ることはありません。

工場などでは、歩行者部分に緑色も人気があります。

カパラグリップの使用場所は水で濡れる床が有効です。

高齢化社会を迎えている中で、転倒防止対策は徐々に拡大しています。

上記は、消費者庁の資料です。

高齢者が外出時に転倒しやすい場所として、店舗の入口、店舗内の床、駐車場などが挙げられています。

店舗の床でお客様が滑り、店舗の賠償責任を認めた判例が続いています。

自己防衛のために、滑り止め材を使用する取り組みも始まっています。

耐久性の高いカパラグリップはコスパが優れています。

 

まとめ:これからの高齢化社会へ、床の滑り止め材で安全な社会を作りましょう!

ポイントまとめ
・滑り事故は交通事故よりも死亡者が多くなっています。
・労働災害も転倒がトップとなっています。
・水に濡れる床には、カパラグリップが有効です。
・瓦の粉砕物からできているカパラグリップは耐久性が高いです。
・高齢化社会へ向けて、床の安全性を高めていきましょう!

 

滑り止め材について、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事