「パミール」の見分け方は何? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

スレート屋根がパミールかどうか調べている人。

この記事で伝えたいこと

スレート屋根が「パミール」かどうか、ご質問いただきました。

見分け方をご紹介します。

お問い合わせはこちら

「パミール」の見分け方は何?

スレート屋根には、いくつかの商品がありました。

ときどき、パミール屋根について、お問い合わせいただきます。

今回は、「パミール」の見分け方についてのお問い合わせでした。

スレート屋根で、現在も販売されているのは、カラーベスト・コロニアルシリーズです。

 

「パミール」とは?

「パミール」とは、屋根の不具合が発生して、問題となっている商品です。

パミール屋根の見分け方は、北面を見ると、はがれが発生しています。(赤丸部分)

このような表面のはがれ・6層の層状はくりなどが見られると、パミールの可能性が高いです。

見分け方①:北面がはがれていれば、パミールです。

 

しかし、南面の屋根しか、見えない立地の場合どうしたらいいのか?

南面は、築年数や地域によって、はがれなどの不具合が発生していないこともあります。

この場合の見分け方をご紹介します。

見分け方②:1枚はがすことができれば、確認できます。

屋根をめくれば、重なりの中に、パミールと書いてあります。

 

しかし、屋根をめくるのは、嫌ですよね。

見分け方③:パミールは軒先側の段差ラインが直線的です。

切り込みも等間隔となっています。(約幅170mm程度)

 

もう1つ、見分け方があります。

見分け方④:パミールは切り込み近くに縦ラインが入っています。

このラインが離れた場所からでも分かる目印です。

実際の新しい屋根でも、よく見るとラインがわかります。

 

しかし、経年したパミール屋根はどうでしょうか?

経年した屋根でも、よくわかります。

このラインが見にくいスレートの写真は、「パミール」ではないと判断されてしまうので、ご注意ください。

 

因みに、再塗装されたパミール屋根でもラインはわかります。

ここで、「パミール」を塗装すると、何が問題なのか?

もう1度、ご紹介します。

赤丸部分は、はがれが進行している部分です。

すでに、はがれた部分を塗装することはできます。

しかし、表面を塗装しても、赤丸のようにどんどん、内部からのはがれ部分が増殖してしまい、塗装した美観は維持できないためです。

塗装したら、10年ぐらいは持ってほしいと思っても、すぐに、はがれが発生してしまうので、「パミールの塗装=NG」となっています。

無駄な費用はかけたくないですよね!

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事