コロナ禍でしたが今年も安全運転管理者講習会に参加しましたよ その2 (‘◇’)ゞ

お問い合わせはこちら

重点取締をしています

愛知県では自動車保有数・免許保有数は上位をしてめて
いるので、
交通事故の発生が多いとされています。

別の見方をすると自動車一万台当たりや
人口一万人当たりのでの事故数は45位や42位だそうで
まだまだ減らせることは可能だとのことでした。

そこで重点的な取り締まりとしては
横断歩行者等妨害違反、携帯電話使用等違反、
飲酒運転違反、シートベルト装着義務違反などを
重点的に取締りしているようです。

横断歩道で渡ろうとしている人がいたら
必ず止まって渡らせてあげる事をしないと違反であり
重点的に取締りをして交差点や横断歩道での事故を
減らしているようです。

高齢者の事故が増加しています

子ども・若者の事故は減っているようです。
若者は車離れをしているようで減っているのかも
知れないそうです。しかしながら高齢者の事故は
増加傾向で高齢者社会が一因といわれています。

特に高齢者が高齢者を事故に合わせてしまう
事が大変増加しているようです。

歩行者として事項に合うのが80~84歳、
四輪車の事故は70~74歳、自転車では
70歳以上、二輪車での事故は20~24歳が多いとのことです。

夕方の間の時間帯(17時~19時)における
事故発生が多いとのことでした。

注意すべき事がら

交通安全の3E活動を警察は進めているので、
その中で取締り以外での協力が安全運転管理者には
求められていて、社員や社用車に乗る人に
安全運転喚起を求められています。

また、法律改正や追加であおり運転や
携帯電話等の罰則が強化されているので、
注意をしなければなりません。
(‘◇’)ゞ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事