瓦の引上げ試験を碧南市にある三河窯業試験場で行いましたよ その2

お問い合わせはこちら

引上げ試験を行います・・・

試験架台に屋根の野地板になる構造用合板を
取り付けてます。そして通常の屋根瓦の施工と
同じように横桟木を取り付けます。

通常ではルーフィングを施工しますが、
引上げ試験にルーフィングは必要ないので、
省いて施工します。

野地板や横桟木を取り付けている間に
試験体の瓦に治具を取り付けるための
穴をドリルで開けます。

瓦に穴を開けるのは結構手間でダイヤモンドが
先端についているドリルで開けます・・・。

一つの試験に9枚は穴を開けるので、
54枚に穴を開けるので、結構大変です。
ドリルの先端も段々と摩耗してくるので
開きずらくなります。

続いて瓦を取り付けます・・・

F形瓦から試験を始めるので地割通りに
瓦を取り付けていきます。

釘やビスなど施工方法に合わせて留付け方法を
替えながらの試験です。
準備が終わればいよいよ試験の開始です。

時間のかかる試験と直ぐに終わる
試験があります

こんな感じの試験となります。
赤い◯の位置にある瓦をワイヤーで
引上げでその数値を計算して風圧力として
数値化します。

ワイヤーの引上げ数値をパソコンのソフトで
計算し直して即座にデーター化されます。
それらを窯業試験場として正式な試験結果として
提出してくださいます。

試験方法は150回の繰り返し試験と
一発引上げ試験の二種類があります。

150回はおおよそ30分程の時間がかかります。
一発引上げは5秒程で終わります。

このような試験を繰り返して
瓦屋根が災害に強いとの証明をしながら
施工方法に反映されていきます。

近年の地震や台風で瓦屋根が弱いとの
風評被害を受けていますが、被害に遭われている
家はガイドライン工法が制定される
以前の旧工法での施工でありガイドライン工法以降の
瓦屋根では被害は発生していません。

減災の為に、瓦屋根の施工方法を
点検・拭きなおしてみませんか?
<(_ _)>

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事