SNSの情報発信講座に参加して幾つかお宝をゲットしました‼︎

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。
 
今日は、「スマホde情報発信講座in刈谷」に参加しました。
下澤先生のお話から幾つもの学びをいただきました。
忘れない内に自分の頭を整理したいと思います。
 
{4FE17967-3562-4273-86F7-F86E61041DB8}

下澤先生の自己紹介がありました。

先生の講座を受けるのは2回目です。
前回はSNS初心者の私でもわかりやすかったので、今回も受講しました。
 
●今回の気づき●
 
?エクスマを学んで気づいたこと
 
{75057193-9427-445A-ACA1-706F165A1148}

私も先生と同じで、「正しさ」を選んで生きてきました。

人は正しさより「楽しさ」に集まるというのは、自分の経験からもよくわかります。

 
しかし、「楽しさ」を発信するって⁇
私にはとても難しいと思いました。
 
?自分の棚卸し
 
{D2CFEEA0-96D0-4CBF-A70A-BC781B438360}

「楽しさ」なんてないって思う私は、自分の棚卸しすればいいそうです。

「好き」なことを書き出して、自覚するということでやってみました。
自分は、屋根・雨漏り調査・実験・研究、食事、スイーツ、ダイエット、家族でした。
このような自分の好きなことを発信して、人とつながって行けばいいんだと思いました。
 
? 読まれるブログを書くために・・・
{21AA1683-5601-4E25-B542-834545C10B32}
 
ブログには「検索型」と「対話型」があるそうです。
私はどちらかというと「検索型」を今のところ書いています。
 
?検索型・対話型どちらが良いの?
 
{00F09442-1BF7-4600-8F24-08BD40007790}

両方ともってことかなぁ?

この辺は私にはまだよくわかりません。

 
?ブログの書き方ポイント「タイトル」
 
{B7D07846-2FDF-4639-A2AA-C065DC219CE2}

ブログ記事のファーストコンタクトはタイトル。

タイトルに興味を持ってもらえなければ読んでもらえない。
「どんなことが書いてあるのか」明確にする必要がある。
今までの私のタイトルはキーワード並べにしか過ぎませんでした。
 
?記事タイトルを考えるための要素
 
{240DD6FB-4522-4817-8E71-C9A75CCF39C5}

ブログタイトルは「読みたくなるような文言」。

どんな気持ちで「誰に」「何を」届けるか?
これからはタイトル書くのに悩みそうです・・・・。
 
?エクスマ的情報発信の基本
{28B3273A-B816-4772-AB99-08A5138517BF}
 
誰が誰に何を伝えてどんな行動をして欲しいのか。
私はこの辺がまだまだピンときていません。
このブログの場合、
「私が私に講座の内容・整理を伝えて、まずは人に知ってもらうための情報発信をして欲しい」って感じかな?
 
?ブログはレイアウトも大事
{51FD522B-89D1-4EE4-A182-75753FE26B95}
 
段落、改行の取り方がうまくないと読まれにくい。
確かにそう思います。
 
?発信を続けていくための注意点
{5CC93158-F39A-4A15-B355-9E8FF7D8E1F7}
 
対象を複数人として考える
伝えたい内容・行動してほしいことの規模を大きくしすぎない
1回の投稿で終らせてしまう
 
等の内容については注意します。
 
 
今日学んだお宝をSNSに反映して、少しづつでも興味関心をもってもらえるように情報発信して、日々取り組んで行きま〜す❣️  o(^▽^)o
 
 

 

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 kao

住宅調査・雨漏り調査  (

)

藭清(かみせい)

神谷 昭範(かみや あきのり)です

 

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】(JSHI)(住管協)

ホームインスペクター

    

住宅メンテナンス診断士


   

二級建築施工管理技士

(株)藭清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクター

amamori


     


無料点検

 

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋・安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多 等

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事