中国の歴史ある木造建物の屋根 乾燥しやすい構造でした!(大地土楼群)

中国の歴史ある木造建物 屋根は乾燥しやすい構造でした!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

中国の観光地になっている歴史ある木造建築物・大地土楼群(福建省)の屋根を写真でご紹介いたします。

国は違っても、歴史ある木造建築物の屋根はどれも木材が乾燥しやすい構造になっていることを再確認しました。

土楼?

大自然の中に、際立って大きい建物です。

土楼?

木造・土壁・瓦を使用した円形の木造建築物で、200年前に建てられました。

土楼?

日本で言うとお城のような建物で、敵の侵入を防ぐために2〜3mの分厚い土壁になっています。

日本の城を守る塀と壁が一体となっている造りです。

壁の上部にはぐるりと一周、小窓があり、ここから敵を攻撃していました。

円形にすることで、死角がなく防御できるそうです。

分厚い土壁は火攻め対策ですね。

 

200年前の屋根に注目!

屋根に目を向けますと軒の出をしっかり出ています!

軒を出すことで土壁への雨掛かりを軽減させ、土壁が雨水で浸食されるのを防いでいます。

土楼?

瓦は上丸と下丸(日本より平らですが)の組み合わせで、雨を流しています。
瓦の重なり量は大きく、何重にも重なっています。

また、屋根の軒先部には土を使って、雨水浸入を防いでいます。

建物の中に入って屋根を見上げてみますと、

土楼?

天井はなく、瓦の裏面が直接見えていました。
天井も野地もない構造となっていました。

太い木材でできた母屋(もや)にたくさんの幅広の垂木が流してありました。
瓦桟木(横桟)はありませんでした。

よく木材を見てみると雨が浸入した水痕は見られます。
しかし、雨が入って木材が水分を含んでも、その後天気が回復すると乾燥する構造になっているので、木材の劣化は見られませんでした。
200年経過しても、しっかりしています。

 

土楼?

円形の屋根になっていますので、屋根の手前と奥では、円周の長さが変わります。
瓦の1列としては、雨を流す溝を連続させる必要があるので、手前は小さい瓦、奥は大きい瓦で、うまく屋根ができています。
こんなに大きい屋根において、200年前に瓦の大きさを変えてきれいに仕上げているので、その当時の瓦屋根の技術には驚きました!

このように、何周にも円形屋根がありますとかなり複雑になるのですが、独特の方式でうまく施工されています。

特に、内側に向いている屋根は、棟が広くて、軒先が狭いため、軒先側は雨が集まってきます。

小さい瓦に上からの雨が集まるので、雨漏りしやすいのですが、それを防ぐ工夫として、軒先に土をうまく使って屋根を仕上げているのかなと思いました。

 

その他の建物

土楼?

こちらは円形の建物の周辺にある土楼群の中の建物です。
屋根は、瓦と土で施工されていました。

建物の雰囲気は日本の昔の建物に似ている感じでした。

 

まとめ:中国の200年前の木造屋根は乾燥しやすい構造でした!

中国の200年前の建物はしっかりした造りでした。

屋根は天井、野地板もない方式で、瓦の裏面が見える状態でした。

以前、ご紹介したドイツの古い教会も同じように天井・野地がない屋根となっていました。

屋根の木材の使い方が中国は軒棟方向、ドイツは桁方向と違いましたが、屋根の木材がよく乾燥していて、腐朽・劣化が見られないことは共通でした。

長寿命な屋根の考え方は国・地域が違っても同じだと思いました。

 

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事