名古屋の観光名所 若者の街・大須にある大須観音

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    名古屋の若者の街と言えば、大須だと思います。
    チーズハットック、タピオカなど、行列のできる街です。
    その中心である、大須観音の屋根をご紹介します!

名古屋の若者の街・大須(おおす)

名古屋の原宿?・・・大須商店街。

小・中・高校生が多く集まる街です。

現在は、タピオカで行列ができています!

食べ歩きのお店も多く、観光客・外国からの人も多い街です。

その大須の中心は、なんと言っても大須観音です。

 

大須観音

徳川家康によって、名古屋に移されたそうです。

戦中の火災で焼失し、戦後、建て直されているので、比較的新しい感じがします。

多くの人が自然と歩いていて、街の中の一部となっています。

仁王門も立派です。

昔は、五重塔もあったそうですが、再建はされていません。

大須観音の屋根

大須観音の屋根は、いぶし瓦屋根となっています。

鬼瓦は、顔のある鬼面タイプです。

鬼瓦以外にも、屋根の上に、目立つものがありました。

金色の桃のような球体に、とげがささっています。

路盤宝珠(ろばんほうじゅ)と呼ばれる屋根の部材です。

真っ四角の屋根(方形)の場合、各屋根面が頂部の一点に集まるため、そこの雨漏りを防ぐために、使用されています。

とげは、炎の装飾の代わりです。

大須観音は、ハトのえさやりもできるためか、ハトがとても多くいます。

屋根をよく見てみますと、本堂の下屋根の部分は、瓦が白くなっていました。

ここは、上屋根の軒下部分で、雨が当たらない所です。

おそらく、ハトのフンによって、瓦が白くなってしまっています。

焼き物の瓦なので、フンによって、腐食することはありませんが、銅板屋根だと腐食してしまうほどです。

瓦屋根の留め付けはしっかり施工されています。

棟も大回し工法ではなく、地震対策ができていました。

観光名所なので、安心ですね!

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事