ドローン屋根点検が活躍できる急勾配屋根。苦手は雨漏り調査。 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

3階建ての屋根で困っている人。

急勾配屋根で困っている人。

雨漏りで困っている人。

 

この記事で伝えたいこと

ドローンが活躍できる屋根は、3階建て以上と急勾配(きゅうこうばい)な屋根です。

これらの屋根は点検するにも、足場が必要です。

点検するだけで、数十万円かかってしまうのです。

ドローン屋根点検は15分もかからずに、写真を撮って、終了となり、費用もわずかです。

しかし、ドローン屋根点検が苦手なこともあります。

この記事では、ドローン屋根点検が効果的な屋根と苦手な雨漏り調査について、ご説明します。

お問い合わせはこちら

ドローン屋根点検が活躍できる急勾配屋根。苦手は雨漏り調査。

ドローンを使用した屋根点検も見かけるようになってきました。

屋根屋からすると、屋根に上らなくても、屋根の外面が観察できることは、ありがたいです。

はしごを掛けての点検中に、屋根から落ちるリスクもありません。

しかし、ドローンが何でもできるわけではないので、ドローンの活躍できる屋根と苦手な調査を簡単に説明します。

ドローンが活躍できる屋根

ドローンが活躍できる屋根は、3階建て以上の屋根、もしくは、急勾配な屋根です。

どちらも、足場なしに、人が屋根を点検できないからです。

点検するための足場を設置するだけで、数十万円かかってしまいます。

それが、ドローンを使えば、15分もかからずに、上のような写真を撮ることができます。

この建物をドローン屋根点検して、効果的なこと、そうじゃないことをご紹介します。

ドローン屋根点検で効果的なこと

全体の把握

建物の上空高くから撮影すると、全体の把握が用意となります。

グーグルマップでは、細かい所まで見ることはできないので、ドローンでの撮影は有効です。

また、煙突・天窓・ドーマなど、屋根の突出物の状況確認もできます。

谷部の状況、ゴミの詰まりなども確認できます。

下の赤丸は、煙突の水上側のゴミの詰まりです。

下に赤丸は、八谷のゴミの有無等が確認できます。

 

足場の必要な屋根

・はしごが届かない3階建て以上の屋根

・立地が悪く、はしごが掛けれない屋根

・急勾配屋根(6寸以上・30°以上の屋根は屋根足場なしには移動できません。)

 

ドローンが苦手なこと。雨漏り調査。

ドローンが苦手なことは、雨漏り調査があります。

下写真の赤丸点線は、雨漏りの原因の1つであったケラバ部を囲っています。

外観だけを写真で撮影しても、不具合は感じません。

また、同様に下写真の点線部分も雨漏り原因の箇所です。

屋根・壁の表面材に不具合がなくても、その下にある防水シートの施工が悪いと雨漏りの原因となります。

わずかな隙間を観察したり、触診したりして、不具合の原因をさがします。

これらの不具合を探すには、ドローンの写真だけでは、不足しているのです。

 

ドローンはいろいろな道具の1つである。

 

結果、ドローンは、いろいろな点検・調査用器具の1つとお考えください。

赤外線カメラが付いたドローンも雨漏り調査には、不向きです。

屋根点検するだけでも、足場が必要な方は、お気軽にご相談ください。

 

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事