素焼き 鉢屑 防草

お問い合わせはこちら

たまたま、通りかかった道路で、歩道と車道の間にある分離帯に素焼き(テラコッタ)の鉢の割れたものが敷き詰められていました。

 

防草1

 

植栽や草が全くありませんでした。きれいに手入れされている感じです。

素焼きのオレンジ色が目立っていました。

防草6

 

となりの青丸部分は普通通り、植栽と草が生えていました。

おそらく、テスト的にこの部分だけ素焼きを施していると思われます。

 

防草5

 

 

素焼きは厚みが5?程度で、割れた屑のように見えます。

素焼きの植木鉢を粉砕した破片かな?

防草3

近くにある駐車場の擁壁にも使われていました。赤丸の道路に接する部分です。草は生えていません。

何も処置されていない上の青丸部分は草が生えていました。

防草4

 

道の反対側にも施されていました。細い道ですが、オレンジ色がアクセントになっていました。

 

現在、瓦屑を使った防草実験を名古屋工業大学と愛陶工で実験を行っています。最終結果はまだ出ていませんが、草の根が成長せず、抜きやすいという効果はあるそうです。

 

車道などで草が伸びすぎると、対向車が見にくい場合もあります。この事例のように、草の管理が簡易となり、かつコンクリートブロックの白と素焼きのオレンジ色がかわいいデザインとなれば、楽しい道になるのかな?と思います。

 

実験結果がわかりましたら、また、ご紹介いたします。  (#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事