落ち葉シーズン到来直前!落ち葉よけシート・キャンペーン中です!【今がお得】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    少しずつ秋の気配を感じるようになりました。
    先日、伺った屋根でも落ち葉が載っていました。
    落ち葉でといが詰まる前に、落ち葉よけシートはいかがでしょうか?

落ち葉が落ちる前に、落ち葉よけを設置はいかがでしょうか?

先日、伺った屋根に早くも落ち葉が載っていました。

台風の強風で葉が散ったのか?

落ち葉が屋根にかかるお宅では、今の内に対策されてはいかがでしょうか?

落ち葉をそのままにしておくとどうなるの?

屋根の落ちた落ち葉をそのままにしておくとどうなるのでしょうか?

①落ち葉は雨どいへ入ります。

落ち葉は、雨どいの中へ入り込みます。

雨どいの中へ入るとなかなか自然と外へ出ることは少ないです。

②縦樋の落とし口へ流されます。

雨が降ると水の流れに沿って、縦樋へ流されます。

大きな葉や針葉樹の細長い葉、細い枝などが落とし口で引っ掛かります。

落ち葉だけでなく、土ほこりなども流されてきます。

このときは、まだ、雨は縦樋へ流れますので、雨どいの機能は残っています。

③細い枝と土ほこりが絡んで土の層ができます。

やがて、縦樋の落とし口で、細い枝・葉の繊維と土ほこりが絡み合います。

落とし口の縦樋への通路を完全にふさいでしまいます。

土ほこりだけなら、水圧に負けて流れるのですが、土と繊維が絡み合い、土壁のような強度を持つため、水圧にも負けず、ふたをしてしまいます。

④雨どい全体に落ち葉・土ほこりが堆積します。

雨は縦樋へ流れなくなるので、雨どいに溜まるようになります。

大雨となると雨どいからオーバーフローします。

土ほこり・落ち葉は雨どい全体で堆積します。

完全に雨どいの機能はなくなります。

雨どいからオーバーフローすると外壁へ雨掛かりするようになり、雨漏りリスクが高くなります。

 

落ち葉よけシートはいかがですか?

落ち葉のシーズン到来前に、雨どいへ落ち葉よけシートを設置してみてはいかがでしょうか?

細い枝・針葉樹・土ほこりの雨どいへの侵入を大幅に軽減するので、雨どい詰まりのリスクが減少します!

詳しくは、こちらの記事をご覧ください!

屋根屋が教える!落ち葉の雨樋の詰まりの掃除方法と落ち葉よけグッズの選び方

現在、秋のキャンペーン中です。

ご注文は、神清ショップからどうぞ!

⇒落ち葉よけシートの詳細ページ

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事