大府市の雨漏り修理 地元業者・神清が雨漏り調査からしっかりやらせていただきます!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

大府市で雨漏りに困っている人。

知多半島で雨漏りに困っている人。

雨漏りしたので、修理業者を探している人。

この記事で伝えたいこと

住宅トラブル相談の中で、毎年、「雨漏り」はもっとも件数が多いものとなっています。

雨漏りは、新築でも発生しますし、築10年を過ぎてからでも発生します。

また、年に1回ぐらい起きる雨漏りもあれば、少し強い雨が降ると必ず起きる雨漏りもあります。

極端に言いますと「雨漏り」は、1軒1軒、原因が異なり、それに合わせた修理方法が必要となります。

この記事では、雨漏り修理業者を探している方へ神清が行う雨漏り修理の特徴、メリットデメリットをご紹介します。

お問い合わせはこちら

大府市の雨漏り修理 地元業者・神清が雨漏り調査からしっかりやらせていただきます!

弊社・神清(かみせい)の事務所は半田市八軒町にあります。(下の写真)

創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている瓦屋根のプロです。

また、屋根工事の関連で、雨漏り修理も手掛けてきました。

現在では、年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。

屋根・壁・屋上・店舗・内装など、雨漏り全般の修理をご依頼いただいています。

 

あとで、詳しく紹介しますが、弊社の雨漏り修理に対する信念は、

「雨漏り調査を徹底的に行うことが、雨漏りを止める近道だ!」と考え、雨漏り調査・修理を取り組んでいます!

大府市にお住まいの方の、

大府市で雨漏り修理したいけど、どこの業者がいいの?

大府市の屋根からの雨漏りをしっかり直したい。

という「雨漏りのお悩み」を、地元業者・神清(かみせい)に、ご相談・お問合せいただければと思います。

 

神清の雨漏り修理費用の目安をご紹介します。

弊社の雨漏り修理費用の目安を下記の表にご紹介します。

項目修理内容金額単位
屋根修理瓦の差し替え20,000円~/枚
屋根修理棟板金の部分取替3~15万円/棟
屋根修理瓦の葺き替え15,000円~/㎡
屋根修理スレート屋根の葺き替え12,000円~/㎡
外壁修理シーリング工事900~1,200円/m
外壁修理塗装工事2,000円~
外壁修理サイディング張替え12,000円~/㎡
屋上修理防水工事7,500円~/㎡
シロアリ駆除シロアリ駆除工事8,000円~/坪

雨漏り修理は、1棟1棟、原因・状況が異なりますので、実際には、雨漏り調査で原因を把握してからの御見積となります。

原因がわかったら、お客様の住まいの計画、予算等をお聞きしながら、雨漏り修理提案とその御見積をご提示いたします。

 

神清を選んでいただくメリット。

地元業者なので、「信用第一」と考えています。

長年、地元で商売をさせていただいております。

お客様からの「信用」を大切にしなければ、生き残れないと考えています。

また、生き残らなければ、その後のメンテナンスを続けられません。

創業150年超である会社のDNAをしっかりと今後も維持していきます!

年間200棟以上の雨漏り調査・修理実績があります。

おかげ様で、年間200棟以上の雨漏り調査・修理をご依頼いただいております。

(知多半島だけではなく、愛知県全域での実績です。)

数は、信用度を上げるだけではなく、雨漏り調査・修理の知識・技術を上げることにつながります。

そのデータを蓄積することで、さらに、雨漏り調査・修理の精度を向上させることができます。

また、建築業界誌の「日経ホームビルダー」において、雨漏りの連載を担当しており、新しい技術や建築全般の知識に関しても、勉強し取り組んでいます。

徹底した雨漏り調査(各種調査機器)により、原因追及します。

雨漏りしている屋根・壁をしっかり調査し、原因を追究します。

屋根・壁の外観だけを診ているだけではありません。

住宅の屋根・壁の木材が健全となるように診させていただきます。

以下の項目で、その雨漏り物件に必要な調査を実施します。

目視調査

目視調査は、雨漏り調査の中で、もっとも重要な調査です。

隙間・劣化・変形・傾き・変色など、雨漏りの原因・要因となるわずかな変化も逃さず観察します。

もちろん、原因を探すために、小屋裏・屋根・壁・屋上・床下など、お客様の了承を得て、入れるところは確認させていただきます。

「小屋裏に入る」

天井上は、明かりを点けないとこのように、真っ暗です。

換気口が設置されていると、そこだけから明かりが入ります。

「床下」

頻度は多くありませんが、雨漏りの状態によっては、床下に入ることもあります。

「屋根・壁に登る」

屋根・壁に直接登り、近接目視で調査します。

「写真を撮る」

目視調査の結果を、しっかりと写真で残します。

「ドローンで写真を撮る」

足場が必要な建物の屋根は、ドローンで撮影して調査します。

赤外線サーモグラフィ調査

赤外線サーモグラフィ調査で、雨漏りの水分による温度変化を調べます。

また、散水試験の漏水を素早く確認することも可能です。

ハイスペックのサーモグラフィを使用することで、細かい変化も逃しません。

「赤外線カメラでも撮る」

赤外線カメラは、表面温度を測定する機器です。

撮影手順、方法、解析によって、表面温度差から雨漏りの有無を判断します。

散水調査

目視調査により、探した劣化部分を順番に散水します。

散水調査は、知識と経験によって、結果が大きく異なります。

部分修理を行う上では、有効な調査方法と言えます。

含水調査

雨染みが現在、濡れているものなのか、以前の染みなのか、簡単に確認する方法として、木材等の水分を測定します。

「水分をはかる」

木材の水分の有無により、雨漏りのルートを特定します。

木材の含水率を測定して、建物本体の健全を把握します。

温湿度測定

雨漏り以外に、水が発生するトラブルとして、結露があります。

その空間の温湿度と表面温度を測定することで、その水分が雨漏りなのか、結露なのか、判断することができます。

「温度・湿度をはかる」

 

各種の調査結果から、総合的に判断して、雨漏りの原因を特定します。

原因がわからないままでは、「とりあえずのシーリング」などの雨漏り修理を行いません。

 

雨漏り調査費用の相場感と神清の費用

雨漏り調査にはいろいろな種類があります。

下記の表(雨漏り調査費用の目安)を参考にしてください。

調査方法費用の目安調査内容
目視調査0円雨漏り部分を目視・写真撮影して、調査する方法です。
解体調査0~10万円雨漏りの浸入経路がわからない場合、天井・内壁を開口して、調査する方法です。
散水調査0~30万円水道の蛇口にホースをつないで、浸入口に散水をして、雨漏りを再現する調査方法です。
赤外線サーモグラフィ調査0~20万円赤外線カメラを使い、建物内外の熱画像を撮影して、雨水の浸入経路を調査する方法です。
発光液調査5~20万円雨漏りの浸入口を見分けるために、蛍光液の色を変えて、場所を特定する調査方法です。
ドローン撮影調査0~5万円屋根などの高所部分で目視できない所をドローンにより写真撮影して調査する方法です。

※表の中の費用0円は雨漏り修理の見積無料に含まれる仕組みとなっています。

神清の調査費用

カミセイでは雨漏り調査は修理の見積無料に含まれます。

カミセイでは雨漏り調査のみの場合は、最低5万円~となっています。

 

神清を選んでいただくデメリット。

24時間365日の受付ではありません。

神清は、24時間365日の電話受付を行っていません。

大手のweb受注会社に比べて、専門・外注?の電話受付センターを用意するなどのサービスは劣っています。

神清は、営業時間中(8:00~17:00、第2、4土曜・日曜休み)、社員が電話をお取りします。

外注ではないので、きれいな受け答えではありませんが、弊社の雰囲気はわかっていただけると思います。

調査当日に修理は行いません。

雨漏り調査に伺って、その日に修理は行いません。

理由としては、雨漏り調査をしっかりと行うからです。

散水調査を行うこともありますので、その日、濡れた材料にシーリングで止水することはできません。

原因を追究して、その雨漏りに適した修理方法の御見積を提出いたします。

御見積後、十分検討していただて、ご納得の上、雨漏り修理を行います。

ご安心して、神清にご相談・お問い合わせください。

 

大府市の雨漏り修理事例を紹介します。

雨どいの土ぼこり詰まりの掃除と落ち葉よけシートの設置

築15年で、屋根の近くには大きな木が全くない住宅でした。しかし、近くにある畑からの風が強く、雨樋が詰まっているとご相談を受けました。樋詰まりを掃除して、落ち葉よけシートを設置しました。樋詰まりは、縦樋の落とし口に、細かい繊維と土ぼこりが堆積して、完全にふたとなっていました。掃除の状況と落ち葉よけシートの設置をご紹介しています。

雨どいの土ぼこり詰まり とい掃除して落ち葉よけシート設置。【愛知県大府市】

外壁からの雨漏り 土壁・金属サイディング仕様をカバー工法で修理

築30年の土壁・金属サイディングという和風住宅の壁からの雨漏りでした。2階サッシに設置されている雨戸の戸袋と金属サイディングの隙間から雨漏りしていました。この頃の土壁は、防水シートがなく、多少入っても土に染み込むぐらいの感覚だったようです。あたらに、防水シートを張るよりも、金属サイディングのカバー工法の方が雨漏りしにくいと判断して、カバー工法で修理しました。

外壁からの雨漏り 土壁・金属サイディングの雨漏り補修【愛知県大府市】

軒天の部分修理 強風で破損した軒天材の交換修理

築30年の軒天が強風で破損した物件で、同じ柄の木製化粧板で、交換修理しました。母屋が表しの造りとなっていて、うまく継ぎ目を隠しながら補修しました。

強風による破損・軒天の部分補修事例 軒天材の交換 【愛知県大府市】

 

大府市の住まいづくりに関する支援制度について

大府市では、いくつかのすまいに関する支援制度があります。

⇒補助金・助成金 住宅

雨漏り修理に対して、直接な補助金はありませんでしたが、一度、確認されておくと何かのときに、役立つものもあると思います。

ブロック塀の解体やスズメバチ類の駆除処理補助制度などもあります。

 

大府市の雨漏り修理は神清におまかせください。

大府市の雨漏り修理は神清にご相談・お問合せください。

昔からある地元業者として、信用していただければと思います。

雨漏り修理のポイントは、雨漏り調査です。

雨漏り調査能力、調査機器を持っている神清にぜひ、お声がけください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事