カラーベスト「アーバニー」踏み割れが目立ちました。

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    創業150年三州瓦の老舗で、生産・販売・工事を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

スレート屋根の踏み割れで困っている人。

「アーバニー」のメンテナンスを検討している人。

この記事で伝えたいこと

スレート屋根の高級品として、販売されていた「アーバニー」という商品があります。

高級品ですが、踏み割れが多く発生します。

アスベスト入りですし、メンテナンスを検討している人は塗装ではなく、葺き替えorカバー工法をご検討ください。

オススメは葺き替えですので、簡単にご紹介します。

お問い合わせはこちら

スレート屋根の高級品「アーバニー」

スレート屋根の高級品として、「アーバニー」という商品がありました。

カラーベスト600シリーズと言って、通常品「コロニアル」910mmの2/3の大きさで、幅606mmとなっていました。

アスベスト含有時代の商品で今は廃盤となっています。

上の写真が「アーバニー」です。

デザイン性に優れていて、よく売れた商品です。

通常品よりも約1mm厚く、スリットも大きく入っているため、小割感があります。

天然スレートを貼り合わせたイメージもあり、大判に比べて付加価値を感じます。

しかし、今では、太陽光も載せることができないクレーム商品です。

 

「アーバニー」の踏み割れ

「アーバニー」のクレームは踏み割れです。

踏み割れを少なくするために、スレートの幅を606mmと通常品の2/3にしているにもかかわらず、残念ながら踏み割れが発生しています。

真横に入るものが目立ちます。

アスベスト含有しているので、完全に割れて落下するまでにはいたっていません。

野地板のたわみ量に「アーバニー」の強度が耐えられずに、割れてしまっています。

それ以外にも、斜めの割れもあります。

くぎの打ち方による踏み割れの可能性もあります。

 

「アーバニー」のメンテナンスは?

「アーバニー」のメンテナンスは葺き替えをオススメします。

理由は以下の3つです。

①塗装すると雨漏りするリスクが高い。

②廃盤品で、部分補修ができない。

③アスベストが入っているので、処分費が年々高くなっている。

以下、もう少し解説します。

塗装すると雨漏りリスクが高い。

スレート屋根で雨漏りする場合、塗装時の縁切り不足の可能性が高いです。

とくに、「アーバニー」はスリットが深いため、縁切り不足の場合、雨漏り量が増加します。

小割感で表面がずれているので、縁切りのエラーも発生しやすくなっているからです。

廃盤品で、部分補修ができない。

廃盤品で、台風などで飛散した場合、部分補修ができません。

部分補修できないものにメンテナンス費を使うのは、もったいない気がします。

メンテナンスする=10年以上は持たしたいと思われるので、塗装費用が無駄になる可能性があります。

アスベストが入っているので、処分費が年々高くなっている。

アスベスト入りのスレートの処分費は年々高くなっています。

たとえば、カバー工法で「アーバニー」を隠したとすると、今回のメンテナンスでは、費用を若干抑えることにつながったとしても、次回のメンテナンスが困ります。

次は、分別する必要があるため、めくり代が割高となります。

臭い物に蓋をするのは、やめておきましょう!

 

まとめ:「アーバニー」は踏み割れしているので、葺き替えましょう。

「アーバニー」のメンテナンスを検討しているなら、葺き替えましょう。

30年近く経過しているので、スレート屋根の寿命とも言えます。

塗装のメンテナンスは雨漏りリスクが高いので、やめておきましょう!

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事