【動画】屋根屋同士で『屋根詐欺あるある』と「対処方法」について語りました。

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    創業150年三州瓦の老舗で、生産・販売・工事を行っています。

    今日はよくお客様からいただくご相談「屋根の詐欺」について、東京の屋根屋・石川商店様と対談させていただきました。

本記事はこんな人にお勧めします。

■瓦屋根のお家にお住いの方

■屋根のメンテナンスを一度もしたことがない方

■屋根業者に工事を急かされている方

この記事で伝えたいこと

「屋根」は家の中でも目に見えないところであり、普段、気にされることがない部分だと思います。

実は、その「目に見えない」を逆手にとって、詐欺はお客様の意表をつく形で営業を仕掛けてきます。

今回は石川商店様とカミセイの経験を交換することで、お客様へ屋根の詐欺への対処法を動画にまとめさせていただきました。

お問い合わせはこちら

【動画はこちら】

【前編の動画はこちら】

動画内容のまとめは以下より

Q.屋根の詐欺業者がよく使う言い回しは?

結論:工事の契約を急かされたら怪しい!

大抵の屋根詐欺業者は、まずは見えない部分の屋根の不安を煽るようなトークをしてきます。

一般の方は屋根の状況を見ていない人がほとんどですので、まずこの時点で専門業者だと思っている相手に言い返すことができません。

そして、その「不安」を大きくすることで、とにかく契約書にハンコを押させようとしてきます。

さらに、詐欺まがいの屋根修理業者も、最近自分たちの正当性をカモフラージュするためにテレビCMを打つところも….

詐欺営業の口から特によく出てくる言い回しは、、、

・今日中に契約すれば…
・なんとか調整できそう
・全力で対応させていただいています…
これらの「今やらないと大変なことに」的な言葉が営業さんの口から出たら、
詐欺だと思って契約は絶対にしないようにしましょう。

Q.良心的な屋根屋が取る行動パターンは?

結論:不安を煽って来ない業者は、まともな業者。

これは、屋根詐欺業者と逆の行動をすると捉えてもらった方が良いかもです。

まともな屋根業者は、契約をする前に、とにかく最初にお客様に屋根の説明をきちんとすることから始めます。

そのために必ずと行って良いほど「点検」を重視します

なぜなら、点検をしっかりしないと、修理方法がはっきりしませんし、正確な見積もりも取れません

もし、相当緊急を要する状態であったとしても、そこは応急処置で対応しますし、応急処置に対して大きな金額の契約を結ぼうとは考えません。

お客様の安全を第一に、必要な工事だけをきちんとお客様に説明し不要な工事は進めません。

Q.すぐできる屋根詐欺への効果的な対処法は?

詐欺業者は「良い人」を演じるプロであることを忘れてはいけない。

ここまで「屋根詐欺業者」と「まともな屋根業者」の両方を比較して説明してきましたが、それでも詐欺業者を見抜けない理由があります。

それは彼らが「良い人を演じるプロ」であるからです。

彼らは人身を掌握するのが大変うまい、「営業のプロ」でもあります。

そのようなことも踏まえて、一般人が詐欺に引っかからないようにするには以下の対策が良いでしょう。

 

1)相談できる屋根屋を見つけておく。

車のディーラーやかかりつけの医者のように、屋根についても、

「かかりつけの屋根屋」を決めておいた方が良いでしょう。

台風などの災害時だけでなく、詐欺業者の突然の訪問時にも、

「お世話になっている屋根屋がいる」と言える屋根屋を持つことは、安心につながってくると思います。

2)屋根の営業=全て詐欺だと思って追い返す。

とは行っても、

実は「良い屋根屋」というのはかなり数が少ないのが現状。

あなたの家の近くに良い屋根屋がいないということも大いに考えられます。

そう行った相談できる屋根屋を持っていない状態で、屋根の営業を受けたら、

一旦、全部断るようにしましょう

そもそもまともな屋根屋は慢性的な人手不足。

営業をするような余裕がないというのが本当のところです。

なので

「営業をかけてくる=まともでない屋根屋」

と考えるのが自然なのです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事