梅雨にも負けず、6月スカイライトチューブ特別体感会を開催!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から部屋を明るくし、人の笑顔を作りたい!!!
    スカイライトチューブ愛知・神清(かみせい)の神谷です。

    曇りや雨が続く梅雨時期で、部屋が暗いと気分が落ち込んでいる方へ。
    屋根から太陽の光を取り込むスカイライトチューブ特別体感会を開催します!

本記事はこんな人にお勧めします。

隣地に建物が建ち、部屋が暗くなったとお悩みの人。

日中も常に電気を付けて生活する部屋をお持ちの人。

2階の小スペースでテレワーク部屋を検討している人。

この記事で伝えたいこと

今年は例年よりかなり早く5月には梅雨入りしました。

緊急事態宣言も延長され、お家時間が益々長くなっています。

2階の納戸や廊下の突き当りにテレワークスペースを検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

窓がなく暗いからと断念せずに、太陽光を屋根から部屋へ導く採光をご検討されてみてはいかがでしょうか?

そんな屋根からの明かり取り、スカイライトチューブの体感会のお知らせです。

お問い合わせはこちら

6月18日(金)・19日(土)に特別体感会を開催します!

スカイライトチューブ特別体感会のお知らせ

日時:2021年6月18・19日(金・土)AM10:00~PM4:00(雨天決行)

場所:愛知県半田市(株)神清(かみせい)3F展示場

※予約制となっています。(お電話でご予約願います。)

緊急事態宣言中ではございますが、3密を避ける形で体感していただけます。

太陽の自然の光の心地良さを実際のスカイライトチューブで体感していただけます!

 

こころの健康にも役立つ太陽光を取り入れることができます。

自然エネルギーとして、太陽光の利用は、みなさんも検討されたことも多いと思います。

南面の屋根に太陽光温水器や太陽光発電を設置されているのをよく見かけると思います。

一方で、北面には設置されていない場合がほとんどです。

また、自然エネルギーとしての太陽光の利用だけでなく、健康に暮らすために太陽光を利用するという考え方もあります。

北欧などでは、白夜による日照不足が健康・気持ちに悪影響を及ぼすと言われています。

具体的には、体内時計の狂いやうつ病になるということだそうです。

そのため、朝、太陽光と同じ波長を浴びる健康器具まで、販売されているそうです。

そこで、利用されていない北面の屋根に孔を開けて、屋根から太陽光を入れて、朝日を浴びることはいかがでしょうか?

お家時間が多く、外で遊ぶことができなくなった子供達のために、子供部屋にスカイライトチューブを設置してはいかがでしょう?

朝、自然と明るく太陽の光が子供部屋に差し込むので、自然と健康を維持することができます。

 

設置される方の多くは、部屋が暗いとリフォームで設置されます。

設置されるほとんどの方が部屋が暗いとリフォームされる方です。

家を建てる前のアパート住まいでは南側の1部屋だけ日当たりがよく、北側にあるキッチンは暗くてもあきらめています。

しかし、せっかく家を建てるなら、日当たりをよくしたいとお考えだったことと思います。

家を検討しているうちに、いつの間にか日当たりの優先順位が下がってしまうことも多いようです。

いざ、新居に住んでみるとアパート時代よりも暗いことも。

そんな方が部屋が暗いとリフォームをご検討されるようです。

 

弊社展示場には、4つのスカイライトチューブの現物が設置されています。

リビング、子供部屋、洗面所をイメージした展示部屋がありますので、是非、現物の太陽光を体感してください。

スカイライトチューブに関して、詳しい内容はこちらをご覧ください!

「部屋が暗い」/日当たり問題をズバッと解決するよ! 採光リフォーム/新型天窓ありかも!!

 

上の写真は弊社・展示場にある子供部屋のイメージです。

少しでも気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

コロナ対策として、完全予約制とさせていただいております。

展示場にご来場を希望される方は、お電話をお願いいたします。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事