台風15号の被災現場で感じたこと。火災保険の風水災害特約は付けるべき!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    台風15号の被災現場で感じたこと。
    火災保険の風水災害特約は付けるべきです。
    来月から保険料が値上がりします!
    未加入の方は、急ぎましょう!

台風15号の被災現場で感じたこと。火災保険の風水災害特約は付けましょう!

台風15号の屋根被害調査のため、千葉県鋸南町に入りました。

古い屋根が飛散していました。

昨年、台風21号の調査で、大阪にも行きましたが、

千葉では大きな被害は、密集した地域全体で発生している感じがしました。

比較的新しいハウスメーカーのお宅も瓦屋根にも被害が発生していました。

よく観察してみると、瓦の割れは、バラバラでした。

ハウスメーカーの瓦が飛散したのではなく、お隣の屋根から飛散したものが、瓦に当たって、割れてしまったと思われます。

それでは、お隣の屋根を見てみると、

お隣の屋根にもブルーシートが屋根の真ん中にかけてありました。

この家の屋根が飛んで、ハウスメーカーの瓦が割れたことは、間違いなさそうでした。

しかし、お隣は、屋根だけでなく、2階の天井まで穴が開いていました。

さらに、そのお隣は、お店の看板が跡形もなく飛散していて、骨組みも崩れていました。

 

巨大台風の被害では、もらい事故が十分に考えられる!

巨大台風の被害は、極地的な地形の影響か、被害が密集しています。

その中では、隣の家から飛んできたもので、被害が発生するもらい事故が十分に考えられます。

明確にお隣とも言えないほど、全体に被害が発生しているのです。

つまり、誰が原因かはっきりわからず、天災としかいいようがないと、自分の家の被害は自分で直す他ないようです。

そのためには、自分が火災保険にちゃんと加入し、風水災害特約もしっかり付けておいた方が安心だと思います。

 

千葉県市原市のゴルフ練習場の鉄塔が倒れた場合も。

大きなニュースとなったゴルフ練習場の鉄塔が倒れた場合も、天災扱いになる可能性もありそうです。

あきらかに、瑕疵やメンテナンス不足、欠陥がわかっていたなどがなければ、天災の場合、賠償責任がなくなるそうです。

鉄塔が撤去されたら、自分の保険で、直さなければならないかも・・・

そんな話を聞くと、自宅の火災保険の重要性を感じました。

どこまでの特約が付いているか、見直した方がいいですね!

 

昨年の21号の影響で、10月から保険料が5~7%上がるそうです!

火災保険の保険料が10月から上がるそうです。

未加入の方、風水災害特約を付けていない方は、今のうちに加入されては、いかがでしょうか?

保険会社によって、被害が出た時の対応も違うとよく聞きますので、

よくお選びください!

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事