雨漏り修理のリアルな金額を暴露!創業150年の屋根屋さんが解説!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

  • 雨漏り修理に必要な金額を知りたい
  • 雨漏り修理の種類と金額を知りたい
  • 見積もりで提示された雨漏り修理の金額が妥当なものか知りたい

 

この記事で伝えたいこと

この記事は、「雨漏り修理に金額を知りたい」「雨漏り修理の種類と費用の目安を知りたい」という方に向けて書かれています。

雨漏り修理が必要なとき、思ったより金額が高くなってしまわないか不安に感じませんか?

雨漏り修理に必要な金額の相場を把握していれば、専門業者との商談でも役立ち、必要以上に不安になることもありません。

本記事では、雨漏り修理に必要な金額について解説していきます。創業者150年の屋根屋が雨漏り修理の種類やリアルな金額を紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

雨漏り修理は原因を把握することが重要!

雨漏り修理は、なんと言っても【雨漏りの原因を把握すること】が重要です。

よくご相談を受けるのが、「業者に雨漏り修理してもらったけど雨漏りが直らなくて困っている」というものです。

雨漏りの専門業者であっても雨漏りの原因を把握できず、雨漏りがなかなか直らない場合があるようです。

弊社の雨漏り修理は、雨漏り調査を重要視していて、雨漏りの原因の把握にノウハウを持っていて多くのトラブルを解決してきました。

ただし、「弊社は雨漏りを一度で100%直すことができます」とは絶対に言いません。(雨漏りの難しさを理解しているからです。)

雨漏り修理の金額には、単純な修理費用だけでなく、調査費用も加算される場合があります。

ちなみに雨漏り調査費用の金額をご紹介しておきます。

調査方法費用の目安調査内容
目視調査0円雨漏り部分を目視・写真撮影して、調査する方法です。
散水調査0~30万円水道の蛇口にホースをつないで、浸入口に散水をして、雨漏りを再現する調査方法です。
赤外線サーモグラフィ調査0~20万円赤外線カメラを使い、建物内外の熱画像を撮影して、雨水の浸入経路を調査する方法です。
発光液調査5~20万円雨漏りの浸入口を見分けるために、蛍光液の色を変えて、場所を特定する調査方法です。
ドローン撮影調査0~5万円屋根などの高所部分で目視できない所をドローンにより写真撮影して調査する方法です。

雨漏り調査の内容について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

雨漏り調査ってなにをするの?費用は?5つの方法をプロが徹底解説!

 

雨漏り修理の金額を場所別に紹介

雨漏り場所、雨漏りの原因となる場所で多いのは以下の5つです。

  1. 屋根
  2. 屋上・バルコニー
  3. 天井
  4. 外壁
  5. 窓枠・天窓

5つの場所の雨漏りを工事する費用の相場をご紹介します。

雨漏り修理業者を選ぶときに、雨漏り修理費用の相場を知っておくことは重要です。

雨漏りした箇所工事費用相場
屋根の雨漏り3~200万円
屋上・バルコニーの雨漏り15~200万円
天井の雨漏り10~20万円
外壁の雨漏り5~150万円
窓枠・天窓の雨漏り3~30万円

次の章から、場所別に詳しく解説しながら弊社で行った修理の事例も併せて紹介していきすね。

 

【雨漏り修理の金額】①屋根

屋根の雨漏りを工事する費用を表に示します。

工事内容工事費用相場
瓦の割れ交換・瓦のズレ直し3~万円
谷板金の交換15~30万円
棟板金の交換10~20万円
しっくいの補修15~30万円
屋根の葺き替え・カバー工法100~200万円

上記金額以外に、別途、足場代や諸経費が必要となる場合があります。

屋根は部分修理と屋根全体の葺き替え・葺き直しに大きく金額が異なります。

 

弊社の工事事例を紹介します。

●瓦屋根土葺きの谷板金交換・・・22万円

雨漏りしている銅製谷板金を交換して、ステンレス製谷板金を設置して雨漏り修理しました。

●日本瓦屋根の全面葺き直し・・・100万円

台風で被害のあった日本瓦屋根全体をねじ留め+接着補強の耐風仕様で葺き直ししました。

 

【雨漏り修理の金額】②屋上・バルコニー

屋上・バルコニーの雨漏りを工事する費用を表に示します。

工事内容工事費用相場
改修ドレン10~20万円
パラペット笠木の交換15~30万円
防水工事(ウレタン)90~120万円
防水工事(シート)100~130万円
バルコニー防水工事15~30万円

上記金額以外に、別途、足場代や諸経費が必要となる場合があります。

屋上やバルコニーの防水工事は一般的には部分修理ではなく、防水層全面を行います。

 

弊社の工事事例を紹介します。

●バルコニーの脱気筒交換とウレタン防水の部分修理・・・7万円

バルコニーになぜか脱気筒があり、人が蹴飛ばしてしまったために部分補修しました。

●屋上防水のウレタン防水全面修理・・・63万円

雨漏りしているため、エアコン配管まわりを含めてウレタン防水で全面改修しました。

 

【雨漏り修理の金額】③天井

天井の工事を行うときは、一般的にクロスの張り替えを行いますが、下地のボードまでやられているとボードの張り替えを行います。20㎡あたり10~万円程度必要です。

下地の木材まで腐っている場合は、さらに5~万程度必要となります。

屋根や外壁からの雨漏りの場合は、室内の天井工事だけを行っても解決にはなりません。

必ず雨漏りの浸入口を修理してから、室内の修繕を行いましょう。

 

弊社の工事事例を紹介します。

●玄関のクロス・ボードの張り替え・・・5万円

2階サイディングの雨漏り修理を行い、その後、天井・壁クロスの張り替えを行いました。

 

【雨漏り修理の金額】④外壁

外壁の雨漏りを工事する費用を表に示します。

工事内容工事費用相場
コーキング・ヒビ割れ補修5~10万円
コーキングの打ち替え15~50万円
外壁塗装60~150万円
外壁の張り替え100~200万円

上記金額以外に、別途、足場代や諸経費が必要となる場合があります。

外壁のヒビ割れなどはコーキングの部分修理となります。

サイディングの防水構造は、サイディングが1次防水、その室内側にある防水シートが2次防水となっていて、この2つで雨漏りを防いでいます。

そのため、サイディングからの雨漏りの場合、防水シートを補修することも必要となりますので、サイディングの張り替えが必要となります。

 

弊社の工事事例を紹介します。

●コーキング補修・・・7万円

ALC外壁と屋根との取合部のコーキングが劣化して雨漏りしていたので、コーキングの打ち替えを行いました。

●サイディングの部分張替え・・・40万円

防水層と外壁の取合部から雨漏りしていたので、サイディングを部分撤去・水切りの設置・防水シートの張り替え・サイディングの復旧をおこないました。

 

【雨漏り修理の金額】⑤窓枠・天窓

窓枠・天窓の雨漏りを工事する費用を表に示します。

工事内容工事費用相場
窓のコーキング補修5~10万円
窓枠の補修15~25万円
窓の交換20~80万円
天窓周辺の掃除・コーキング補修3~4万円
天窓の交換30~80万円

窓枠(サッシ枠)・天窓の雨漏りは、多くの場合コーキングの劣化が原因です。

 

弊社の工事事例を紹介します。

●コーキング補修・・・5万円

ドア・窓まわり等のコーキングの劣化から雨漏りしていたので、コーキングの打ち替えを行いました。

●天窓のコーキング補修・・・4万円

天窓のガラス面とアルミ枠の間から雨漏りしていたので、その隙間をコーキング修理しました。

 

雨漏り修理は自分でできるの?

雨漏り修理は知識や経験のない方には難しいので、できるだけ早く専門業者に依頼することをオススメします。

特に屋根に上がるなどの修理は作業自体が落下の危険があり、絶対に行わないようにしましょう。

自分でやれることは被害を拡大しないための応急処置程度です。

室内の雨漏りによる床濡れなどは拡がらないような対策を取ってください。

雨漏り直後の応急処置は、被害拡大を防止になるため重要ですので、詳しくはこちらをご覧ください。

雨漏りの直し方!あなたにもできる5つの応急処置【プロが解説】

 

葺き替え工事が必要なときはどんなとき?

屋根の葺き替え工事は費用が高額となるため、行う時期を検討してください。

屋根の状態、築年数、雨漏りの状況、今後のメンテナンス費用などを総合的に判断しましょう。

悪徳業者は不要不急の葺き替え工事を勧める場合が多いようです。

屋根の補修は部分修理なども可能ですので、だまされないように注意しましょう。

業者が葺き替えしかできないと言った場合は、他の業者にも相談することをオススメします。

 

【まとめ】雨漏り修理は金額の相場を知ることが大切です

雨漏り修理は、なんと言っても【雨漏りの原因を把握すること】が重要です。

雨漏りの専門業者であっても雨漏りの原因を把握できず、雨漏りを直せない場合もあります。

雨漏り修理業者はもっとも安価な金額の業者を選ぶのではなく、修理金額が相場であれば、雨漏りを直すことができる業者を選びましょう。

そのためには、雨漏り修理の金額の相場を知ることが大切です。

雨漏り場所、雨漏りの原因となる場所で多いのは以下の5つです。

  1. 屋根
  2. 屋上・バルコニー
  3. 天井
  4. 外壁
  5. 窓枠・天窓

それぞれの雨漏り修理費用の相場を紹介しました。

この相場を目安にご検討ください。

また、屋根の雨漏り修理で葺き替えしか見積しない業者には注意してください。

部分修理が可能な場合が多いので、不要不急の葺き替えをすすめる悪徳業者の可能性もあります。

弊社など他の業者にも相談してみましょう。

 

雨漏りでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事