金属屋根の庇(ひさし)の軒天改修 野地板の雨漏り痕がありました。

庇(ひさし)金属屋根の軒天改修(野地板の雨漏り痕有り)

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(カミセイ)のDr.神谷です。

先日、強風によりはがれた軒天の改修工事を行いました。

庇(ひさし)は窓上に設置される雨除け、日差し除けの小さな屋根のことです。

多くの庇は金属屋根材でできています。

屋外で完結する庇なので、ほとんど気したことはありませんでした。

強風で庇の軒天がはがれた物件があり、軒天の改修工事を行いました。

はがれた軒天を交換するために、外してみると庇の野地板が見えてきました。

庇は金属屋根・ルーフィング・野地合板という構成になっています。

金属屋根は屋根材の中でも雨漏りしにくいと言われています。

しかし、この野地合板には、軒先部・けらば部に雨漏りの痕がはっきりありました。

庇は短いため、金属屋根材のつなぎめはありません。

軒先部・けらば部から雨が浸入していることがわかります。

一般の金属屋根住宅でもこの現象は見られます。

軒先・けらばの納まりは金属屋根材メーカーが決めているわけではなく、各板金工事店さんの経験・技によって納められています。

さらに、金属屋根の素材を生産している鋼板メーカーは軒先部の腐食は免責事項としています。

つまり、もっとも劣化して、金属屋根に錆びや孔が開く、軒先部は保証がありません。

劣化しにくい部分で、10年保証や20年保証とPRしていますが、劣化する部分は免責なんですよ。

話が脱線してしまいましたが、庇の劣化部分を交換して、改修しました。

軒天を元通り、きれいに仕上げて完成です。

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事