人気の屋根材!ガルバリウム鋼板の種類と特徴を徹底解説!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆!

本記事はこんな人にお勧めします。

  • ガルバリウム鋼板にどんな種類があるのか知りたい
  • ガルバリウム鋼板の種類別に特徴を知りたい
  • ガルバリウム鋼板の種類別の価格相場を知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は、「ガルバリウム鋼板にどんな種類があるのか知りたい」「ガルバリウム鋼板の種類別に屋根材の特徴を知りたい」という方に向けて書かれています。

最近、とても人気のガルバリウム鋼板には、いくつか種類があることをご存知でしょうか?同じガルバリウム鋼板でも、特徴や価格に違いがあります。

本記事では、ガルバリウム鋼板の種類とその特徴について紹介していきます。
種類別の価格相場やオススメの商品なども詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

ガルバリウム鋼板の特徴

ガルバリウム鋼板とは、めっき鋼板の中の1種類のことです。

今までよく聞いた「トタン」「ぶりき」などのめっき鋼板の仲間となります。

ガルバリウム鋼板の分類名称としては、溶融55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板が正式名称となります。

アルミニウムの特徴である耐食性、加工性、耐熱性と亜鉛の特徴である犠牲防食機能により、トタンよりも3倍程度、耐久性が優れているめっき鋼板です。

ガルバリウム鋼板屋根は金属屋根材なので軽く、トタン屋根よりもサビにくくコストパフォーマンスが良いという特徴から近年人気の屋根材と言えます。

 

ガルバリウム鋼板のメリットとデメリット

人気なガルバリウム鋼板のメリット・デメリットを紹介します。

【メリット】

  • サビに強い
  • 耐久性が高い
  • 軽い
  • デザイン性が高い

 

それぞれについて簡単に解説します。

①サビに強い

今まで金属屋根材として使用されていたトタン屋根(カラー鉄板とも呼ばれる)よりは、3倍以上サビに強くなっています。

トタン屋根は赤サビが発生しやすく、それを防ぐために約5年に1度のペースで塗装する必要があり、メンテナンスが大変でした。

ガルバリウム鋼板は赤サビが発生しにくいため、トタン屋根に比べて大きなメリットとなります。

 

②耐久性が高い

塗装メンテナンスまでの期間は、トタン屋根が5~10年程度とすると、ガルバリウム鋼板屋根の場合は10~15年と長寿命(耐久性が高い)になっています。

但し、ステンレスのような高耐久性はないので、メンテナンスフリーではありません。

 

③軽い

金属屋根材全般に言えますが、他の屋根材に比べてもっとも軽い屋根材です。(約5㎏/㎡)

スレート屋根・樹脂繊維セメント屋根材と比較しても1/4の軽さです。

 

④デザイン性が高い

立平葺きなどの縦葺きや折板葺きは、緩い屋根勾配(5/100以上)でも対応可能です。

直線的な印象の屋根からアール状の屋根まで、多様なデザインにも、対応しています!

 

【デメリット】

  • 初期費用(イニシャルコスト)が高い
  • メンテナンス費用が高い
  • 音がうるさい
  • 強風で飛散しやすい
  • 保証のハードルが高い
  • サビることがある

 

それぞれについて簡単に解説します。

①初期費用(イニシャルコスト)が高い

ガルバリウム鋼板屋根の材工価格は、スレート屋根に比べると高いです。

種類によっては、瓦屋根と同等かそれより高いものもあります。

 

②メンテナンス費用が高い

メンテナンス費用は瓦屋根に比べると高いです。

ガルバリウム鋼板屋根はメンテナンスフリーではありません。

ガルバリウム鋼板屋根は表面を定期的に塗装メンテナンスすることを推奨されています。

目安としては、表面の塗膜が白亜化(チョーキング)したら(10~年)塗り替えとなります。

 

③音がうるさい

ガルバリウム鋼板屋根はトタン屋根と同じ金属屋根なので、雨音がうるさいです。

特に、瓦やスレートから葺き替えした場合、「雨音がうるさくて眠れない」と相談を受けることがあります。

施工後の対策は難しいため、音や睡眠に対して神経質な方はガルバリウム鋼板屋根で葺き替えるときにはよく検討されることをオススメします。

 

④強風で飛散しやすい

ガルバリウム鋼板立平葺きなどは、長尺もので、1枚当たりの面積が大きく、他の屋根材よりも1枚当たりの耐風性能が求められます。

一方で、経年した金属屋根を調査すると、屋根周辺部(軒・けらば・棟)からの雨水浸入や結露(くぎまわり、軒先)などで野地板が劣化している場合が多いです。

新築時での耐風性能はあっても、野地板の経年劣化によって、ガルバリウム鋼板屋根を留め付けているくぎ・ビスの保持力が低下してしまうと巨大台風でガルバリウム鋼板屋根が飛散するリスクがあります。

ガルバリウム鋼板屋根が飛散するときには、屋根全体がめくれて飛散するので、周辺へ大きな被害をもたらしますので要注意です。

 

⑤保証のハードルが高い

ガルバリウム鋼板の屋根材は保証がしっかり表示されているものがあります。

サビや穴あきへの保証が10~20年ついているものが多いです。

しかし、保証の内容には、免責事項がしっかり小さい字で記載されていて、実際に保証してもらうには、かなりハードルが高くなっています。

瓦やスレート屋根にくらべて、保証期間が長いので安心なように見えますが、よく免責事項を確認して保証の有無を評価しましょう。

 

⑥サビることがある

トタン屋根に比べて、錆びにくくなっていますが、ガルバリウム鋼板の屋根はもちろん、錆びます!

水溜まり、土ぼこりの堆積、塩害、木材の接触面での錆び、電食による錆びなどで錆びるので、掃除が必要です。

 

ガルバリウム鋼板屋根の特徴について詳しくはこちらの記事で解説しています。

ガルバリウム鋼板屋根の特徴とは?メリットやデメリット・費用を解説

 

ガルバリウム鋼板は4つの種類に大きく分けられる

ガルバリウム鋼板は、大きく分けると4つの種類に分けることができます。

  1. 横葺き
  2. 縦葺き
  3. 瓦調葺き
  4. 折板(せっぱん)葺き

次の章からそれぞれ解説していきますね。

 

ガルバリウム鋼板の種類①地面と屋根材が平行の「横葺き」

「横葺き」は、昔からある形状で屋根全体に対して横方向にガルバリウム鋼板が並んでいきます。

横葺きの注意点としては、屋根の傾きが2.5寸以上の屋根勾配でなければ施工できません。

ガルバリウム鋼板の屋根材の中では、緩い勾配がNGなタイプとなります。

横葺きの種類は大きく2つあり、裏面に「断熱材あり」と「断熱材なし」の2種類となります。

「断熱材あり」は高価で、リフォームなどで多く採用されています。

「断熱材なし」は安価で、昔からよく使用されています。

 

ガルバリウム鋼板の種類②地面と屋根材が垂直の「縦葺き」

(上の写真は立平葺きです。)

「縦葺き」は、屋根全体に対して縦方向にガルバリウム鋼板が並べられます。

縦葺きは昔からよく使用されている「瓦棒葺き(心木あり/心木なし)」があります。

上の写真は心木あり瓦棒葺きで、もっとも一般的に採用されていました。

立上り部の中に心木として、木材が入っています。

心木にキャップのカバーを横から留め付けています。

20年程度すると心木の木材が腐朽するため、徐々に心木なしタイプが主流となりました。

最近では、心木なしの仲間である「立平葺き」が人気で、多くの新築に採用されています。

縦葺きの特徴としては、0.5寸以上とゆるい勾配から対応可能となっています。

縦葺きはつなぎがないものがほとんどで、長尺ものを使います。

長尺ものをビス留めしながら並べていくため、施工が簡素で費用も安価です。

問題点としては、大雨のときに流速が速く、雨樋からオーバーフローしやすいことがあります。

 

ガルバリウム鋼板の種類③屋根材が瓦屋根のような「瓦調葺き」

「瓦調葺き」は、横葺きと同じで地面と平行に葺く工事方法で、瓦をイメージした外観や瓦の重厚感が好みの方にオススメとなっています。

瓦屋根ではなく、ガルバリウム鋼板の「瓦調葺き」を選ぶメリットとデメリットをご紹介します。

瓦調葺きのメリットは、瓦のイメージを残しつつ屋根を軽量化できることです。

瓦調葺きのデメリットは、瓦に比べて割高であり、耐久性が低く塗装などのメンテナンスが必要となり、コストパフォーマンスは低いです。

 

ガルバリウム鋼板の種類④断面の構造が重要な屋根材「折板葺き」

「折板葺き」は、断面の構造に重点を置いて開発された屋根材で、大きな建物に合うデザイン性と強度・経済性を備えています。

工場や倉庫、ショッピングモールなどの大きな建物の屋根で使用されます。

一般の住宅として「折板葺き」が使用されることは少なくないです。

駐車場の屋根など下地がいらない箇所に使用する場合があります。

 

ガルバリウム鋼板のメンテナンスは不要?

ガルバリウム鋼板屋根はトタン屋根に比べて耐久性は高いですが、メンテナンスフリーではありません。

業者によっては、ガルバリウム鋼板屋根についてメンテナンスフリーをうたっていますが、どんな屋根材も多かれ少なかれメンテナンスは必須です。

先ほど紹介しましたが、塗装ガルバリウム鋼板屋根は塗装メンテナンスもしくはカバー工法・葺き替えが必要となります。

10~15年で塗装メンテナンス、30年前後でカバー工法・葺き替えというメンテナンススケジュールをお考えください。

 

ガルバリウム鋼板のメンテナンス

ガルバリウム鋼板屋根の4つのメンテナンス方法を紹介します。

  1. 定期的に水をかける
  2. 塗り替え
  3. カバー工法
  4. 葺き替え

 

それぞれについて簡単に解説します。

①定期的に水をかける

ガルバリウム鋼板屋根は飛散してくる塩分やほこり等の付着により錆びが発生しますので、年に数回程度、きれいな水をかけると長持ちします。

小動物(鳥など)の糞尿がかかった状態で放置するとさらに錆びやすくなるので、水道水で洗いながしましょう。

 

②塗り替え

ガルバリウム鋼板屋根にコケやチョーキング(白亜化)、色あせ、白錆などが発生している場合は、塗り替えを行いましょう。

赤錆が発生する前であれば、塗り替えをすることでガルバリウム鋼板屋根を長持ちさせることができます。

塗装の費用目安は40~80万円程度です。

 

③カバー工法

ガルバリウム鋼板屋根に赤錆、孔あきが発生している場合は塗り替えではなく、カバー工法によるメンテナンスが必要です。

既存の屋根材の種類によって、新しい屋根材をその上にカバーする施工方法と新しい野地合板を既存屋根材上にカバーしてから新たにガルバリウム鋼板屋根を設置する施工方法があります。

また、カバー工法は既存屋根で雨漏りしていないことが条件となります。

雨漏りしている場合は、葺き替えが必要です。

カバー工法の費用相場は、80~200万円程度とお考えください。

 

④葺き替え

既存のガルバリウム鋼板屋根で雨漏りしていたり、野地板が劣化していたりする場合は、葺き替えのメンテナンスが必要です。

既存の野地板が劣化している状態でカバー工法をしても将来、台風で飛散してしまうリスクが高いからです。

葺き替え工事の費用相場は、100~240万円程度とお考えください。

 

カバー工法によるリフォームはオススメできない

ガルバリウム鋼板屋根のカバー工法によるリフォームを行う場合は、デメリットもあるので安易に採用しないようにしましょう。

カバー工法を選択するデメリットを紹介します。

  • 屋根下地の補修が必要な場合には施工できない
  • 太陽光パネルの設置が難しくなる
  • 雨漏りしている場合は屋根下地が不安なので施工できない
  • 屋根下地が劣化していると設置後に飛散する恐れがある
  • 将来の改修・解体時の費用が2倍以上と高額になる

 

カバー工法する場合は、屋根下地を健全であることを必ず確認しないと強風で飛散してしまう恐れがあります。

また、スレート屋根のカバー工法を行う場合、次回の屋根修理(解体・葺き替え)はアスベストが飛散しやすい状態となっており、費用が2倍以上に高額となります。

スレート屋根のアスベスト処理費用を将来へ先送りすることになるのでオススメできません。

 

カバー工法について詳しくはこちらの記事で解説しています。

屋根修理でカバー工法を行うメリットやデメリットは?注意点も解説!

 

ガルバリウム鋼板の色はどれがいい?

ガルバリウム鋼板は、色の種類が多く、色によって家の印象が大きく変わります。

ガルバリウム鋼板の色選びについて、簡単にまとめると以下となります。

「黒」 → ガルバリウム鋼板の主流の色。高級感と重厚感がありカッコいい

「ダークグレー」 → 黒のようにカッコ良く、汚れが目立たない

「シルバー」 → メタリックな印象が近未来や明るさを感じさせる

「青」 → スタイリッシュでクール。存在感があり個性的

「オレンジ」 → 穏やかな印象を与える

「赤」 → バラのような色合いが上品さを感じさせる

 

ガルバリウム鋼板の種類別の価格相場は?

ガルバリウム鋼板の種類別の価格相場を、下記の表にまとめて紹介します。

ガルバリウム鋼板の種類相場価格/㎡
横葺き(断熱材なし)5,000~
横葺き(断熱材あり)6,500~
縦葺き(心木あり)5,200~
縦葺き(心木なし)5,800~
瓦調葺き8,000~
折板葺き6,000~

ガルバリウム鋼板は板厚みにより材料費が異なります。

一般の住宅用では、板厚み0.35mm程度です。

ホームセンターにおいてあるガルバリウム鋼板は板厚み0.27mmが多く安価となっています。

工場などの大型物件では、板厚み0.6mm以上と厚みを持たせて、耐久性・強度を持たせています。

厚いほど高くなりますので、比較する際には確認ください。

 

ガルバリウム鋼板のオススメの商品は?

新築におけるガルバリウム鋼板のオススメ商品は「立平葺き」です。

縦葺きの中でも、ワンタッチ立平と呼ばれるオスメスのある成形品をはめ込む方式は施工性もよくオススメです。

一般住宅では0.35mmのカラーガルバリウム鋼板を加工したものとなります。

 

リフォームにおけるガルバリウム鋼板のオススメ商品は「横葺き(断熱材あり)」です。

横葺きで人気メーカー・商品は「アイジー工業」の「スーパーガルテクト」と「ニチハ」の「横暖ルーフ」、「福泉工業」の「MFシルキー」があります。

リフォームでは施工後の雨音が問題となる場合が多いです。

断熱材なしは雨音がひびくので、やめておきましょう。

 

屋根材のオススメの商品について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

各屋根材の人気のメーカーは?オススメの商品も詳しく解説します

 

石付金属屋根も優れた屋根材でオススメです

ガルバリウム鋼板とほぼ同じ組成材料のジンカリウム鋼板に着色した小粒の石をコーティングさせて、耐久性や断熱性・遮音性を高くした石付金属屋根もオススメです。

その中でも人気の石付金属屋根としては、「ディートレーディング」が輸入している「ディーズ ディプロマット」があります。

ディプロマットは横葺きと同じように上下の屋根材がかん合して固定されるので、施工のバラツキがなく、耐風性能が高く安心です。

横葺きよりも高価ですが、塗装などのメンテナンスを省くことができるため人気となっています。

 

【まとめ】ガルバリウム鋼板は種類の豊富な屋根材です!

ガルバリウム鋼板は、大きく分けると4つの種類に分けることができます。

  1. 横葺き
  2. 縦葺き
  3. 瓦調葺き
  4. 折板(せっぱん)葺き

横葺きの種類は大きく2つあり、裏面に「断熱材あり」と「断熱材なし」の2種類となります。

「断熱材あり」は高価で、リフォームなどで多く採用されています。

「断熱材なし」は安価で、昔からよく使用されています。

縦葺きでは、心木なしの仲間である「立平葺き」が人気で、多くの新築に採用されています。

縦葺きの特徴としては、0.5寸以上とゆるい勾配から対応可能となっています。

折板葺きは、断面の構造に重点を置いて開発された屋根材で、大きな建物に合うデザイン性と強度・経済性を備えています。

新築におけるガルバリウム鋼板のオススメ商品は「立平葺き」です。

リフォームにおけるガルバリウム鋼板のオススメ商品は「横葺き(断熱材あり)」です。

自分のライフプランに合うガルバリウム鋼板を選びましょう。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 24 人中 22 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

この記事に関連するサービスメニュー

関連工事メニュー

instagram
屋根の見守りラジオ

関連記事

この記事を読んだ人にオススメの記事