2018年度版【1番軽い瓦を教えて】日本全国の瓦、全部調べました!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

創業150年老舗三州瓦の神清(かみせい)のDr.神谷です。

昨年、軽い瓦の大調査を行ってから1年が経過しました。(前回調査2017年6月6日)

若干の変動も予想されますので、2018年7月に再調査を行いました!

その上位ランキングを発表します!

 

日本全国の中でもっとも軽い瓦を大調査!上位ランキングを発表します!

 

『瓦って、1400年の歴史があるの?』

「そうだよ。奈良のお寺さんにその古い瓦があるよ」

『じゃあ、瓦の種類はどれくらいあるの?』

『一番、軽い瓦はなに?』

ふと、子供から聞かれたのですが・・・

「・・・」

屋根業界に25年いる私ですが、子供の質問に答えることができませんでした。

そこで、子供に答えるために調べてみたら、結構大変でした。

折角なので、皆さんにも紹介しま~す!

 

調査方法は?

 

調査はWEB上で行いました。

瓦製造会社(所在地:日本)のホームページを正として調べました。

ルールは以下の通りです。

1.2018年7月19日において、WEB上で検索できる瓦。

2.瓦であること。(瓦=粘土を焼成した屋根材)(その他の素材の屋根材は除外しています。)

3.ホームページから調べて、重量が分かる瓦。

4.ほぼ同類の瓦は同じものと判断してみた。

5.瓦の種類はJ形(日本瓦)、F形、S形、M形、特殊形の5種類に分類してみた。

6.重量は㎏/㎡(1㎡あたりの瓦のみの重量)で比較してみた。

軽量瓦を探している方には、ご参考にしていただければと思います。

 

調査結果は?

ルールに当てはまった会社は、20社(前回22社)でした。

内訳は、三州瓦(さんしゅう)10社(前回12社)、淡路瓦(あわじ)6社、石州瓦(せきしゅう)3社、安田瓦(やすだ)1社でした。

~三州瓦(さんしゅう)・・・愛知県の三河地方で生産された瓦~

~淡路瓦(あわじ)・・・兵庫県の淡路島で生産された瓦~

~石州瓦(せきしゅう)・・・島根県の石見地方で生産された瓦~

~安田瓦(やすだ)・・・新潟県の阿賀野市で生産された瓦~

(ホームページで桟瓦(さんかわら)の重量を明記していない会社はカウントしませんでした。)

~桟瓦:屋根でもっとも多く使用される平部(屋根の真ん中)の瓦~

桟瓦の種類は112種類でした。

 

それでは、もっとも軽い・・・日本一軽い瓦の発表です・・・

日本一軽い瓦は・・・

第1位「セラマウント」・・・34.8㎏/㎡

f:id:capuriclub:20170606161418j:plain

製造元:三州野安(株) (三州瓦)

http://www.noyasu.com/catalog/de.cgi?id=22

1枚の瓦に2つ山がある、M形瓦の代名詞・・・。

2つ山の形状で強度を発現して、軽くても踏み割れを防いでいます。

日本一軽い瓦は、「セラマウント」・・・

34.8㎏/㎡と言われてもピーンと来ないですよね・・・

通常の日本瓦の重量は45㎏/㎡と比較すると23%の軽量化となっています。

まだ、??ですよね。

普通の住宅の屋根、1棟100㎡とすると、なんと、1トン以上の軽量化・・・

1トン以上の軽量化と聞くとありがたみがでてきます・・・

さすが日本一軽い瓦(1位/112種類中)ですね。

もちろん、高品質な三州瓦ですので、耐久性はバッチリ!!

住宅のメンテナンス費(35年間)を考えたら、他の素材(塗装品)の軽い屋根材よりも300万円以上もお得となります。

詳しくは・・・

【新築ご検討の方へ】屋根をケチると住宅貧乏に!『ホントは安い瓦屋根』

軽い屋根をご希望の方は、「セラマウント」お勧めですよ~!

葺き上がりはこんな感じ・・・

かわいい感じがするデザインですね。

 

なんと、同率1位がもう1つ。

 

 

 

第1位「サンレイ」・・・34.8㎏/㎡

f:id:capuriclub:20170606162248j:plain

製造元:(株)鶴弥 (三州瓦)

https://www.try110.com/product/kawara/sanrei/

同じくM形瓦ですが、山の形がS形状(ラッパ状に広がっている)。

瓦・全112種類を調べてみると軽量な瓦はM形に多いことがわかりました。

(M形は全部で5種類あり。)

現在、新築でもっとも多く採用されているF形は38種類。

洋瓦のイメージが強いS形は15種類。

 

一般に、「瓦」と聞いてイメージされる日本瓦(J形)は最多の48種類でした。

ひと昔はもっとも多く、新築で採用されていました。

現在建っている住宅の屋根では、半数以上が日本瓦と思われます。

折角なので、つづいて、日本瓦におけるもっとも軽い瓦を発表したいと思います。

屋根の葺き替えをご検討の方は参考にしてください。

日本瓦で最軽量は・・・

日本瓦部門 第1位「軽量防災瓦」・・・38.5㎏/㎡

f:id:capuriclub:20170606165525j:plain

販売元:(株)神清 (SKJグループ)

 http://www.kamisei.co.jp/01_seihin/skj.shtml

「軽量防災瓦」、普通の日本瓦のデザインのままで、極限まで、ぜい肉を落として、軽量化・・・

38.5㎏/㎡と通常の日本瓦45㎏/㎡と比較して、14%の軽量化を実現・・・

通常の屋根で比較すると、約0.7トンの軽量化・・・軽自動車1台分、屋根が軽くなる感じですね。

(ちなみに、日本瓦は現在、48種類販売されていました。)

 

屋根においては、軽さは性能の一つ

建物は、屋根材の重さに合わせて躯体が設計されているので、屋根にとって、軽さは絶対条件ではありません。(もしくは、壁量が満たされているので)

つまり、屋根が瓦の場合、瓦の重さにあった丈夫な建物となっています・・・

安心して、屋根は瓦を選んでください・・・

さらにいうと、軽さ以外にも屋根が必要とされる性能はいっぱいある。(経済性、耐久性、防音性、耐風性、耐遮熱性、・・・)

これらについて、瓦はとっても優れている・・・

一方、

軽量屋根材は瓦より軽いけれど、塗装品のため、メンテナンス費が高額となります。

なので・・・いいとこどりしてみると、軽量瓦っていう選択はありですね!

(瓦といつわる塗装品の軽量屋根材ではなく、本物の瓦での・・・)

【まとめ】1番軽い瓦を調べたら・・・「セラマウント」という選択ありかも?!

現在販売されている、112種類の瓦を全部調べてみました。

「セラマウント」が最軽量瓦で、従来比23%軽量化・・・

重さ以外の瓦の良さ、特に、経済性を考えると金属屋根材や化粧スレートなどの塗装軽量屋根材ではなく、軽量瓦「セラマウント」という選択は絶対ありですね・・・

また、日本瓦の葺き替えならば、「軽量防災瓦」もありですね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 5 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事