金沢の古都 黒い瓦の統一感がいい感じですね!

金沢の古い町並み・黒い瓦の統一感がいいですね!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

夏休みで、金沢に遊びに行きました。

金沢の中心部にある古都・ひがし茶屋街を散歩しました。

とりあえず、わたくし恒例の屋根チェック!

真っ黒い日本瓦の屋根となっていました!

少しテカリのある黒い釉薬(ゆうやく)瓦です。

この黒い瓦は能登(のと)瓦(石川県)で、寒さに強い(高温焼成)特徴があり、瓦の表・裏とも釉薬が塗られている独特な瓦となっています。

また、瓦屋根には雪止瓦(ゆきどめ)が3列、4列とたくさん取付られています。

雪が多い日本海側の屋根は、日本瓦、釉薬瓦、雪止瓦が多いという特徴がありますが、金沢の古都の屋根も完全にあてはまりますね!

江戸時代からの町並み

江戸時代からの面影を残す町並みのひがし茶屋街には、朝から多くの観光客が散歩していました。

狭い路地、石畳、木製の格子、木製の壁がいい雰囲気になっていました。

裏の路地では、石畳に打ち水がされていて、暑さを和らげていました。

金箔の工芸品のお店もありました。

めずらしいソフトクリームも・・・

金箔の味は良くわかりませんでしたが、写真映えはするので、食べてみました!

濃厚なミルク味でした。

まとめ:屋根が統一されるだけで、雰囲気はでますね!

金沢の古都は黒い瓦で統一されていました!

雪が多い地域に多い、屋根の仕様となっていました。

比較的屋根は傷んでおらず、棟部も耐震性のあるガイドライン工法となっていました!

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事