台風21号の爪痕。もう一度、家の周りを見てみましょう!異変に気付くかも!

台風21号後、街を走っているとわずかな爪痕を目にします!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

非常に強い台風21号が通り過ぎて、屋根の修理、雨漏りの修理のご依頼をたくさんいただいています。

現場へ伺う間に、おそらく、お施主さまは気付いていないわずかな屋根の被害を目にします。

このままずっと気付かずにいると、やがて、雨漏りへとつながる被害です。

大きな台風が通過した後は、一度は家の周りをひと回りして、異変がないか、確認してほしいものです。

 

気付かない被害パターン

裏側の屋根が飛んでいる

気付かないパターンとして、多いのが玄関・駐車から棟越しの裏側の屋根が飛んでいるというものです。

このように、瓦1枚だけが飛んでいるなら、簡単に直すことができます。

しかし、このままにしておくとやがて雨漏りとなり、補修する部分が拡がってしまうことも。

是非、家の周りを1周してください!

 

端部の屋根が飛んでいる

次に多いのが、屋根の中心部分は何ともないのですが、端部の屋根が飛んでいるというものです。

ぱっと見、屋根全体を見ると異変はありません。

しかし、屋根の端部までじっくり見ると瓦がないのがわかります。

これでも、気付かないとやがて雨漏りにつながり、軒天などが劣化してしまうことも。

飛びやすいのは、屋根の端部なので、端から端まで確認しましょう!

 

屋根材以外のものに異変が・・・

その他、屋根材以外のものに異変があることもあります。

こちらは、天窓の下側についているエプロンと呼ばれる防水材です。

通常は瓦の表面に貼り付いているのですが、強風で浮いてしまっています。

気付いていれば、エプロンと瓦を接着剤でくっつけるだけなので直ります。

このままですと、強風雨で瓦の下に雨が入っていきます。

 

この他にも、といのずれ、飛散や太陽光温水器のずれなども見かけます。

今週末に一度、ご自宅を確認していただければと思います!

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知の屋根で気になることがありましたら、お気軽にご相談ください!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事