【恐怖】台風18号により、金属屋根(立平葺き・折板葺き)が飛散!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    台風18号の被害により、金属屋根が飛散しています!
    金属屋根は大判で飛散するので、当たったら、命にかかわります。
    恐怖の映像をご覧ください!

台風18号の影響で、金属屋根が(立平葺き・折板葺き)が飛散!

新潟県燕三条市で、台風18号の影響により金属屋根(ガルバリウム鋼板)が飛散していました!

金属屋根は大判で飛散するので、すごい重い金属板が飛んでくるので、

当たったら、命にかかわります。

射撃な映像がテレ朝ニュースで流れていましたので、ご覧ください!

金属屋根が骨組みごと飛んでいます。

4m×10m程度の大判の金属屋根が電線を巻き込んで飛散しました!

次の瞬間、金属屋根は電線を引きちぎって、火花が出ていました。

⇒の作業員は、間一髪で逃げ切れたようです。

しかし、当たれば命にもかかわる危険な状況でした。

この恐怖を動画で見たい方は、下からご覧ください!

⇒テレ朝ニュース

その他にも、飛散した動画がありました。

⇒金属屋根の飛散現場

こんな鉄のかたまりが飛んで来たら、アウトです!

金属屋根は、強風には弱いですね!

このとき、三条市は最大瞬間風速20.4m/sと、台風15号に比べたら半分以下でした。

昨年の大阪の台風21号では、金属屋根が飛散して、死亡事故も発生していたそうです。

それも、家の中にいたのに、金属屋根が飛んできたもらい事故でお亡くなりになったそうです。

アパートの金属屋根も大判のまま飛散

(新潟日報より)

アパートの金属屋根も大判のまま飛散していました。

隣の家の雨どいを壊しただけで、被害が少なくてよかったです。

この屋根はアパートのため、野地板に金属屋根が留め付けてあるはずが、見事にはがれています。

金属屋根は雨漏り・結露などの問題で、野地板の耐力が低下すると、くぎ・ビスの保持力がなくなります。

風速20m/s程度で、このような金属屋根の飛散が発生してしまうのは、恐ろしいことだと思います。

 

台風15号のニュースに隠れて、あまり話題になっていませんが、大判の金属屋根の飛散は、死亡事故にもつながりますので、ご注意ください。

 

ポイントまとめ
・台風18号に影響で、新潟でも金属屋根が飛散
・大判のまま飛散する金属屋根は死亡事故も発生(昨年の大阪)
・金属屋根は野地劣化を防ぐことが重要

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事