賃貸アパートの雨漏り修理費用と業者の選び方のポイントは?

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    年間200件以上の雨漏り調査・修理を行っている雨漏りの専門家です。

本記事はこんな人にお勧めします。

賃貸アパートのオーナー様。

アパートが雨漏りして困っているオーナー様。

この記事で伝えたいこと

アパート経営する上で、頭が痛いのが屋根・壁・といの修繕費ではないでしょうか?

また、突発的に発生する雨漏り修理も計算外だと思います。

さらに、雨漏りした場所によっては、室内の物品に被害が発生して、トラブルになることも。

この記事では、アパートが雨漏りして困っているオーナー様へ、雨漏り修理費用相場と雨漏り修理業者の選び方をご紹介します!

賃貸アパートの雨漏り修理費用と業者の選び方のポイントは?

アパート経営する上で、建物外装の修繕費は漠然とした形で、最初のシミュレーションに入っていると思います。

しかし、突発的に発生する雨漏りは想定外だと思います。

雨漏りが発生したら、入居者さんからの苦情に対応しなければなりません。

「入居者になるべく負担を掛けたくない。」

「早く直したい。」

「雨が降る度に、心配したくない。」

と、突然のことで、戸惑ってしまうオーナー様もいらっしゃるのでは?

そんなオーナー様の雨漏りに対する行動の悩みとして、

アパートの雨漏り修理の費用相場を知りたい。

管理会社に頼んでも、なかなか直らない?

アパートの雨漏り修理はどの業者を選んだらいいの?

などがあるのではないでしょうか?

この記事では、アパートが雨漏りして困っているオーナー様へ、雨漏り修理費用相場と雨漏り修理業者の選び方をご紹介します!

 

アパートの外装全般の修繕費の相場感とは?

下記にアパート(約80坪)の屋根・壁の塗装系の修繕費の相場感を示します。

部位修繕工事修繕費の相場
屋根(スレート屋根)屋根塗装(約330㎡)約140~180万円
フラット屋根(屋上防水)防水工事(約200㎡)約110~200万円
外壁(サイディング)外壁塗装(約500㎡)約200~300万円

もちろん、あくまでも、目安をしてとらえてください。

修繕では、アパートの仕様、規模、立地、外壁の劣化具合、塗装する塗料の材料などによって、大きく異なります。

そのため、実際には、工事業者さんに見積をしてもらうこととなります。

1社ではわからないので、2、3社に相見積をとることが重要です。

各社の提案内容を聞いて、勉強しながら、業者を選ぶことができます。

価格だけではなく、次回までのメンテナンス時期も含めて、検討することがポイントです。

怖い業界裏話

塗装屋さんに聞くと、外壁塗装の金額はピンからキリまで実際にあるそうです。

元請けから決められた金額で塗装するため、

「ピンはピンなりの塗装方法、キリはキリなりの塗装方法」にすることはできるそうです。

塗装直後の仕上がりの差は、お客様では気が付かないようにできるので、ピンからキリまでの塗装が成り立つと言われていました。

しかし、数年後には、違いは明確になるそうですが、ピンの会社は、別の社名に変わっている場合が多く、お客様は泣き寝入りになるという、怖い裏話を聞きました。

 

アパートの雨漏り修理費用の目安をご紹介します。

下記にアパートの雨漏り修理費用の相場感を示します。

項目修理内容金額単位
屋根修理棟板金の部分取替30~万円/棟
屋根修理瓦の葺き替え15,000円~/㎡
屋根修理スレート屋根の葺き替え12,000円~/㎡
外壁修理シーリング工事900~1,200円/m
外壁修理塗装工事2,000円~
外壁修理サイディング張替え12,000円~/㎡
屋上修理防水工事7,500円~/㎡

もちろん、あくまでも、目安をしてとらえてください。

雨漏り修理は、アパートの仕様、屋根・外壁の劣化具合、雨漏りの原因によって、その修理内容は大きく異なります。

また、雨漏り修理の場合、雨漏りの原因調査をしっかりと行うことで、部分補修も可能となります。

アパート経営では、想定外の雨漏り修繕費はなるべく安価に抑えたいことだと思います。

 

雨漏りの修理費用を抑えるには適切な「原因調査」をするのがセオリー。

雨漏りが起きた場合、原因調査は必須です。

少なくとも、私は調査をせずに、雨漏り修理することは、絶対に行いません。
調査なしの工事は再発リスクが非常に高いからです

また、雨漏り調査・修理は入居者にお時間を作っていただく、ご面倒をお掛けします。

そのため、1度で雨漏りを直すことがベストとなります。(残念ながら、調査をしても、1度で100%で直すことはできません。)

増しては、調査をせずに職人の勘だけを頼りに工事を行っても、雨漏りを完全に直すことは難しいというのが現実です。

 

雨漏り調査費用の相場感

雨漏り調査にはいろいろな種類があります。

下記の表(雨漏り調査費用の目安)を参考にしてください。

調査方法費用の目安調査内容
目視調査0円雨漏り部分を目視・写真撮影して、調査する方法です。
解体調査0~10万円雨漏りの浸入経路がわからない場合、天井・内壁を開口して、調査する方法です。
散水調査0~30万円水道の蛇口にホースをつないで、浸入口に散水をして、雨漏りを再現する調査方法です。
赤外線サーモグラフィ調査0~20万円赤外線カメラを使い、建物内外の熱画像を撮影して、雨水の浸入経路を調査する方法です。
発光液調査5~20万円雨漏りの浸入口を見分けるために、蛍光液の色を変えて、場所を特定する調査方法です。
ドローン撮影調査0~5万円屋根などの高所部分で目視できない所をドローンにより写真撮影して調査する方法です。

※表の中の費用0円は雨漏り修理の見積無料に含まれる仕組みとなっています。
※カミセイでは雨漏り調査のみの場合は、最低5万円~となっています。

(上写真:赤外線サーモグラフィ調査:外壁の熱画像/白丸が雨漏りによる温度低下部分)

(上写真:ドローン調査による撮影)

 

目視だけではなく様々な機材をつかって調査をすることによって、正確に雨漏りの原因が特定できます。

結果的に効率的に工事を進めることができ、費用と時間の節約になります

雨漏り調査は雨漏り修理費用の一部とお考えください

 

調査を怠った「検討外れの雨漏り修理」事例

「検討外れの雨漏り修理」の事例をいくつか紹介します。

・玄関上の屋根は修理してあったが、他にも2階、3階の外壁から雨漏りしていた。

・2階屋根を部分補修し、外壁塗装・シーリング補修し、バルコニーの防水補修してあったが、バルコニーの手すりから雨漏りしていた。

・2階屋上の防水補修し、といを追加し、3階屋上の防水補修してあったが、外壁のクラック、追加したといの留め金具から雨漏りしていた。

などなど、他にもたくさんあります。

もちろん、目視の調査だけでも簡単に止まる雨漏りもあることはあります。

ただ、繰り返しになりますが、雨漏りを直すにはその原因を正確に把握することが、結果的に最短工期で正確な修理を行うことにつながります

 

雨漏り修理業者の選び方のポイントとは?

①ズバリ、雨漏り調査をしっかりと行い、原因を特定できる業者を選ぶことが大事です。

②アパートの立地場所に、比較的近い業者を選ぶこともおすすめします。

入居者のご都合に合わせて、雨漏り調査・修理を行うこととなります。

とくに内装では、全ての部屋を1度に修理できないこともよくあります。

③雨漏り修理と建物外装の修繕を一緒に行うことができる業者を選ぶことで、足場費用などをおさえることにつながります。

 

④火災保険で、雨漏り修理を行ったことのある業者を選びましょう。

 

自然災害を伴う雨漏りの場合、火災保険を活用できる場合もあります。

御見積や被害写真などを作成した経験のある業者の方が、スムーズに保険の申請ができます。

 

アパートの雨漏り修理事例

弊社が行った雨漏り修理事例を簡単にご紹介します!

タイル目地の劣化による雨漏り

何度、補修しても雨漏りが直らないとのことで、入居者を入れることができなかった部屋の雨漏り修理の依頼がありました。

確かに、いろいろな場所が補修されていましたが、肝心な場所には、補修痕がありませんでした。

雨漏り調査で、浸入箇所を特定し、雨漏り修理を行いました。

屋上防水層の劣化による雨漏り

屋上の先端の防水層が劣化して、シート防水の中に雨水が溜まっていました。

入居者からベランダの天井から雨漏りすると指摘があり、シート防水をウレタン防水で改修しました。

ベランダの天井部分のセメントのはく離も併せて、補修しました。

屋上パラペットの笠木からの雨漏り

屋上パラペットの笠木下から雨水が浸入して、最上階の部屋へ雨漏りしていました。

笠木を取り外し、その下の防水層を再施工しました。

雨漏りしたところが、テレビやパソコンの上だったので、早急な雨漏り修理が必要でした。

2階廊下の防水層と扉周りからの雨漏り

外階段、廊下の幅が広く、強風により、廊下下面の防水層と2階扉周辺の隙間から雨漏りしていました。

入居者の方が、夜勤のため、なかなか連絡が取れず、内装改修に手間取りました。

アパートの雨漏り修理では、入居者のご協力が必要となります。

 

アパートの雨漏りは、しっかり調査して修理しましょう!

オーナー様にとって、アパートの突発的に発生する雨漏りは、想定外の事象です。

入居者様からの苦情や被害が発生することもあり、早急に対処が必要となります。

まずは、雨漏り修理業者を選ぶことが重要で、以下の3点は必須です。

・雨漏り調査をしっかりできる業者

・アパートの劣化具合によっては、雨漏り修理と修繕の両方ができる業者

・火災保険で雨漏り修理したことがある業者

オーナー様にとっては、何度も再発することが、もっとも苦痛だと思います。

アパートの雨漏りは、調査・原因究明・修理の基本パターンで直しましょう!

 

愛知県でアパートの雨漏りでお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事