雨漏りは屋根塗装によるコーティングで止められる?屋根屋が徹底解説

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

  • 雨漏りは塗装によるコーティングで止められるのか知りたい
  • 塗装によるコーティングの効果について知りたい
  • 屋根塗装が必要なタイミングや塗料の種類について知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は、「雨漏りは塗装によるコーティングで止められるのか知りたい」「屋根塗装によるコーティングの効果について知りたい」という方に向けて書かれています。

屋根塗装を行うことで、雨漏りを止められると営業する業者さんがおられるようです。

屋根塗装は、屋根材の寿命を延ばしたり、屋根材の防水性を高めたりしますが、雨漏りを止める効果はあるのでしょうか?

本記事では、屋根塗装によるコーティングで雨漏りを止めることができるのかについて解説しています。
屋根塗装の効果や適切なタイミングについても解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

雨漏りは屋根塗装によるコーティングで止められるの?

残念ながら、屋根塗装・コーティングでは雨漏りを止めることはできません。

屋根・壁の塗装はあくまでも意匠性を向上させるものです。

屋根・壁の隙間を完全に塗料で埋めることはできません。

また、屋根材・壁材の経年による動きに対して、塗料が延び縮みで対応することはできません。

屋根塗装や外壁塗装で雨漏りを止められると言っている業者さんがいたら、その業者さんの言うことを鵜吞みにすることはやめておきましょう。

必ず別の業者にも確認して、裏を取ることをオススメします。

屋根塗装と雨漏りの関係について、屋根屋で話し合った動画がありますので、ご覧ください。

「屋根って塗装しないと雨漏りしやすいってホント?」の疑問に屋根屋が答えます!

 

屋根塗装によるコーティングで逆に雨漏りが起こる?

屋根塗装でコーティングを行った場合、縁切りという作業を行うことが重要です。

もし行われていない場合は、「屋根塗装をして縁切りを行っていないこと」がかえって雨漏りの原因となります。

つまり、屋根塗装したために、雨漏りするようになるのです。

縁切りできていない屋根塗装した屋根はこちらです。

上下のスレートが塗料で密着しています。

スレートの中に入った雨は排水することができません。

 

屋根塗装する上で、縁切りが必要であることについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

スレート屋根の雨漏り 3大原因の1つ「塗装の縁切り不足」をご紹介。

 

屋根塗装によるコーティングの3つの効果

屋根塗装によるコーティングの3つの効果をご紹介します。

  1. 美観の回復
  2. コケ発生の防止
  3. 屋根材の保護

次の章から、それぞれ解説していきますね。

 

【コーティングの効果】①美観の回復

屋根塗装によるコーティングをすることで、屋根全体の見た目が良くなります。

屋根が若返ると言っても過言ではありません。

また、色を変えることで建物全体の雰囲気を変えることもできます。

屋根塗装前

屋根塗装後

屋根が完全に若返りますね。新品といわれてもわからないです。

 

【コーティングの効果】②コケ発生の防止

屋根塗装によるコーティングをすることで、屋根材が吸水することを軽減します。

屋根材が吸水せず乾燥していれば、コケの発生を抑えることにつながります。

また、表面の凹凸を塗料が埋めることでも、表面での堆積しやすいところが減少するため、コケが付着しにくいです。

 

【コーティングの効果】③屋根材の保護

屋根塗装によるコーティングは、屋根材の保護する効果があります。

踏み割れなどで、屋根材にヘアークラックが入ることが多いですが、ヘアークラックに塗料が入りこみます。

塗料はクラックが拡がることを防ぎ、屋根材の保護につながります。

 

雨漏りリスクを下げる屋根塗装が必要なタイミング

屋根の雨漏りリスクとしては、屋根材が劣化して、ヒビ割れ、穴開きなどが発生することがあります。

屋根塗装することで、屋根材を保護して雨漏りリスクを下げることができます。

主な屋根材の屋根塗装の目安をご紹介します。

屋根材屋根塗装の目安
スレート10年毎
NG
セメント瓦10年毎
ガルバリウム鋼板10年毎

瓦は塗装することはNGです。(かえって、雨漏りしやすくなります。)

ガルバリウム鋼板は屋根塗装することで、メッキ層を保護することができます。

屋根塗装することで、腐食による穴開きを防ぎ、雨漏りリスクが下がります。

定期的にメンテナンスを行うことで、寿命を延ばすことにつながります。

 

屋根用塗料の種類と効果【雨漏りリスク軽減】

代表的な塗料の種類と効果を紹介します。

  1. フッ素系
  2. シリコン系
  3. ウレタン系

以下、簡単に特徴を紹介します。

①フッ素系

耐熱性だけでなく耐寒性や低摩耗性、不燃性にも優れています。

価格は高価ですが、15年ほどの耐久性があります。

長い目でみるとメンテナンス回数を減らすことができ、経済的となります。

②シリコン系

紫外線に強く防汚性もあることからコストパフォーマンスに優れています。

価格は標準的で、耐用年数の目安は7~10年ほどです。

③ウレタン系

対摩擦性や光沢に優れています。

価格は安価で、耐用年数の目安は5~7年ほどです。

 

雨漏りの原因を知るには調査が必要です

屋根塗装や外壁塗装を行うと、雨漏りが止まるという悪質な営業をする業者がいますが、実際はそんなことはありません。

塗装後1、2年経過した方から「雨漏りが直らない」とご相談を多くいただきます。

全面塗装しても雨漏りは直らないことが多いです。

実際には雨漏りの原因調査をしっかり行って、その原因を補修する次いでに塗装することが雨漏り修理の王道です。

 

上の写真は原因調査を行わず、雨漏り修理として全面塗装した事例です。

お客様は塗装屋さんに雨漏りが止まらないと言って、その後、何回かコーキングしてお手上げ状態になったそうです。

弊社が雨漏り調査して、ALCのジョイントのコーキング不良を発見しました。

全面塗装してしまうと雨漏りのヒントがなくなってしまうため、雨漏り修理の難易度は上がります。

雨漏り修理に伴う塗装の順番は最後です。

  1. 雨漏り調査
  2. 雨漏り修理
  3. 全面塗装

 

雨漏り調査について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

雨漏り調査ってなにをするの?費用は?5つの方法をプロが徹底解説!

 

【まとめ】屋根塗装で雨漏りは解決しない

【結論】屋根塗装・コーティングでは雨漏りを止めることはできません。

屋根・壁の塗装はあくまでも意匠性を向上させるものです。

屋根塗装や外壁塗装を行うと、雨漏りが止まるという悪質な営業をする業者がいますが、実際はそんなことはありません。

屋根塗装でコーティングを行った場合、縁切りという作業を行うことが重要です。

もし行われていない場合は、「屋根塗装をして縁切りを行っていないこと」がかえって雨漏りの原因となります。

屋根塗装によるコーティングの3つの効果をご紹介します。

  1. 美観の回復
  2. コケ発生の防止
  3. 屋根材の保護

全面塗装しても雨漏りは直らないことが多いです。

雨漏り修理に伴う塗装の順番は最後です。

  1. 雨漏り調査
  2. 雨漏り修理
  3. 全面塗装

必ず順番を守りましょう。

 

屋根・雨漏りに関してお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事