雨漏りがマンションで起こる原因は?起こったときにやるべきことも解説

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

  • マンションの雨漏りの原因について知りたい
  • マンションで雨漏りが起こったときにやるべきことを知りたい
  • マンションで雨漏りが起こったときは誰の責任になるのかを知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は、「マンションの雨漏りの原因について知りたい」「マンションで雨漏りが起こったときにやるべきことを知りたい」という方に向けて書かれています。

マンションは規模が大きいと、雨漏りの原因がわかりにくい場合があります。
しかし、どんな雨漏りでもやるべきことは決まっています。

本記事では、マンションの雨漏りの主な原因と起こったときにやるべきことを解説していきます。
この記事を読めば、マンションで雨漏りが起こったときに、やるべきことがわかります。突然雨漏りしても、戸惑うことはなくなりますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

マンションで雨漏りが起こる主な原因

マンションで雨漏りが起こる主な5つの原因について紹介します。

  1. 外壁の劣化や破損
  2. 屋根や屋上の劣化や破損
  3. 窓や建具の隙間
  4. 水道トラブル
  5. 人的なミス

①外壁の劣化や破損

外壁に経年でひび割れや破損が発生することがあります。

特に、窓・サッシまわりには構造的な強度不足によりひび割れが発生しやすいです。

外壁のひび割れ部から雨水が浸入して雨漏りする可能性があります。

 

②屋根や屋上の劣化や破損

屋根は屋上防水の仕様が多いです。

防水層はシート防水や塗膜防水となっており、紫外線などによる経年劣化や破損が生じます。

防水層が劣化して、き裂や穴開きが発生すると雨漏りに直結します。

屋上からの排水ドレンにゴミなどが詰まると排水できず雨漏りすることもあります。

③窓や建具の隙間

窓や建具まわりはシーリング処理されています。

シーリングが劣化するとき裂や隙間が発生します。

隙間から風雨などで雨水が浸入すると雨漏りとなります。

また、経年でサッシ本体のシール材が劣化して、サッシから雨漏りすることもあります。

 

④水道トラブル

水道などの給排水設備は各階の間に通っています。

上階の給排水設備に不具合が発生すると水漏れが天井から落ちてきます。

 

⑤人的なミス

上階で風呂の水をオーバーフローさせてしまうと水漏れが発生します。

トイレなどの排水管に異物を詰まらせて水漏れが生じることもあります。

また、窓を開けっぱなしで雨水が大量に浸入すると下の階まで雨漏りすることもあります。

 

マンションと一戸建ての雨漏りの違い

マンションの雨漏りと一戸建ての雨漏りの違いについて紹介します。

マンションは規模が大きく共有スペースもあるため、雨漏り原因の特定がむずかしいです。

また、上階に他人が住んでいるため、天井からの水滴の原因が雨漏りなのかと水漏れなのかの判別が難しくなります。

一戸建てでは天井上の構造や水まわりがあるかどうか把握できるため、雨漏り調査を行いやすいです。

また、マンションが賃貸物件であった場合は、基本的には雨漏りの責任は貸主にあるため、管理会社や大家さんに連絡する必要があります。

一戸建てと異なり、勝手に自分で修理業者を選んで、雨漏り修理することはできません。

次の章から、マンションで雨漏りが起こったときにやるべきことを詳しく解説していきます。

 

マンションで雨漏りが起こったときは記録が重要

雨漏りを発見したとき、記録を残すことが重要です。

落ち着いて、まずは写真・動画を撮りましょう。

多少、床が余分に濡れてしまってもいいので雨漏りの状況を写真・動画に撮ることで、のちの対処を検討する上で大切なデータとなります。

写真・動画は雨漏りの原因を特定するのに、とてもヒントになります。

写真・動画を撮るときに、以下の3つのポイントで撮影してください。

  1. 引いたアングルで写真を撮る(なるべく部屋が広く写るように)
  2. 雨が部屋へ浸入している場所がわかるように撮る
  3. 浸入している雨漏りの量がわかるように撮る

この中で、特に気を付けてほしいのが1です。

どうしても、雨漏りのアップばかりの写真を撮ってしまうため、場所がわかりにくい写真となってしまいます。

また、家財に被害が出た場合も、全体の写真も必ず撮るようにしましょう。

 

応急処置を行わないと費用請求される可能性がある

マンションで突然雨漏りしたときは、床などの被害が大きくならないように応急処置を行いましょう。

雨漏りが発生しているのを知りながら、とるべき必要な応急処置を行わずに放置して、下の階の隣人にまで被害が拡大した場合は、最悪の場合は費用の請求をされる可能性があるので、放置はやめておきましょう。

天井から床へ雨漏りする場合は、バケツなどで受けて床を保護しましょう。

広範囲に雨漏りする場合は、ブルーシートを床にひいて、その上にバケツや雑巾、吸水シートなどで雨が拡がるのを防ぎましょう。

窓から雨漏りする場合は、水滴が飛び散らないように吸水シートをひいて受けましょう。

雨漏りの応急処置する方法について詳しくはこちらの記事で解説しています。

雨漏りへの対処方法ついて慶応4年創業の屋根屋が解説します!

 

賃貸物件の場合は管理業者や大家さんへの連絡を迅速に行おう

雨漏りしたマンションが賃貸物件であった場合、管理業者や大家さんに連絡しましょう。

管理業者とは、一般的には物件を紹介してくれた不動産会社や管理業務専門のメンテナンス会社の場合が多いです。

管理業者や大家さんはすぐには駆けつけてはくれませんが、雨漏りの連絡を早めに入れて補修を検討してもらいましょう。

雨漏りの状況は口で説明しても伝わらないので、撮影した写真や動画を見せることで、雨漏り修理の必要性を訴えましょう。

マンションの雨漏りは風向きや降雨量によって、ほぼ同時にいくつかの部屋で発生することがあります。

雨漏りの状況を管理業者や大家さんと共有することで、適切なメンテナンスをしてもらいましょう。

 

マンションで雨漏りしたら修理費用は誰が負担するの?

賃貸マンションで、雨漏りの修理が必要になった場合は、基本的に大家さんの負担となります。

民法にも「民法606条:賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務をおう。」という記載があります。

ただ中には、大家さんがなかなか雨漏りの修理をしてくれない場合があります。

なかなか修理をしてもらえない場合は、国民生活センターへ相談するといいアドバイスをしてもらえます。

分譲マンションの場合は、普段支払っている共益費などから管理組合が中心となって修繕することになります。

このときに雨漏り修理の必要性を示すのに役立つのが、自分が撮影した雨漏りの写真や動画となります。

賃貸マンションの修理費用の負担者について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

雨漏りがアパートで発生!とるべき行動は?修理費用は誰の負担?

 

もし自分が原因で雨漏りを起こしてしまったら?

もし自分が原因で雨漏りや水漏れを起こしてしまった場合、被害が拡大しないように応急処置を取りましょう。

次に、火災保険やマンションの契約書の確認をしましょう。

火災保険の契約内容や賃貸契約の内容によっては、自分で修理費用を負担しなくても良いケースがあります。

学生などは入居時に強制的に損害保険に加入させられるケースがあります。

お風呂の水を出したまま寝てしまって、水漏れが下の階に拡がり高額な家財道具に被害を与えてしまった事例があるからです。

保険の契約書や賃貸物件の契約書を一度確認しておくとやってはいけないことがはっきりします。

雨漏りを火災保険で直せるかどうかについて詳しくはこちらの記事で解説しています。

雨漏りを火災保険で直したい!経年劣化によるものも可能なのかを解説

 

マンションで雨漏りが起こったときの修理費用の目安

マンションで雨漏りが起こったときの修理費用の目安を、いくつかのケースに分けて紹介します。

・単純なコーキングで終わる修理 → 2~20万円

・タイルの目地の劣化による雨漏り修理 →70~万円

・防水層の劣化による雨漏りの修理 →150~万円

・大規模な修繕工事 →1000万円以上

マンションの外壁などは足場が必要となり、ちょっとした雨漏り修理でも高額になりやすいです。

 

マンションで雨漏りを起こさないための対策

マンションで雨漏りを起こさないための対策を紹介します。

  • 下水道が詰まらないように定期的に掃除する
  • 外壁のタイル浮き、ひび割れなどが確認されたら、点検してもらいましょう
  • 屋上を定期的に点検する
  • 管理組合で半年に1回は点検を行うようにする

屋上や庇などの排水口のゴミ掃除を定期的に行いましょう。

高所作業となる場合もありますので、その場合は専門業者に依頼しましょう。

 

【まとめ】定期的なメンテナンスで雨漏りを防ごう

マンションで雨漏りが起こる主な5つの原因について紹介しました。

  1. 外壁の劣化や破損
  2. 屋根や屋上の劣化や破損
  3. 窓や建具の隙間
  4. 水道トラブル
  5. 人的なミス

マンションの場合、雨漏り以外に水漏れもあります。

雨漏りを発見したとき、記録を残すことが重要で落ち着いて、まずは写真・動画を撮りましょう。

マンションで突然雨漏りしたときは、床などの被害が大きくならないように応急処置を行いましょう。

賃貸マンションで、雨漏りの修理が必要になった場合は、基本的に大家さんの負担となります。

分譲マンションの場合は、普段支払っている共益費などから管理組合が中心となって修繕することになります。

マンションの雨漏りを防ぐために、定期的メンテナンスが有効です。

 

雨漏りに関してお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事