名古屋城天守閣の解体 取り外した屋根瓦を販売?

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    名古屋城天守閣を木造で復元する計画がなかなか進まないようです。
    一方で、天守閣の解体で、取り外した屋根瓦の販売の話がありました。
    どっちの屋根のことでしょうか?

名古屋城天守閣の解体 取り外した屋根瓦を販売?

今日のニュースで、名古屋城天守閣の解体する際に、取り外した屋根瓦を販売する話がありました。

名古屋市さんが、「市民に喜ばれる活用方法を考えたい」とのようです。

また、石垣の調査の問題で、文化庁から解体の許可が下りておらず、2022年の完成予定はずれ込むそうです。

石垣の事は全く無知なのですが、名古屋城は名古屋のNo.1観光名所なので、早く許可が下りてほしいものです。

天守閣の屋根瓦の素材は3種類あります。

天守閣の屋根をよーく見てみると、屋根の素材は3種類あります。

①金

屋根の一番上で輝いている、金のしゃちほこは有名だと思います。

 

それ以外に、後2つあります。

②瓦

1階の屋根は瓦となっています。

③銅板

2階から5階の緑色の屋根は、実は、銅板なのです。

 

天守閣から見てみると、銅製の屋根材だとわかります。

鬼も銅板で製作されています。

焼き物の瓦とは違い、隙間なくつながっています。

銅板の緑青色は、もともと銅の色(10円玉の色)でした。

表面が錆びることで、茶⇒黒⇒緑と色が変わっています。

銅板を解体した場合、裏面はもともとの銅色だと思われます。

 

どの屋根瓦を販売するのでしょうか?

名古屋市さんは、どの屋根瓦を販売するのでしょうか?

金のしゃちほこだったら、すごい金額になると思いますが・・・

現実的には、瓦か銅板だと思います。

瓦は1枚でも、飾ることはできます。

お寺さんなどでは、瓦の裏に文字を書いて、もらうこともありますから。

銅板を飾るのは、どのようになるのか想像がつかないですが・・・

 

販売されたら、記念に購入しようと思いました!

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事