外壁の防水塗装の費用は?費用を抑えるために必要な3つのことも紹介

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

外壁の防水塗装について知りたい

外壁の防水塗装の費用を抑える方法を知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は「外壁の防水塗装について知りたい」「外壁の防水塗装の費用を抑える方法を知りたい」という方に向けて書かれています。

外壁の防水塗装を行えば、建物内への雨水の浸入を抑え、建物の寿命を大きく延ばすことができます。
でも、気になるのが外壁の防水塗装の費用ですよね。

本記事では、外壁の防水塗装の費用について解説していきます。費用を抑えるために必要な3つのことも解説していきますのでぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

外壁の防水塗装の費用

外壁の防水塗装とは、塗料の中で防水性能の高い塗料を使用した外壁の塗装工事のことを一般的にさしています。

防水性能の高い塗料とは、外壁はヒビ割れにより雨水浸入しやすいので、外壁のヒビ割れに追従できる弾性塗料のことです。

一般的な一戸建てで防水塗装を行った場合の費用相場について紹介します。

シリコン塗料を使った一般的な外壁の塗装代は2,500~3,500円/㎡程度ですが、防水性能の高い塗料で防水塗装を行った場合の塗装代は6,000〜7,000円/㎡程度と倍近い費用となります。

外壁塗装には足場代や人件費なども必要になるため、総額では一般的なシリコン塗料(100万円程度)に比べて倍までせず、防水塗装では120~130万円程度とお考えください。

それでも2、3割程度高くなりますので、雨漏りが心配なクラックが入っているなどの場合にご検討ください。

 

外壁の防水塗装の価格に影響する5つの要素について詳しくはこちらの記事で解説しています。

外壁の防水塗装はいくら?価格に影響する5つの要素も徹底解説

 

外壁の防水塗装の価格表

外壁の防水塗装について費用内訳の価格表を紹介します。

項目摘要単価費用目安
足場設置クサビ(ピケ)足場(養生ネット含む)1,000~1,200円/㎡18~25万円
高圧洗浄水道水150~300円/㎡2~4万円
防水塗装複層弾性6,000~7,000円/㎡70~80万円
コーキング変成シリコン950~1,200円/㎡10~20万円

 

外壁を防水塗装にするメリット

外壁の防水塗装は、一般の外壁塗装よりも費用が高くなりますが、その分メリットもあります。

防水塗装は使用する外壁材が限られていて、モルタル、ALCパネル、コンクリートなどの外壁に用いる塗装工事となります。

これらの外壁材はヒビ割れが発生しやすく、そこから壁内へ雨水が浸入するという特徴があります。

一般の外壁塗装では、塗膜がこのヒビ割れに追従できず雨水が浸入してしまいます。

一方で、防水塗装は弾性(ゴムのような性質)がある塗料を使用するため、小さなヒビ割れには塗膜が追従して雨水浸入を防ぐことができます。

高価な防水塗装ですが、壁内への雨水浸入を防ぐメリットがあります。

 

外壁の防水塗装のメリットとデメリットについて詳しくはこちらの記事で解説しています。

外壁の防水塗装とは?メリットとデメリットを徹底解説

 

防水塗装の費用を抑えるために必要な3つのこと

防水塗装の費用を抑えるために必要な3つことを紹介します。

  1. 定期的な点検
  2. 相見積もり
  3. 塗装の品質

 

次の章から詳しく解説していきます。

 

【費用を抑えるために必要なこと】①定期的な点検

防水塗装の費用を抑えるためには、定期的な点検が重要です。

防水塗装の耐用年数が10~20年であるため、それ以内での不具合による再塗装は避けたいです。

約5年毎に建物の外周を点検することで、不具合を早期に発見することができます。

外壁に大きなヒビ割れが発生してしまうと防水塗装でも追従できず、塗膜にヒビ割れが発生し雨水浸入してしまいます。

大きなヒビ割れを発見したら、部分修理でふさぐことで防水塗装を耐用年数まで引っ張ることができます。

定期的な点検、早期の部分補修で費用を抑えることにつながります。

 

【費用を抑えるために必要なこと】②相見積もり

防水塗装の費用を抑えるためには、相見積もりが重要です。

相見積もりとは、複数の業者から見積もりを取り、費用や工事の内容を比較することです。

相見積もりを行う上でのいくつかのポイントを紹介します。

  • 雨漏りなど不具合が発生している場合はそれぞれの業者に工事内容まで提案してもらう
  • 定期メンテナンスの見積もりはそれぞれの業者に対して同じ希望条件を伝える
  • 「〇〇一式」といった記載の場合は面積や長さがわかるように記載してもらう
  • 防水塗装の種類・材料・塗り回数などを記載してもらう
  • その他の付帯箇所(軒天・雨樋・雨戸等)の塗装が入っているかを確認しておく

 

雨漏りなどの不具合が発生している場合は、業者の技量によって工事内容の提案が異なります。

最初の一社の提案と同じ仕様条件にしてしまうと不具合を直す最適な工事とならなくなりますのでやめておきましょう。

相見積もりは費用の比較と同等ぐらい工事内容を比較することが重要です。

 

【費用を抑えるために必要なこと】③塗装の品質

防水塗装はただ塗装すれば良いものではありません。

外壁材の種類や劣化の状態を把握した上で、防水塗装の種類を判断することが重要です。

また、下塗りや中塗りの回数や乾燥時間を正しく守ることで塗膜の厚みを持たすことができます。

塗膜の厚みがヒビ割れに対する追従性を高め、防水性能を発揮することにつながります。

そのため、高い品質で塗装する業者に依頼して長持ちさせることで、長期的なメンテナンス費用を抑えることができます。

他の業者と比較して、かけ離れて安価な業者は手抜き工事をされるリスクがあります。

残念ながら塗装後すぐは、手抜き工事を見破ることは難しいので注意してください。

 

外壁の防水塗装のDIYはオススメできない

外壁の防水塗装のDIYはオススメできません。

外壁塗装は足場が必要な高所作業であるため転落のリスクがあるため、DIYには適していません。

防水塗装の塗料は高額なため、失敗すると損害も大きくなります。

さらに、防水塗装は難易度の高い塗装工事なのでDIYはやめておきましょう。

 

外壁の防水塗装と一緒にするべき工事は?

外壁の防水塗装と同じタイミングで行うべき工事を紹介します。

足場費用を節約するためにその他の塗装工事、屋根メンテナンス、屋上防水メンテナンス、雨樋メンテナンスなどは一緒に行いましょう。

また、外壁の防水塗装とベランダの防水は、メンテナンス期間が10~15年と類似していることから一緒に行うこともよいでしょう。

 

【まとめ】できるだけ安い費用で外壁の防水性を維持しよう

外壁の防水塗装とは、塗料の中で防水性能の高い塗料を使用した外壁の塗装工事のことで、塗装代は通常の塗装の倍程度かかります。

しかし、防水塗装は弾性(ゴムのような性質)がある塗料を使用するため、小さなヒビ割れには塗膜が追従して雨水浸入を防ぐことができるメリットがあります。

できるだけ費用を安価にするため、定期点検、相見積もり、塗装品質の高い業者選びを実施しましょう。

また、建物の外周のメンテナンスを同じタイミングで行うことで、足場費用の負担を軽減しましょう。

 

雨漏りに関してお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

この記事に関連するサービスメニュー

関連工事メニュー

関連記事

この記事を読んだ人にオススメの記事