【三州瓦のすすめ】その3つの理由(瓦屋だから知っている)

三州瓦をすすめる3つの理由(瓦屋だから知っている)

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(カミセイ)のDr.神谷です。

 

先日、ハウスメーカーさんの開発の方から、「友達が建てる新築だとして、屋根材は正直、何を勧めた方がいいですか?」と質問を受けました。

迷うことなく、「三州瓦がいいですよ!」と答えました。

 

お答えしたものの、住宅の専門家にも、伝わっていないな~と実感しました。

そこで、三州瓦をすすめる3つの理由をわかりやすく説明します。

 

1.財布にやさしい!

瓦の魅力は何と言っても「財布にやさしい!」ということです。

「えー?」と思われた方もいますね。

「瓦は高い!」となんとなく、すりこまれていますよね?

これは半分だけを見ている話で、新築時の費用だけのことなんです。(それもわずかに高いだけ)

でも、実際には、ご自宅に何十年と住むわけで、住宅ローンも何十年も支払うわけです。

その間の維持費を無視することはできません。

 

35年間(ローン期間)の維持費までを含めて、試算してみると瓦は圧倒的に安く、「家計にやさしい!」主婦の味方なのです!

屋根材のメンテナンス計画通りの出費シミュレーション結果を見ると他の屋根材に比べて、

なんと、約370万円もお得になります!

詳しくはこちらをご覧ください!

http://kamisei.co.jp/news/744

 

なぜ、そんなに違うの?

単純明快で、瓦は強くて、丈夫なので、メンテナンス費がかからないのです。(点検・部分補修は除く)

なぜ丈夫なの?

①瓦は焼き物で、変色、紫外線劣化しない。(お茶碗と同じ釉薬(ゆうやく)で表面が保護されている)

②瓦の施工方法もレベルアップした。(耐震・耐風性の高い安全な工法となった)

③瓦は通気性があり、屋根を乾燥できる。(高防水、高排湿)

 

他の屋根材は?

逆に、他の屋根材のメンテナンス費がかかるのは、

①塗装品のため、紫外線劣化をする。(促進試験:塗装品は10年で劣化する)

⇒再塗装が必要(足場を組むから割高になる)

②屋根に直貼りのため、屋根が乾燥しにくい。

③素材(セメント、ガルバリウム鋼板、樹脂等)を30年持てばいいという仕様にしているから。

例えば、金属屋根とする場合、ガルバリウム鋼板品ではなくて、ステンレス鋼板の無塗装品にすれば、30年よりも間違いなく長持ちします。でも初期費用が高く、工務店さんが売りにくいので、住宅ではほとんど採用されないのです。

ステンレス鋼板使用例(名古屋市科学館プラネタリウム)

初期費用を抑えるために、30年持てばいい仕様としているのです。

金属屋根でも50年仕様にすれば、安価になるのですが・・・残念!

 

2.豊富なデザイン

瓦が安いことはご理解していただけましたね!

それでは、瓦にしようかなと思っていただいたあなたに質問です。

 

どんな屋根にしますか?

色、形、大きさ、洋風・和風、など想像されたイメージはいくつもあるのでは?

大丈夫です。

三州瓦は、日本瓦から洋瓦まで、豊富な種類があり、イメージに合う瓦を提供できます

 

日本の瓦の75%は三州瓦です。

えー?75%と聞くと逆に、三州瓦以外は何があるの?って感じですよね。

 

ちなみに三州瓦以外だと石州瓦(島根県)、淡路瓦(兵庫県)などです。

これらの瓦は日本瓦を主に生産していて、瓦の形状・色などに独自性があるのが特徴です。

 

日本瓦以外のものは、ほぼほぼ、三州瓦と思っていただければ、間違いないです。

代表的なデザインを少しだけ紹介します!

和風デザイン

自然豊かな環境に建つ家屋にはピッタリですね。

 

洋風デザイン

南欧風のイメージです。

フラットなスッキリしたイメージです。

高級な住宅デザインにも負けません。

 

片流れデザイン

人気の片流れ屋根にも専用の部材で雨漏り対策もバッチリです!

 

三州瓦の豊富なデザイン性をご理解していただけましたね。

次に瓦屋だから知っているサキドリ情報をご紹介します。

3.瓦産地としての将来性

瓦屋根は今後も安泰なのでしょうか?

実は、新築住宅の数が減少するにつれて、瓦の需要も減少しています。

さらに、巨大地震の度に、古い住宅(=瓦屋根)に被害が発生するため、瓦のイメージも悪くなっています。(実際には、瓦ではなく、建物の強度不足が原因です。)

残念ながら、安泰とは言えないのです。

 

そんな中、三州瓦はシェアが高いだけではなく、産地としての分業化もできているので、今後も産地として継続可能なのです。

具体的には、原料の粘土を生産する業者(4社)、釉薬を生産する業者(3社)、プレス機をや窯などの設備を生産する業者(6社)、瓦の形を作るための金型業者(多数)、鬼瓦を作る業者(10数社)、社寺仏閣などの特注品を作る業者(数社)などがあります。

(粘土採掘現場)

(鬼師による個性のある鬼瓦)

一方、他産地は、現在では自前の業者がかなり減少して、維持できなくなっています。

そのため、三州瓦の関連業者が遠方まで出向いているという実情があります。

 

長期間にわたり、使用できる瓦ですので、瓦産地も長期間、存続し、メンテナンスに対応してほしいですよね。

三州瓦は将来も産地として存続できるので、安心して住宅の屋根に使用していただけます。

 

まとめ:屋根は安全・安心・安価な三州瓦をお勧めします!

住宅の屋根は、もっとも安価となる瓦屋根がお勧めです!

その瓦の中では、豊富なデザインを演出できる三州瓦をお選びください。

これからも長く使用していただく屋根ですので、産地としての総合力があるシェア75%の三州瓦で間違いないですよ!

専門用語もあり、わかりにくい所もあったかと思います。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6 人中 6 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事