台風15号 千葉県の屋根被害状況調査を実施しました。

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    台風15号の屋根被害調査へ行きました。
    瓦製造販売会社の集まり、全陶連(全国陶器瓦工業組合連合会)として、
    参加しました。

台風15号 千葉県の屋根被害調査

今日は、朝から千葉県の屋根被害調査のため、千葉市から南房総市周辺まで、車を使用しながら、調査しました。

千葉駅周辺には、ほとんど台風被害は見られませんでした。

高速道路を使い、南下しました。

およそ、1時間30分程度で、南房総市へ到着しました。

高速に載っている間、南下するにつれて、だんだん被害が多く発生しているような感じでした。

鋸南町~南房総市は別世界でした!

鋸南町~南房総市は別世界に感じました。

集落ごとに、被害状況が異なっていました。

海岸に近い集落では、そのほとんどの屋根に被害が発生していました。

地形が海から左右の山で囲まれた集落では、約40年程度経過した物件が多くありました。

台風の右側に入った地域は、被害がひどく、ブルーシートがたくさん掛けられていました。

古い建物は軒並み被害が発生していました。

その中で、軒天や窓ガラスが破損した場合に、屋根全体が飛散したケースが見られました。

ボランティア活動に取り組む工務店さんが活躍!

訪問した工務店さんは、SNSを活用して、全国から救援物資が届く仕組みを構築されていました。

ボランティアの方も集まる仕組みができていて、地域を守っている感は、半端なく感じました。

お聴きした中で、いくつか、皆さんに知ってもらいことがありました。

・ブルーシートは#3,000以上の厚みのあるものをお送りくださいとご要望されていました。

・市から供給されるブルーシートは#1,500クラスで、耐久性が1~2カ月と短いそうです。

・屋根をやる専門職が不足している。

・ブルーシートがうまく貼れない

 

行政の顔は見えず、民間及びボランティアが中心の復旧作業となっているようでした。

90歳のおばあちゃんがこんなにすごい台風は、はじめてだと言われていました。

年々強くなる台風に対する対策も検討が必要だと思いました。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事