同じ建物のスレート屋根で、再塗装有無でスレート表面の比較をしました!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    「スレート屋根は塗装しない場合、どれくらいもつの?」
    とたまに聞かれます。
    比較しやすい建物があったので、ご紹介します!

お問い合わせはこちら

スレート屋根を塗装しない場合、どれくらいもつの?

スレート屋根を塗装のメンテナンスをしない場合、屋根材として、何年ぐらいもつのでしょうか?

ときどきご質問を受けます。

メーカーのメンテナンス計画では、「30年で検討してください」となっています。

塗装した場合としない場合を比較しやすい屋根があったので、ご紹介します!

1棟の建物で、2戸の住宅

屋根の点検依頼で、ご訪問した建物で、1棟で2戸の住宅が入っていました。

建物としては、1棟です。

しかし、点線の部分で分かれていて、右と左で、2戸の住宅となっています。

アパートではなく、家主は別々の住宅です。

この屋根を点検しました。

屋根を点検してみました。

築25年過ぎの建物でした。

屋根へ上ってみると、

黒い塗料が少しはげている状態でした。

屋根の頂点に、登ってみると、

右(東面)と左(西面)で、別世界となっていました。

右側は、1度、塗装のメンテナンスを行ったそうです。

一方、左側は、一度も塗装していないそうです。

同じ建物なので、屋根材のスレート屋根は全く同じ条件のものです。

左右を比較してみます。

一度、塗装した屋根は、塗料は部分的にはげていますが、材料の劣化までは感じません。

これなら、そろそろ再塗装すれば、もう少しもつ感じがします。

一方、約25年経過した屋根は、限界を感じました。

表面の塗料は、はげています。

それだけではなく、スレートの表面が白い斑点となっています。

スレートの材料自体が劣化しているので、この状態で塗装メンテナンスはできないと思います。

 

さらに、屋根材だけではなく、屋根下地の劣化は別で点検する必要があります!

この屋根の比較からいくつか気付くことができました。

 

ポイントまとめ
・スレート屋根の寿命は、25~30年。
・塗装メンテナンスすることで、寿命は延びる。
・屋根材自体ではなく、屋根下地の劣化には注意!

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事