25年経過したF形瓦を屋根点検しました。補修が必要です。【愛知県豊田市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

築20年を経過したF形瓦屋根にお住まいの人。

屋根点検を行いたい人。

この記事で伝えたいこと

25年経過したF形瓦の屋根点検を行いました。

以前に台風で飛散した形跡もありました。

台風対策や雨漏り対策が必要な屋根でした。

ポイントを簡単にご紹介します。

お問い合わせはこちら

25年経過したF形瓦を屋根点検しました。補修が必要です。

現在、瓦屋根の主流となっているF形瓦は30年前に商品化されています。

その頃のF形瓦屋根と今のF形瓦屋根では、大きな違いが2つあります。

①30年前の瓦:防災機能がついていない。今の瓦:防災機能がついている。

②30年前は瓦屋根のガイドラインがなかった。

この2点は、F形瓦の耐風性能に大きく関わっています。

つまり、30年前のF形瓦屋根は、耐風性能が劣っているので、補修が必要です。

簡単にポイントをご紹介します。

F形瓦屋根点検

鉄骨造2階建ての屋根点検を行いました。

一見、25年経過している屋根とは感じない程、割れや変色、コケ、錆びもなくきれいな屋根でした。

次に細部を点検しました。

棟部は問題がありました。

棟部を点検しました。

この写真の左側の冠瓦のくぎ頭には、シーリングで応急処置が行われていました。

一方で、右側の冠瓦のくぎは浮いていました。

瓦の平部を留めるくぎ2本で、冠瓦を留め付けています。

この仕様は現在のガイドライン工法(先程の違いの②)では、NGとなっています。

現在では、パッキン付きビスで留め付けしています。

くぎ浮きの原因は?

くぎ浮きの原因は、くぎが留まっている冠瓦の下にある棟芯木が腐朽しているからです。

くぎからの伝い水で、くぎが留まっている棟芯木のくぎ穴まわりが経年で腐朽して、くぎの保持力が低下してしまいます。

この状態で、巨大台風のような強風に合うと、冠瓦が飛散してしまいます。

補修方法としては、パッキン付きビスで留め直すことが有効です。

 

しっくいのはがれによる葺き土の浸食

棟部では、もう1つ不具合がありました。

しっくいがはがれ、その部分の葺き土が強風雨で浸食されていました。

くぎやくぎ穴が露出している部分もありました。

しっくいがはがれるだけでは、すぐに雨漏りは発生しません。

葺き土が浸食されても、10㎝程度葺き土の厚みがあるので、慌てるなくても大丈夫です。

しかし、このようにくぎが露出してしまうと雨漏りのリスクが高くなります。

補修方法としては、冠瓦をめくって、葺き土を取り除き、なんばんしっくいで復旧することがおススメです。

しっくいはまた、経年ではがれるのですが、なんばんしっくいははがれることがないので、メンテナンスを軽減できます。

 

平部は飛散した形跡がありました。

平部は飛散した形跡がありました。

平部では、一部、差し替えされた瓦がありました。

強風で飛散したと思われます。

現在のF形瓦は防災機能がありますので、改善されています。(先程の違い①)

この屋根で現状問題はないのですが、巨大台風に耐えうる強風対策としては、接着工法による補強が有効です。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

20~30年前のF形瓦 接着補強工法による簡易補修方法をご紹介します。

補修方法に関して、分からないことがあればお気軽にお問い合わせください。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事