屋根修理の種類や費用は?屋根材ごとに詳しく解説します

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆していました。

本記事はこんな人にお勧めします。

  • 屋根修理の種類や費用が知りたい
  • 屋根材ごとの屋根修理の種類や費用を知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は、「屋根修理の種類や費用が知りたい」「屋根材ごとの屋根修理の種類や費用を知りたい」という方に向けて書かれています。

屋根修理といっても、全体修理から部分修理までその種類は数多くあります。屋根材によっても必要な修理の種類や費用は異なります。

本記事では、屋根修理の種類や費用について解説していきます。屋根材ごとに異なる屋根修理の種類や費用も網羅していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

屋根修理の全体修理の種類

屋根修理の全体修理の種類を紹介します。

  • 葺き替え・・・既存の屋根材をめくり新しい屋根材に交換する修理
  • 葺き直し・・・既存の瓦を順番にめくり、その瓦で再度留め付ける修理
  • カバー工法・・・既存の屋根材の上に新しい屋根材をかぶせて行う修理
  • 塗り替え・・・既存の屋根材の表面を塗装する修理

 

4つの屋根修理の費用目安をまとめました。

修理内容約100㎡の建物の費用相場
葺き替え
※古い屋根材を撤去して、新しい屋根材を施工
100~240万円
瓦の葺き直し
※瓦を部分的に外しながら、ビス留めする
70~150万円
カバー工法
※金属屋根、アスファルトシングルで重ね葺き
80~150万円
塗り替え
※既存のスレート・金属屋根の再塗装
40~80万円

※上記表には足場費用は含まれていません。

 

屋根修理の部分修理の種類

屋根修理の部分修理の種類を紹介します。

  • 破損した瓦の差し替え・・・破損した瓦だけを交換する修理
  • 棟板金の取替え・・・既存の棟板金をめくり、新しい棟板金に交換する修理
  • 雪止設置・・・屋根の軒先部分に新たに雪止(金具・瓦)を設置する修理
  • しっくいの塗り替え・・・既存のしっくいを撤去し、新しくしっくいを塗る修理
  • 瓦棟部の葺き替え・・・既存の瓦棟部を解体し、新しい工法・瓦で復旧する修理
  • 雨漏り修理・・・雨漏りの原因部分を解体し、その部分を屋根下地から直す修理

 

それぞれの修理内容と費用目安をまとめました。

修理内容約100㎡の建物の費用相場
破損した瓦の差し替え2.5~万円
※例5枚の場合、5万円程度です。
棟板金の取替え5~15万円
※棟板金の形状や長さによって異なります。
雪止設置10~30万円
※隣の家や車に被害が出る場所に増設します。
しっくいの塗り替え6~20万円


瓦棟部の葺き替え25~50万円
雨漏り修理10~50万円
※雨漏りしている場所の部分のみの補修です。

※上記表には足場費用は含まれていません。

 

屋根の付帯部分の修理の種類

屋根の付帯部分の修理の種類を紹介します。

  • 雨樋の部分修理・・・雨樋の不具合のある部分を交換する修理
  • 雨樋の付け替え・・・既存の雨樋を撤去して、新しい雨樋に交換する修理
  • 軒天の部分修理・・・軒天の不具合のある部分を新しい軒天に交換する修理
  • 天窓の部分修理・・・天窓のガラス面のシール打替え、エプロンの交換修理
  • 天窓の取替え・・・既存の天窓を撤去し、新しい天窓に交換する修理

 

それぞれの修理内容と費用目安をまとめました

付帯部分の屋根修理修理費用の目安
雨どいの部分修理10~万円
雨どいの付け替え30~万円
軒天の部分修理10~万円
天窓の部分修理5~万円
天窓の取替え30~万円

※上記表には足場費用は含まれていません。

 

屋根材ごとの修理の種類

屋根材ごとの特徴と修理の種類について紹介します。

  1. スレート
  2. ガルバリウム鋼板
  3. ジンカリウム鋼板
  4. アスファルトシングル

 

それぞれについて簡単に解説します。

①瓦

瓦の特徴は以下の5つです。

・焼物で耐久性が高い(60年以上)

・メンテナンス費用が安い(塗装品ではないので塗装メンテナンスはNG)

・重厚感あるデザイン(和風から洋風まで多種の形状・色がある)

・防音性が高い

・重量が重い

 

瓦の屋根修理の種類と費用をまとめました。

屋根修理の種類費用相場
葺き替え工事120~240万円
葺き直し工事140~220万円
棟の取り直し25~50万円
漆喰補修工事6~万円
瓦差し替え工事2.5~万円
谷板金交換10~万円

※足場費用は含まれていません。

 

②スレート

スレートの特徴は以下の5つです。

・初期費用が安い(建売住宅によく採用されている)

・シンプルなデザイン

・施工業者が多い

・割れやすい(施工・メンテナンスを行う時の踏み割れ)

・メンテナンス費用がかかる(10年毎の塗装工事、30年で葺き替え)

 

スレートの屋根修理の種類と費用をまとめました。

屋根修理の種類費用相場
葺き替え工事100~180万円
重ね葺き工事80~万円
塗装工事30~50万円
部分差し替え10~万円
棟板金工事5~20万円

※足場費用は含まれていません。

 

③ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板の特徴は以下の5つです。

・防水性が高い

・緩い角度の屋根にも設置可能

・もっとも軽いため地震に有利

・雨音が大きい

・屋根下地が劣化しやすい

 

ガルバリウム鋼板の屋根修理の種類と費用をまとめました。

屋根修理の種類費用相場
葺き替え工事100~140万円
重ね葺き工事80~万円
塗装工事30~50万円
棟板金工事5~20万円

※足場費用は含まれていません。

 

④ジンカリウム鋼板

ジンカリウム鋼板の特徴は以下の5つです。

・軽いけれど見た目の重厚感がある

・石粒が表面にあり、変色が目立たない

・割れない

・初期費用が高い(瓦より高い)

・海外メーカー産で輸入品のため、長期保証が当てにならない

 

ジンカリウム鋼板の屋根修理の種類と費用をまとめました。

屋根修理の種類費用相場
葺き替え工事100~140万円
塗装工事30~50万円
棟板金工事5~20万円

※足場費用は含まれていません。

⑤アスファルトシングル

アスファルトシングルの特徴は以下の5つです。

・初期費用が安い(建売住宅によく採用されている)

・割れにくい

・曲面にも設置可能

・強風に飛ばされやすい

・石粒が落ちてくる

 

アスファルトシングルの屋根修理の種類と費用をまとめました。

屋根修理の種類費用相場
葺き替え工事100~180万円
重ね葺き工事80~万円
塗装工事30~50万円

※足場費用は含まれていません。

おすすめの屋根材について詳しくはこちらの記事で解説しています。

屋根材のおすすめ5選を紹介!それぞれの特徴と注意点を屋根屋が解説

 

屋根修理工事を検討するタイミング

屋根屋が考える屋根修理工事を検討すべきタイミングをいくつか紹介します。

  • 雨漏りしているかもしれないと感じたとき
  • 定期点検結果で不具合を指摘されたとき
  • 屋根の汚れが気になりだした
  • 外回りに足場を設置したとき
  • 台風後に屋根を見て違和感があったとき
  • 屋根材の耐用年数が来た時(瓦60年、その他30年)

 

屋根屋からすると台風後に、地上からでいいので屋根を見上げて屋根の異常の有無を確認されることをオススメします。

 

上記以外で一般の人が屋根修理工事を検討するきっかけも紹介しておきます。

  • 雨漏りが直らない
  • 訪問業者に指摘されて気になり出した
  • 雨の日の雨音が気になり出した
  • 同時期に建てた近隣の家が屋根修理をしていた
  • 屋根の汚れがひどい過ぎるから
  • 定年をきっかけに屋根をキレイにしたいと思った

 

訪問業者からの指摘は不要不急の事象がほとんどです。

全く不具合がないのに、異常だと指摘して不安をあおることもあります。

訪問業者の指摘を鵜吞みにせず、すぐに契約することは絶対にやめておきましょう。

別の地元の業者に点検・修理を依頼することをオススメします。

 

屋根修理工事の効果

屋根修理工事を行う効果をいくつか紹介します。

  • 雨漏りが直せる
  • 自然災害による被害を防ぐ
  • 家の寿命を延ばせる
  • 家のイメージチェンジができる
  • 長期的にメンテナンスの費用を節約になる

 

雨漏りは自然に直ることはありませんので、屋根修理工事をすることで雨漏りを止めることができます。

屋根で自然災害が発生しやすいのは、屋根の棟部ですので屋根修理工事を行うことで劣化部がリカバリーされ、耐震・耐風性能が向上します。

屋根が健全になることで、家の寿命を延ばし、イメージチェンジにもつながります。

長期的なメンテナンス費用を考えると定期メンテナンスを行うことが不具合を未然に防ぎ、費用の節約につながります。

 

屋根修理をしないリスク

不具合があるのに屋根修理をしないとリスクが高くなります。

屋根修理をせずに放置すると、雨漏りが発生したり、強風で屋根材が広範囲に飛散したり、屋根に破損が発生したりします。

さらに屋根からの雨漏りを放置すると、建物の構造体や内装にも被害を及ぼすため、建物の寿命が短くなってしまいます。

空き家の放置でよく聞く話しとしては、屋根からの雨漏りを修理せず、建物が崩壊し周辺へ危険を及ぼしてしまうことです。

 

雨漏りを放置する弊害について詳しくはこちらの記事で解説しています。

雨漏りを放置すると待っている5つの弊害とは?屋根屋が徹底解説

 

屋根修理業者の種類とできる工事

屋根修理業者の種類とできる工事について紹介します。

  1. ハウスメーカー
  2. 瓦工事業者
  3. 板金工事業者
  4. 塗装業者
  5. 屋根修理業者

 

それぞれの業者の特徴について簡単に解説します。

 

①ハウスメーカー

新築から10年以内であれば、売主に「瑕疵担保責任」があるため、売主(ハウスメーカー、住宅販売会社、住宅建設会社、工務店など)に相談するべきです。

10年間は、屋根の不具合や雨漏りは無償で直してもらえる可能性が高いです。

それ以降は、信頼関係があれば依頼することもあります。

 

②瓦工事業者

瓦工事業者は、日本瓦以外のセメント瓦やスレート瓦などにも対応しています。

瓦屋根であれば、瓦工事業者に依頼することをオススメします。

瓦のスペシャリストであり、ハウスメーカー・工務店よりも瓦屋根のことは詳しく、正しい修理をしてもらえます。

 

③板金工事業者

トタン屋根やガルバリウム鋼板屋根、銅板屋根の修理は板金工事業者の得意分野です。

スレート瓦なども工事可能な所が多いです。

 

④塗装業者

屋根の塗り替えであれば、屋根材の種類に関わらず塗装業者の得意分野です。

塗装業者は屋根の専門家ではないので、屋根材表面の塗装以外のことを相談することはやめておきましょう。

屋根修理を行ったために、雨漏りするようになったと聞くことがあります。

 

⑤屋根修理業者

屋根の補修や雨漏り修理なら屋根修理業者がオススメです。

屋根材の種類を問わず、屋根全般(傾斜屋根、陸屋根、バルコニーなど)のメンテナンスを行っているので経験豊富です。

 

優良な屋根修理業者の見つけ方

優良な屋根修理業者の探し方を紹介します。

  • 地元・業界の雑誌
  • インターネットのサイト
  • 知人の紹介

 

地元の雑誌や知人の紹介もいいですか、業者を比較することができません。

また、知人の紹介は断りにくいという話しを聞くこともあります。

この中でもっともオススメな探し方は、インターネットのサイトで比較することです。

インターネットのサイトで比較する場合のポイントは集客サイトなのか、地元の業者のサイトなのかを確認することです。

サイトの会社概要を確認して、地元の業者かどうか見極めてください。

 

優良な屋根修理業者の特徴について詳しくはこちらの記事で解説しています。

どんな屋根修理業者に頼めば良いの?優良業者の5つの特徴を解説!

 

【まとめ】屋根修理の種類と費用の把握しておこう

屋根修理には、屋根全体修理、屋根部分修理、屋根の付帯部分の修理の3つがあります。

屋根全体修理は費用が高額となるため、どの修理方法がいいか、屋根修理業者と相談されることをオススメします。

屋根材の種類によっても費用が異なるため、既存の屋根材の種類と屋根修理費用の目安は把握しておきましょう。

屋根修理は専門性が必要ですので、優良な屋根修理業者に相談することをオススメします。

 

屋根に関してお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

この記事に関連するサービスメニュー

関連工事メニュー

関連記事

この記事を読んだ人にオススメの記事