~瓦とスレート、どっちが丈夫? Q052~ 図解 屋根に関するQ&A

図解 屋根に関するQ&A

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えしています。

「瓦とスレート(化粧スレート屋根)って、どっちがいいの?どっちが丈夫なの?」とお施主さまから質問をいただきました。

Q:瓦とスレート、どっちが丈夫? ~Q052~

f:id:capuriclub:20170526145159j:plain

A:価格は少しスレートの方がやすい。重量もスレートの方が軽い。しかし、耐久性は瓦はあるが、スレートはない。紫外線劣化の促進試験結果では、瓦は変化なし。一方、スレートは紫外線劣化による著しい退色を示した。踏み強度においても、瓦は丈夫ですが、スレートは踏み割れが多く発生している。圧倒的に瓦が丈夫である。

f:id:capuriclub:20170526150257j:plain

釉薬瓦(ゆうやくかわら)の試験サンプルです。

左:新品/右:30年相当の促進試験後・・・変化は全くありません。

一方、化粧スレートの試験は次の結果です。

f:id:capuriclub:20170526150942j:plain

左:新品/右:30年相当の促進試験後・・・著しい退色です。

表面に凹凸があるので凹み部分には少し黒味が残っていますが、凸部分は色が飛んでいます。

実際の屋根では、このような劣化が10年程度で発生しています。

表面の塗料部分が消滅することで、いくつかの悪影響が出ます。

×吸水率が高くなる

×汚れが付着する

×コケが生育する

実際、劣化した化粧スレート屋根はこんな感じです。

f:id:capuriclub:20170526152503j:plain

塗料の黒色がなくなり、コケの黒色が目立ちます。

黄色のコケが発生する場合は、もっと悲惨な屋根となります。

f:id:capuriclub:20170526152711j:plain

いぶし瓦の試験サンプルです。

左:新品/右:30年相当の促進試験後・・・変化は全くありません。

いぶし瓦は実暴露は、経年で若干変化しています。

紫外線促進試験はある条件での比較というイメージですね。

屋根はもっ過酷な環境なんですね・・・

瓦とスレートであれば、価格・軽さ以外の性能で考えれば、丈夫な瓦をお勧めいたします。

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

(JSHI)(住管協)ホームインスペクター

住宅メンテナンス診断士

赤外線建物診断技能師/気密測定技能者

石綿作業主任者

しろあり防除施工士

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事