雨漏りは塗装で直る?塗装の3つの役割!悪徳業者に気をつけよう

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

雨漏りは塗装で直るのかが知りたい

雨漏りは塗装で予防できるのかがを知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は「雨漏りは塗装で直るのかが知りたい」「雨漏りは塗装で予防できるのかがを知りたい」という方に向けて書かれています。

実は、塗装で雨漏りは直らないケースがほとんどです。
業者の言うままに塗装を行ったり、雨漏りの原因を把握しないまま塗装を行うことはハイリスクです。

本記事では、塗装の役割や塗装で雨漏りは予防できるのかについて解説していきます。屋根の劣化症状や塗装費用についても詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

雨漏りは塗装で直る?

雨漏りは塗装で直ることがほとんどありません。

悪徳業者の「塗装をすれば雨漏りが直る」というようなセールストークにダマされないように注意しておきましょう。

雨漏りを防いでいる屋根・壁の防水構造は「一次防水」と呼ばれる雨水を浸入させない部材(屋根材・外壁材)と「二次防水」と呼ばれる雨水が浸入したときに排水する部材(防水シート)の2つがセットになっています。

そして、最終的にはニ次防水である防水シートを突破されて雨漏りが起こってしまいます。

そのため、雨漏りをしっかり直すには防水シートを直す必要があります。

塗装は一次防水の屋根・壁材の表面を塗るだけなので防水シートを直すことにはつながらず、雨漏りは直らないのです。

 

雨漏りの原因について詳しくはこちらの記事で解説しています。

雨漏りはなぜ起こる?屋根の基本構造からよく起こる場所まで徹底解説

 

塗装で雨漏りが止まるケース

基本的に塗装で雨漏りが直るケースはありませんが、一時的に雨漏りが止まるケースはあります。

  • 屋根材や外壁材の小さなヒビから雨水浸入している
  • 外壁目地のシーリングのヒビ・はがれから雨水浸入している(塗装時にシーリングを補修する場合)
  • ALC外壁・モルタル外壁のヒビから雨水浸入している

 

上記の場合は、塗装によって一時的に雨漏りが止まることがあります。

しかし、根本的に原因が解決された訳ではないため、塗装だけでは雨漏りが再び起こる可能性があります。

 

塗装で雨漏りが直らないケース

塗装で雨漏りが直らないケースが大部分です。

とくに、屋根からの雨漏りでは屋根を塗装しても雨漏りは直りません。

また、雨漏りがよく起こる場所はさまざまで屋根だけではありません。

  • バルコニー
  • 窓・サッシ
  • 雨樋

 

雨漏りの原因箇所ではないところを塗装しても雨漏りは止まりません。

雨漏りの原因箇所が単純な所ではないことを紹介している動画です。

 

単純に屋根・壁を丸ごと塗装しても雨漏りは直らないケースが多いです。

 

雨漏りのよく起こる場所について詳しくはこちらの記事で解説しています。

雨漏りの原因やよく起こる場所は?対処法から修理費用まで全部解説!

 

雨漏りリスクの高い屋根の劣化症状

雨漏りリスクの高い屋根の劣化症状を紹介します。

  1. 広い範囲のヒビ割れや欠け
  2. 広い範囲の傷みや色あせ
  3. コケや藻が発生している

 

●広い範囲のヒビ割れや欠け

広い範囲でヒビ割れや欠けが発生しているスレート屋根は、屋根全体の経年劣化が進行しています。

屋根材だけではなく、防水シートも同様に劣化が進行しているので雨漏りリスクが高いと言えます。

 

●広い範囲の傷みや色あせ

広い範囲の傷みや色あせが発生しているトタン屋根は、屋根全体の経年劣化が進行しています。

屋根材だけではなく、防水シートも同様に劣化が進行しているので雨漏りリスクが高いと言えます。

 

●コケや藻が発生している

コケや藻が発生しているセメント瓦屋根も同様です。

 

屋根の寿命について詳しくはこちらの記事で解説しています。

屋根の寿命はどれくらい?気をつけたい症状や修理費用も紹介

 

屋根塗装の費用相場

屋根塗装の費用相場の目安を紹介します。

屋根塗装と言っても、建物の大きさ、形状や立地、屋根材の種類や劣化状態、塗装の種類などによって費用は変わります。

一般的な2階建てのスレート屋根の場合(30坪前後の大きさの建物・塗り面積が60~80㎡程度)は40~60万円程度となります。

 

屋根塗装の費用について詳しくはこちらの記事で解説しています。

屋根塗装の費用はいくら?金額に影響を与える3つの要素も解説

 

塗装の3つの役割

塗装の3つの役割について紹介します。

  1. 屋根材の保護
  2. 美観の保持
  3. 遮熱や防水などの機能付加

 

それぞれについて簡単に解説します。

①屋根材の保護

トタン屋根、ガルバリウム鋼板屋根などの鋼板屋根は表面の塗装やメッキ層が劣化すると鋼板が腐食してサビが発生します。

放置すると鋼板の腐食が進行して、あなが開いてしまいます。

塗装することで鋼板を保護することにつながります。

 

②美観の保持

塗装の最大の役割は美観の保持です。

経年で色あせした屋根材を塗装すると美観は向上します。

屋根の美観がよくなると建物全体も若返ったイメージとなります。

 

③遮熱や防水などの機能付加

白系の塗料を塗ると日射を反射する効果が大幅に向上して、屋根面での遮熱性能が高くなります。

セメント系屋根材は塗装することで表面から水を吸い込みにくくなるので、コケや藻が生えにくくなります。

 

スレート屋根の塗装が必要な理由について詳しくはこちらの記事で解説しています。

スレート屋根に塗装が必要な3つの理由とは?屋根屋が詳しく解説します

 

雨漏りの原因がわからないときは調査をしてもらおう

雨漏りの原因がわからないときは、やみくもに屋根塗装を行うのではなく、専門業者に依頼して雨漏りの原因調査をしてもらい対処することが重要です。

雨漏りの調査は状況に応じて調査方法を業者が選択しますが、調査内容によって調査費用が変わりますのであらかじめ確認しておきましょう。

目視の点検であれば無料で行ってくれる業者が多いです。

雨漏り調査を紹介します。

  • 散水調査
  • 赤外線サーモグラフィ調査
  • 発光液調査
  • ドローン撮影調査

 

雨漏り調査について紹介している動画です。

 

雨漏り調査について詳しくはこちらの記事で解説しています。

雨漏り調査ってなにをするの?費用は?5つの方法をプロが徹底解説!

 

屋根塗装のDIYは可能?

DIYでトタン屋根の塗装することは高所作業のため転落のリスクがあります。

長持ちする塗装は前処理が重要ですので、トタン屋根を高圧洗浄する必要があります。

トタン屋根は濡れるととても滑りやすくなり、傾斜屋根での高圧洗浄作業は滑落する危険があり、また、業者と比較すると仕上がりに差ができやすいので、難易度の高いDIYと言えます。

ただし、屋根が1階の場合や足場が組んである場合などは、一定の安全性が確保されているのでDIYすることも可能となります。

 

優良な屋根修理業者の特徴

優良な屋根修理業者の特徴を紹介します。

  • 丁寧な説明
  • しっかりとした見積もり書
  • 相場ないの修理費用
  • 近所への配慮
  • 充実したアフターフォロー

 

屋根の塗装や雨漏り修理は優良な屋根修理業者に依頼しましょう。

屋根の診断とその補修提案をしっかりと説明してくれる業者を選びましょう。

逆に、過剰など不安をあおる業者はやめておきましょう。(悪徳業者の可能性が高いです。)

通常の業者であれば、雨漏りしていて屋根の状態が悪い場合は、なるべく不安を与えないようにしながら冷静に現状の報告と対処方法を説明します。

病院で例えるなら、健康診断したら、過剰に不安をあおる医者がいないことと同じです。

 

優良な屋根修理業者について詳しくはこちらの記事で解説しています。

どんな屋根修理業者に頼めば良いの?優良業者の5つの特徴を解説!

 

【まとめ】屋根塗装で雨漏りは直らない

雨漏りは塗装で直ることがほとんどありません。

悪徳業者の「塗装をすれば雨漏りが直る」というようなセールストークにダマされないように注意しておきましょう。

とくに、屋根からの雨漏りでは屋根を塗装しても雨漏りは直りません。

雨漏りの原因がわからないときは、やみくもに屋根塗装を行うのではなく、専門業者に依頼して雨漏りの原因調査をしてもらい対処することが重要です。

屋根塗装は「屋根材の保護」「美観の保持」「遮熱や防水などの機能付加」の3つの役割となります。

屋根塗装や屋根修理は優良な屋根修理業者に依頼しましょう。

 

屋根・雨漏りに関してお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

この記事に関連するサービスメニュー

関連工事メニュー

関連記事

この記事を読んだ人にオススメの記事