瓦屋根のリフォームの注意点は?費用総額や時期の目安なども解説!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー/日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

瓦屋根のリフォームについて知りたい

瓦屋根のリフォームの費用について知りたい

瓦屋根のリフォーム時期について知りたい

瓦屋根のリフォームでどの屋根材が良いのか知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は「瓦屋根のリフォームについて知りたい」「瓦屋根のリフォームの費用や時期について知りたい」という方に向けて解説しています。

ご自宅の瓦屋根が、そろそろリフォームが必要ではないかと気になりませんか?知識なく瓦屋根リフォームを業者さんに相談すると、言われるがままに必要以上な高額リフォームを契約してしまう場合があります。

そこで本記事は、瓦屋根のリフォーム時の注意点や費用総額・時期の目安について解説していきます。記事の後半では、それぞれの屋根材の特徴についても解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

葺き替えと葺き直しの違い

瓦屋根は他の屋根材にはない、「葺き直し」というリフォームの方法があります。(上の写真は1列ごとに瓦を留め付ける葺き直しの様子です。)

一般的によく行われる「葺き替え」と「葺き直し」の違いについてはじめにご紹介します。

「葺き替え」は、屋根全面の屋根材・防水シートなどを新しいものに替えることを言います。

葺き替えは、瓦・スレート・金属屋根とどの屋根材でも行うリフォームの方法です。

一方で、「葺き直し」は、瓦だけで行うことができるリフォームの方法で、瓦を一度めくり、その下の屋根下地を修理・交換した後、もともとの瓦を復旧して並べ直すことを言います。

瓦自体は耐久性が高いので、古いものを再利用することができますので、瓦の材料代が不要となります。

ただ、瓦を一度めくって保管しておく手間が余分にかかるので、材料代との差し引きで、葺き替えよりは少し安価となる程度です。

最近よく聞くカバー工法(重ね葺き)ってどう?

屋根リフォームの選択肢のひとつである「カバー工法(重ね葺き)」とは、 古い屋根材の上に軽い屋根材をかぶせて工事する方法です。

しかし、瓦屋根では、全面的なカバー工法は行われません。

瓦は焼き物で硬くビスや釘を表面から貫通しないので、瓦屋根の上から他の屋根材をカバーして留め付けできないためです。

瓦屋根でのカバー工法は、応急処置として粘着防水シートなどで部分的に瓦の表面をカバーする方法です。

災害時や予算がない場合のリフォーム方法ですが、瓦工事業者なら別のリフォーム提案を行うことができます

瓦屋根のリフォームの費用総額の目安

瓦屋根のリフォームの費用の目安を一覧にします。

修理の種類内容費用の目安
葺き替え屋根全面の古い瓦をはがして、新しい屋根材で施工する160~240万円
葺き直し古い瓦を再利用して、屋根下地・瓦の留め付けを直す。100~180万円
部分修理部分的に瓦をはがして、不具合を補修する。20~50万円
応急処置(カバー工法)予算がない場合や災害時などで、応急処置として、粘着防水シートなどで部分的に瓦の表面をカバーする10~30万円

葺き替え、葺き直し、部分修理を選ぶときの判断は以下を参考にしてください。

●雨漏りなどの不具合が発生した場合は、部分修理でほぼ直すことができます。

●葺き替え、葺き直しは築20年以上経過した昔の工法の瓦屋根を、今後、20年以上は住むと考えている場合に行うリフォームとなります。

●その場合は葺き替えがオススメとなります。

●ここ15年内の瓦は、「防災瓦」という耐風性能が優れた瓦に進化していますので、若干、葺き直しに比べて高くなりますが、葺き替えをオススメします。(現在99%は「防災瓦」となっています。)

●一方で、葺き直しは予算を抑えたい場合、古い瓦に想い入れがある場合、立地の関係で葺き替えが高額となってしまう場合などのときに行います。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

瓦屋根修理の費用目安は?工事の選び方から工期まで屋根屋が解説!

瓦屋根のリフォームを検討する場合は耐用年数も参考にしよう

瓦自体の耐用年数を紹介します。(上の写真は築80年の瓦屋根/いぶし瓦です。)

瓦の形状には関係なく、日本瓦・F形瓦・S形瓦とも耐用年数は60年以上と言われています。

また、瓦の種類にも関係なく、釉薬瓦・いぶし瓦・素焼き瓦とも60年以上となっています。

一方で、焼き物ではないセメント系の屋根材(通称:セメント瓦)の耐用年数は短く20~30年です。

瓦屋根となると、瓦自体の他に屋根下地(瓦桟木、防水シート、野地板、水切り板金など)の耐用年数も影響します。バランスの取れた屋根下地を選ぶことで、葺き替え工事を延ばすことができます。

よくある5つの屋根トラブル!部分修理で済む場合もある

よくある5つの屋根トラブルを紹介します。

  1. 雨漏りをしている
  2. 瓦が割れやズレがある
  3. 訪問販売業者に屋根リフォームを勧められている。
  4. ネット上に別の屋根材への葺き替えた方が良いと書かれていた
  5. 瓦に重いイメージがあり地震が心配なため

以下で簡単にご紹介します。

雨漏りをしている

写真のように雨漏りは部分的に発生します!

天井の雨漏りは、屋根のトラブルの可能性が高く屋根の部分修理が必要です。

瓦が割れやズレがある

このような瓦の割れは、割れた瓦を差し替える部分修理で大丈夫です。

訪問販売業者に屋根リフォームを勧められている。

訪問販売業者は、悪い評判を多く聞きます。

屋根に問題があると指摘されても、訪問業者に対しては相手をせず、近くの瓦屋根工事店に相談することがトラブルを回避する方法です。

訪問業者はだましのプロなので、相手をしないことが重要です。

ネット上に別の屋根材への葺き替えた方が良いと書かれていた

webサイトでは、リフォーム業者さんや板金屋根工事店さんがこぞって、金属屋根、ルーガなどの軽量な屋根材へ葺き替えすることを勧めています。

これらの業者さんは瓦屋根の劣化状況・お施主様のためになる事とは関係なく、初めから金属屋根、ルーガへの葺き替えありきとなっています。

健全な状態の瓦屋根でも葺き替えを勧めているのでご注意ください!

お施主様にとって、メリットのない葺き替え工事は全くやる必要はありません!

瓦に重いイメージがあり地震が心配なため

住宅の耐震性は、屋根材だけでは決まりません。どちらかというと、壁量が重要です

まず耐震診断をして、その結果を見て対策を検討するのが順序です。

屋根材の種類と耐震性については、こちらのシミュレーションをご覧ください。

軽い屋根なら巨大地震でも大丈夫?実は建物の強度の見直しの方が重要です!

瓦屋根のリフォームはどの屋根材に葺き替えたら良いのか?

ここでは、候補を3つにしぼりました。

瓦」「スレート屋根」「金属屋根」です。

それぞれにメリットとデメリットがあります

それらの良い点と悪い点の両方を知ってから決断した方が後悔せずに葺き替えできますよね。

なので今回はそういう点も踏まえて、完全ガイド版として下にまとめておきました。
もしよければ参考にしてみてください。

瓦屋根から瓦屋根へのリフォームのメリットとデメリット

瓦屋根⇒瓦屋根への葺き替えのメリットデメリットをまとめました。

 メリットデメリット
瓦屋根への葺き替え・耐久性が高い
・メンテナンス費が安価
・デザイン豊富
・遮音性、断熱性が高い
・結露しにくい
・屋根工事だけで完結できる
・初期費用が若干高い
・他の屋根材より重い

瓦屋根へ葺き替えた場合のメンテナンスは、10年に1度の点検程度です。

この家に、これからも長く住むという方には、お薦めです。

長期的に見れば、かなりお得。(コストパフォーマンスが最高!)

住み心地も優良。

古い住宅には土葺き工法が多いので、高耐震高耐久軽量化が実現できる「瓦のガイドライン工法で工事するように!」と指定してリフォームしてください。

さらに、少しでも軽い屋根を求めるなら、軽量瓦(セラマウント)への葺き替えをお勧めいたします!

瓦屋根からスレート屋根へのリフォームのメリットとデメリット

瓦屋根⇒スレート屋根への葺き替えのメリットデメリットをまとめました。

 メリットデメリット
スレート屋根への葺き替え・少し軽量化となる
・20万円程度初期費用が安くなる
・スレート屋根の寿命は30年と短い。
・塗装品なので、10年毎の塗装が必要となる。
・メンテナンス費用が高額となる。

スレート屋根へ葺き替えた場合のメンテナンスは、10年に1度の塗装が必要です。

初期費用は抑えたくて、でも、葺き替えはしたい方に、お薦め?です。

見た目もシンプルで、どんな住宅にも合います。

ただし、割れやすさがあることと、塗装のメンテが必要になるので、そこは注意が必要です。(長期的なコストパフォーマンスは低い!)

瓦屋根から金属屋根へのリフォームのメリットとデメリット

瓦屋根⇒スレート屋根への葺き替えのメリットデメリットをまとめました。

 メリットデメリット
金属屋根へ葺き替え・屋根を軽くできる
・防水性が高い
・雨音がうるさい。(新築と違い、深刻!)
・夏は暑い、冬は寒い(新築と違い、深刻!)
・キズやへこみができやすい
・裏面から錆びる
・塗装品なので、塗装メンテナンスが必要
・費用は瓦と変わらない

金属屋根へ葺き替えた場合のメンテナンスは、10年に1度の塗装です。

瓦屋根からの葺き替えで、相談が多いのが雨音です。(うるさくて眠れない。)

うるさいとか暑い寒いは構わない、とにかく軽くしたいという方にお薦めです。

費用・コスパよりも、とにかく軽くしたいという方にお薦めです。

ただし、キズが付きやすくそこから錆びることと、塗装のメンテが必要になるので、そこは注意が必要です。

海の近くはやめた方が賢明です

【まとめ】瓦屋根の葺き替えは高額!優良な業者に依頼しよう!

瓦屋根の葺き替えは、どの屋根材を選んでもかなり費用がかかります。

そのため、まずは部分補修から検討しましょう!(部分補修を検討できるのは、瓦屋根工事業者だけです。違う業者さんに相談すると部分補修はできないと必ず言うので気を付けてくださいね!)

しかし、雨漏りを放置したり、大きな歪みを無視したりしていると、住宅は大きなダメージを受け、かかる費用はさらに大きくなります。

よくある5つの屋根トラブルは以下があります。

  1. 雨漏りをしている
  2. 瓦が割れやズレがある
  3. 訪問販売業者に屋根リフォームを勧められている。
  4. ネット上に別の屋根材への葺き替えた方が良いと書かれていた
  5. 瓦に重いイメージがあり地震が心配なため

瓦屋根の葺き替えは高額となりますので、優良な業者を探して相談しましょう!

どの屋根材へ葺き替えるか、メリット・デメリットを相談して、納得できる屋根材で葺き替えましょう。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。(お電話でも大丈夫ですよ!)

お問い合わせはこちら
愛知県で雨漏りでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。
詳しくは、こちらをご覧ください!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 32 人中 31 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事