日経ホームビルダー4月号に屋根断熱の取材記事が掲載されました!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    屋根の結露のご相談をよくいただきます!
    みなさん、本当に、困られています。
    少しでも、被害者が少なくなるようにと、住宅雑誌にも情報提供しています!

日経ホームビルダーが2か月、連続で「屋根」を特集しています!

家づくりの実務情報誌として、「日経ホームビルダー」があります。

住宅を建築する側の業界誌として、よく読まれている本です。

工務店さんが読む雑誌なので、屋根の記事は正直、少ないです!

そんな中、3月号「短命屋根材の責任」、4月号「屋根断熱の難題はこう解く」と2か月連続で、「屋根」が特集されました。

屋根マニアの私としては、屋根をクローズアップしてもらえるとうれしいです。

さらに、2か月連続で、弊社は取材され、一部が記事となりました。

「通気層の出口がない」屋根断熱は結露リスクがあります!

取材で提供した写真が掲載されました。

この事例は、弊社が棟換気を設置して、修繕した物件です。

屋根断熱の実験結果も!

以前、弊社の実験棟で行った屋根断熱の結果も一部掲載されました。

棟換気への通気経路が大回りだと、通気不足の可能性があるというものです。

屋根の結露でなぜ、困っているのか?

屋根の結露で、みなさんがなぜ、困っているのか?

それは、雨漏りですと新築から10年間は瑕疵担保責任の対象になります。

しかし、結露の場合は、瑕疵担保責任保険の対象外なんです。

同じ、天井からの染みでも、雨漏りなら保険OK。

結露なら保険NGなのです。

家を建てるときに、そんな説明、だれもしてくれないですよね。

そして、屋根を補修するのは大掛かりとなり、費用も高価となるので、困ってしまうのです。

デザインだけで、屋根を決めないように注意してください。

私が心配しているのは、「屋根断熱」「片流れ」「ガルバリウム鋼板立平葺き」「軒ゼロ」の組み合わせです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

片流れ・屋根断熱・ガルバリウム鋼板の3点セットは危険な屋根なんです!

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事