瓦屋根とは? 古いイメージだけど、もっとも安価でオススメです!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の屋根・雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー/日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

  • 瓦屋根にお住まいの人。
  • 瓦屋根を検討している人。
  • 瓦について調べている人。
  • 新築を検討している人。

この記事で伝えたいこと

「瓦のイメージは?」と若い子に聞いてみると、第1位「古い」、第2位「空手」の回答になります。

「空手?」と思われた方も多いと思いますが、空手家の瓦割りのイメージが強いようです。

そこで、「瓦屋根」についてもう少し知ってもらうために、瓦の歴史から現在の仕様について、簡単にご紹介します。

 

お問い合わせはこちら

「瓦屋根」とは? ①瓦の起源

瓦とは?

「瓦」を広辞苑で調べてみました。

”粘土を一定の形に固めて焼いたもの。主に屋根をふくのに用い、また、床敷とする。”

⇒「粘土瓦」を指しています。

一般の方も、「瓦」と聞くと「粘土製」・「耐久性が高い」と想像されることだと思います。

しかし、粘土製以外のものに、「瓦」をつけた名称の屋根材があります。

いくつかご紹介します。

「新素材の軽い瓦」⇒「樹脂繊維セメント屋根材」

「金属瓦」⇒「金属屋根材」

「樹脂瓦」⇒「FRP屋根材」

これらの屋根材は、塗装のメンテナンスが必要であり、寿命も30年程度と短いので、粘土瓦と混乱しないようにご注意してください。

瓦の起源

瓦は、約3,000年以上前に西洋(ギリシャ)・東洋(中国)にて、別々で発祥したそうです。

西洋の瓦は、平坂形です。(写真は平板形のイメージです。)

東洋の瓦は、上丸・下丸の組み合わせです。

日本へは東洋の瓦文化が伝承され、上丸・下丸の組み合わる瓦が日本の瓦の起源となります。

「瓦屋根」とは? ②瓦自体の耐久性

日本で最も古い瓦は?

日本の瓦文化は、「瓦、1,400年の歴史」と言われるように、約1,400年前が起源です。

奈良県にある元興寺(がんごうじ)に1,400年前の瓦が200枚程度現存し、現役で屋根に使用されています。

赤丸の瓦が1,400年前の瓦です。

それ以外は同じ形状の瓦を作製して、メンテナンスで少しずつ交換されています。

1,400年前の瓦が現役であることを見ても、瓦自体の耐久性は高いと言えます。

一般の寺院はどれぐらい?

文化財などは除いて、市中にある寺院の屋根はどれくらい前のものでしょうか?

200年程度(江戸時代末期)から使用されている瓦はかなりあります。

地元にも2つのお寺さんが、200年程度経過しています。

上の写真は、2m以上の大きな鬼瓦の側面に彫り込んであった文字ですが、天保5年(1834年)と記されています。

お寺さんの屋根は、上丸・下丸を組み合わせて施工するタイプが多いです。これを本葺き(ほんぶき)と言います。

こちらのお寺も部分補修の痕は多く見られ、破損した瓦は交換されながら維持されています。

一般の民家はどうれくらい?

100年以上経過した瓦も健在しています。

上の写真は、築100年を超えた瓦屋根です。

100年前ですと、現在の日本瓦と同じ形状の瓦も出てきます。

強度を測定してみると。

100年前の瓦と現在の瓦の強度を比較してみました。

100年前の瓦は1121Nに対して、現在の瓦は2倍以上の2308Nでした。

現在の瓦は、瓦を焼成する技術が飛躍的に向上しているため、製品のばらつきも少なく、100年前の瓦に比べて、耐久性がさらに高くなっていると言えます。

少なくとも60~100年以上の耐久性が瓦自体にはあります。

 

「瓦屋根」とは? ③瓦屋根の耐久性

瓦屋根とは、垂木(たるき)、屋根下地(野地板、防水シート)、瓦桟木、瓦などで構成されています。

築80年の瓦屋根を解体調査

築80年の瓦屋根を葺き替えしたときに、構成部材を調べました。

屋根の上部から紹介します。

  1. 葺き土(ふきつち)・杉皮
  2. バラ板
  3. 垂木

①瓦・・・割れ・ズレもありませんでした。

②葺き土・杉皮・・・現在の防水シートにあたる部分です。雨漏りによる劣化などもありませんでした。

③バラ板・・・屋根下地の野地板にあたる部分です。雨漏り・結露などによる腐朽もありませんでした。

④垂木・・・屋根下地を受ける垂木に雨漏り・結露などによる腐朽もありませんでした。

乾燥していて、問題はありませんでした。

築80年の瓦屋根は屋根下地の劣化・腐朽もなく、健全な状態でした。

瓦屋根の昔との違い

80年前の瓦屋根と現在の瓦屋根では、大きな違いが発生しています。

違いを下の表にまとめてみました。

下地構成が大きく異なります。

現在は、構造用合板、防水シート、引掛け葺き(葺き土なし)となっています。

引掛け葺きかつ瓦をくぎ留めしていますので、耐風性・耐震性に重きを置いた瓦屋根です。

一方で、くぎを打っていない昔と比べて、防水性や結露対策では劣っています。(標準仕様:60年となっています。)

最近、高耐久構法も開発され、通気下地屋根構法(80年仕様)も登場しています。

上の写真は、F形防災瓦の通気下地屋根構法です。(瓦はビス留めで、防水シートに孔を開けない仕様となっています。)

「瓦屋根」とは? ④工法の変遷

50年前

50年前に瓦屋根の留付けに関して、建設省告示109号で規定されました。

屋根の周辺部の軒先・ケラバは2枚緊結することと規定されました。

愛知県以西は土葺きが主流となっていました。

つまり、築50年の瓦屋根はほとんどくぎ留めされていません。

30年前

30年前に平部を数枚に1枚留め付ける仕様が金融公庫の仕様書に取り決められました。

26年前に発生した阪神淡路大震災を受け、愛知以西も含めて、瓦を留め付ける「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」が定められました。(約20年前)

 

現在

現在は、瓦を全数留め付ける仕様(ガイドライン工法)が標準となっています。

自然災害にも強い工法となっていて、耐風試験・耐震試験に合格した内容で施工されています。

また、古い瓦屋根はメンテナンス時に、留め付け補強をオススメしています。

 

「瓦屋根」とは? ⑤防災瓦で性能アップ

古い瓦ですが、ここ15年で大きな変化がありました。

下の写真は100年前からある昔の日本瓦です。

巨大台風では、瓦が飛散することもあります。

 

長年大きな変化のなかった瓦が防災瓦へと進化しました。

下の写真は15年前に進化した防災瓦です。

見た目には大きな変化はないのですが、防災機能が付加され、全数くぎ留めすれば、巨大台風でも飛散しなくなりました。

防災瓦の登場で、瓦屋根の耐風性能は大幅に向上しました。

それも、現在施工されている瓦の約99%は防災瓦となっています。

そのため、防災瓦と指定しなくても、防災瓦で施工されるので、ご安心ください。

 

「瓦屋根」とは? ⑥デザインの主流が交代

100年以上前から続いていた瓦屋根のデザインが大きく変わりました。

多くの皆さんの瓦屋根のイメージは下の写真だと思います。

しかし、実は現在では15%ほどのシェアとなっています。

現在の瓦屋根の主流は下の写真のデザインの瓦に代わっています。

F形防災瓦といって、このタイプが80%のシェアとなっています。

この写真の屋根材を瓦だと思う人はほとんどいないと思います。

しかし、瓦屋根と言えば、現在はこの屋根なのです。

 

「瓦屋根」とは? ⑦メリット・デメリット

最後に、瓦屋根のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

瓦屋根のメリットは、以下の3つです。

  1. コストが安い
  2. 耐久性が高い
  3. デザインがいい

瓦屋根は、大幅な補修をすることなく、60年程度持ちます。

60年間の屋根にかかる費用を計算すると、圧倒的に安価です。

デザインもシンプルで、汚れません。

建材の中の優等生で、瓦とガラスだけだと思います。

デメリット

瓦屋根のデメリットは、以下の3つです。

  1. 屋根材の中では重い
  2. イニシャルコストが高い
  3. 古い瓦屋根は災害に弱い

屋根材の中では重いです。

新築時のコストは高いです。(30年間、60年間で見ればもっとも安いです。)

古い瓦屋根が戸建ての半分以上ありますので、自然災害で被害が発生すると瓦屋根が目立ちます。

まとめ:「瓦屋根」とは、進化していてオススメの屋根材です。

瓦屋根は少なくとも60年の耐久性があります。

現在は、瓦を全数留め付ける仕様(ガイドライン工法)が標準となっています。

現在施工されている瓦の約99%は防災瓦となっています。

F形防災瓦が80%のシェアとなっています。

瓦屋根のメリットは、以下の3つです。

  1. コストが安い
  2. 耐久性が高い
  3. デザインがいい

60年間の屋根にかかる費用を計算すると、圧倒的に安価です。

古いイメージだけど、新しく進化している瓦屋根はオススメです。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事