防水工事の単価表が知りたい!知れば相場観が身につきます

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

防水工事の単価表について知りたい

防水工事の相場を知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は「防水工事の単価表について知りたい」「防水工事の相場を知りたい」という方に向けて書かれています。

防水工事は、業者によって価格に違いがあります。
見積書の金額で契約すべきかどうかは単価表や相場を把握した上で判断すべきです。

本記事では、防水工事の様々な単価を紹介していきます。この記事を読めば、防水工事の様々な単価や費用相場がわかるようになりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

相場を知らずに防水工事を行うことはリスク?

防水工事をする上で相場を知らずに工事を依頼することは、高額な契約をしてしまうリスクがあります。

契約をすぐに結ばせるための大幅な値引きや見積書の中の一部に無料のものがあっても、その他の部分で利益がしっかり上乗せされるケースがほとんどのようです。

だまされないための予防策として防水工事の単価表を知っておくことや複数の業者に見積もりを依頼する相見積もりをすることで、相場観を養っておくことが重要です。

 

防水工事の費用

一般的なベランダ(約20㎡)の防水工事(ウレタン防水)は約26万円(別途、足場約12万円)となります。

雨漏りなどなく既存防水が劣化していない場合は、下地処理費(約5万円)が安くなります。

逆に雨漏りがひどい場合や広範囲に発生している場合は、排水ドレンや笠木の補修が追加されるため、費用はさらにかかります。

また、複数個所のベランダがある場合も費用は割増になります。

一般的な屋上(約100㎡)の防水工事(ウレタン防水)は約110万円(別途、足場約13万円)となります。

雨漏りなどの不具合がなく既存防水が劣化していない場合は、下地処理費・ウレタン防水立上りがなくなり安価となります。

既存防水層がまったく劣化していない場合は、平場をウレタン防水(密着工法)とすることでさらに安価となります。

逆に高くなるのは、雨漏りが広範囲で発生していると笠木の補修が追加されます。

 

一戸建ての防水工事の費用について詳しくはこちらの記事で解説しています。

一戸建ての防水工事の費用は?工事の種類別に相場を徹底解説

 

防水工事の種類別単価表

防水工事には主に4つの種類がありますので紹介します。

  • ウレタン防水
  • FRP防水
  • シート防水
  • アスファルト防水

 

それぞれによって、特徴や単価がことなりますのでまとめてみました。

防水の種類特徴費用相場
ウレタン防水・ウレタン樹脂という液体の防水材を塗布し乾燥させて防水層を作る防水工事
・既存防水層の上に付帯設備が設置されている複雑な形状にも防水層を作ることが容易
6,000~8,000円/㎡
FRP防水・液体のポリエステル樹脂に硬化剤を加えて、ガラス繊維などで補強・一体化した塗膜防水
・耐衝撃性・耐摩耗性に優れて軽量である
6,500~8,500円/㎡
シート防水・塩ビシート防水とは塩化ビニル樹脂でできたシート状の防水材1枚で防水層を作る工法
・付帯設備があり、施工場所の形状が複雑な場所への施工は困難
6,000~8,000円/㎡
アスファルト防水・アスファルト防水とは合成繊維不織布にアスファルトを含浸・コーティングしたシート状のルーフィングを貼り重ねて形成する古くからある工法
・仕上がりがフラットではないため、歩行しないところに施工
6,000~8,000円/㎡

防水工事の改修を行う場合は、既存の付帯設備の状況や既存防水層の劣化状況を考慮して、防水工事の種類を選びましょう。

 

防水工事のその他の単価表

防水工事は、塗料代だけでなく高圧洗浄費や下地処理・ケレン代など、その後の耐久性に影響を与える大切な作業を伴います。

その他の作業の費用を一覧表にして紹介します。

その他の費用単価
高圧洗浄費150~300円/㎡
下地処理・ケレン費200~500円/㎡
改修ドレン設置20,000~25,000円
廃材処分費20,000~30,000円
昇降階段費120,000~円

 

撤去費用の単価表

 

劣化が激しい場合や既に改修工事を行っている場合などは、既存の防水層をすべて撤去して新しく防水層を形成しなけらばならい場合もあります。

その場合は撤去費用が必要となります。

主な撤去費用を紹介します。

工事内容単位費用
塩ビシート防水撤去1,000~1,300円
ゴム系シート防水撤去800~1,000円
アスファルト防水撤去3,000~4,000円
伸縮目地撤去800~1,000円
廃材処分費20,000~円

 

外壁塗装の塗料別単価表

一般に防水工事は防水材を用いた工事のことを示す場合がほとんどです。

しかし、業者によっては塗装工事による撥水機能の向上を防水工事として位置づけている所もあるようです。

外壁塗装の塗料の相場を紹介します。

塗料の種類塗料代(材工共)注意点
ウレタン塗料1,400~2,500円/㎡
シリコン塗料1,800~2,800円/㎡
ラジカル塗料2,200~3,000円/㎡
フッ素塗料3,000~5,000円/㎡
複層弾性(シリコン塗料仕上げ)5,300~6,300円/㎡サイディングには使えない

外壁塗装の注意点としては、サイディングの雨漏りは外壁塗装では直りません。

軽症の雨漏りは目地・サッシまわりのシーリングで応急処理することは可能です。

重症の雨漏りはサイディングをはがして、下地の防水シートから張り替えする必要がありますので、ご注意ください。

 

屋根塗装については、金属屋根材を除いてオススメしていません。

屋根塗装について詳しくはこちらの記事で解説しています。

屋根瓦に塗装は必要?必要な場合の費用や注意点を徹底解説

 

外壁塗装の単価表

外壁塗装の費用の単価を紹介します。

項目摘要単価費用目安
足場設置クサビ(ピケ)足場(養生ネット含む)1,000~1,200円/㎡18~25万円
高圧洗浄水道水150~300円/㎡2~4万円
外壁塗装シリコン塗装1,800~2,800円/㎡35~50万円
コーキング変成シリコン950~1,200円/㎡10~20万円

上記の費用に加えて、人件費なども必要となるため、総額では一般的なシリコン塗料で100万円程度、シリコン塗料よりも防水機能の高い塗料を選んだ場合は、120~130万円程度必要とお考えください。

 

単価表の把握と同じくらい安くするために大切なこと

防水工事を安くするためのコツを紹介します。

  • 相見積もりを行う
  • 劣化がひどくなる前に工事を行う
  • 閑散期に工事を依頼する
  • 自社で工事ができる業者に依頼する
  • 建物の外側で足場が必要な工事は併せて行う
  • 雨漏りしている場合は原因を把握してから修理を行う

 

相見積もりを行うことがオススメです。(価格の比較だけではなく、工事内容の比較もできるからです。)

外壁塗装・防水工事は3~5月が閑散期となりますので、その時期に工事となるように2~3月頃に見積依頼することがオススメです。

雨漏りしている場合は、雨漏り調査して原因を把握してから修理することをオススメします。

防水工事屋さんは防水すれば直ると言いますが、直らない場合があります。

防水層が雨漏りの原因ではなく、違うところが原因ですと雨漏りは止まりません。

結果、雨漏り修理を別に依頼することになり余分な費用がかかりますので、雨漏り修理を先に行いましょう。

 

外壁の防水塗装を安くするために必要なことについて詳しくはこちらの記事で解説しています。

外壁の防水塗装の費用は?費用を抑えるために必要な3つのことも紹介

 

安心して任せられる優良業者の特徴

安心して任せられる業者の選び方を紹介します。

  • しっかり点検・調査してから見積もりしてくれる業者を選ぶ
  • 極端に安い業者には依頼しない
  • 地元で実績のある業者を選ぶ
  • アフターサービスや保証のしっかりした業者を選ぶ

 

全く不具合がないのに防水工事を行うのはまれです。

その不具合に対して現場調査をしっかりして見積もりする業者を選びましょう。

また、相見積もりして極端に安価な業者は手抜きをする可能性がありますのでご注意ください。(残念ながら、手抜きをされても仕上がりを見るとすぐにはわかりません。しかし、経年劣化が早く起きます。)

ただし、大手ハウスメーカーは極端に高額となるため、それとだけ比較することはやめましょう。

防水工事の目安は以下となります。

  • 大手ハウスメーカーが200万円
  • 地元の工事店が100万円
  • 極端に安価な業者は60万円

 

極端に安価な業者は下請けに約1/3程度の金額で工事をさせるため、実際の金額は約20万円程度となるので、職人の手間を省くことなり長持ちしません。

地元で実績のある業者を選ぶことをオススメします。

 

【まとめ】単価表を把握した上で防水工事を行おう

防水工事をする上で相場を知らずに工事を依頼することは、高額な契約をしてしまうリスクがあります。

だまされないための予防策として防水工事の単価表を知っておくことや複数の業者に見積もりを依頼する相見積もりをすることで、相場観を養っておくことが重要です。

防水工事の費用の目安や単価表を紹介しました。

また、併せて外壁塗装の単価表も紹介しました。

相場を把握した上で、見積もりが相場内に入っている業者を選びましょう。

 

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

この記事に関連するサービスメニュー

関連工事メニュー

instagram

関連記事

この記事を読んだ人にオススメの記事