雨戸の戸袋・サッシ上のひさしからの雨漏り 部分交換修理【愛知県武豊町】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    1階天井から雨漏りしているとのことでした。
    伺うと2階外壁サッシ周りから浸入している雨漏りでした。
    サッシに雨戸とその戸袋・ひさしが付いていたのですが、そこからの雨漏りでした。
    簡単にご紹介します!

お問い合わせはこちら

工事の概要

金属サイディング・雨戸・戸袋・ひさしからの雨漏り 部分交換で修理

工期:3日間

築年数:約40年過ぎ

雨戸・戸袋・サッシ上のひさしからの雨漏り。解体して、しっかり直しました。

雨漏りで、1階の天井に雨染みがありました。

真上をみてみると2階外壁がありました。

外壁には、サッシがありました。

サッシの上のひさしと、サッシの横に雨戸・戸袋が設置されていました。

2つともサッシからの雨漏りをふせぐ役割のものですが、意外と雨漏りの浸入口になる部分とも言えます。

築年数の古い建物では、防水シートも入っていないので、部分解体して、しっかりと雨漏りを直しました。

シーリングだけでは、不十分なので、金属サイディングの部分交換を行いました。

簡単にご紹介します!

 

1階天井の雨漏り

1階天井が雨漏りで、染みとなっていました。

真上を目視してみると、

2階外壁にサッシがありました。

サッシの戸袋をみてみると、内側に隙間がありました。

また、サッシ上のひさしをみてみますと、

金属サイディングとひさしの取り合い部にも隙間がありました。

散水試験を行うと両方から漏水が確認できました。

 

工事中

①金属サイディングの解体

古い金属サイディング・戸袋をめくりました。

ひさし横から雨水浸入痕がありました。

サッシの反対側からの雨水浸入痕が確認できました。

この時代は、防水シートは使用せず、土壁が雨を吸収すると考えられていました。

②防水シート張り

土壁の上に、透湿防水シートを設置しました。

このとき、戸袋内へも丁寧に、設置することが雨漏りを止めるポイントだと思います。

③戸袋の下端に水切りを設置

壁内に入った雨水を排水させるために、戸袋の下端の水切りを設置しました。

このとき、サッシ・木枠との隙間をシールすることが大事です。

 

この後、新規の金属サイディングを張り完成です。

 

工事後

新しい金属サイディングと古い金属サイディングをうまく貼り合わせて完成です。

土壁は少しの雨水は吸収しますが、近年の大雨・台風などによる雨漏りは吸収しきれないようです。

シーリングの応急処置では、完全に直すことはむずかしいです。

金属サイディングを解体して、しっかりとその内側の防水シートを設置することが重要です。

 

ポイントまとめ
・雨戸の戸袋およびひさしは雨漏りの浸入口にもなります。
・築年数の古い住宅は、壁材をはがして、しっかり防水シートを設置すること。
・とくに、土壁の場合は防水シートが入っていないので、設置すること。

 

雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県で雨漏りでお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
詳しくは、こちらをご覧ください!
↓↓↓
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事