雨漏り注意!一軒家で発生しやすい場所は?修理期間や費用の目安も解説!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の屋根・雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー/日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

  • 一軒家の雨漏りがどこで起こるのか知りたい
  • 一軒家の雨漏りはどんなことに気をつければ良いのか知りたい
  • 一軒家の雨漏りの修理期間や修理費用が知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は、「一軒家の雨漏りがどこで起こるのか知りたい」「一軒家の雨漏りはどんなことに気をつければ良いのか知りたい」という方に向けて書かれています。

雨漏りと言えば、天井からポタポタと雨水が落ちてくるイメージを持たれている人が多いと思いますが、一軒家の雨漏りは他にもいくつかの種類があります。

本記事では、一軒家の雨漏りの発生しやすい場所を解説します。雨漏りの修理期間や費用の目安なども解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

一軒家で雨漏りが発生しやすい場所は?

一軒家の雨漏りは、大きく分けると3つに分けることができます。

  1. 屋根
  2. 外壁
  3. その他の場所

次の章からそれぞれについて、詳しく解説していきますね。

 

【一軒家で雨漏りが発生しやすい場所】①屋根

一軒家では、屋根は雨漏りが発生しやすい場所のひとつです。

具体的には、以下のような原因で雨漏りが発生します。

  • 瓦の割れ、浮き、ズレ
  • のし積み・しっくいのズレ
  • 谷板金の孔開き
  • スレートのヒビ割れ、浮き
  • スレートのけらば水切りの詰まり
  • 棟板金の浮き
  • 金属屋根の腐食
  • コーキング材のはがれ
  • 防水シートの劣化
  • 天窓のシール・エプロンの劣化

屋根は普段見えないところのため、屋根業者による定期的な点検や早期メンテナンスが重要です。

 

【一軒家で雨漏りが発生しやすい場所】②外壁

一軒家では、外壁は雨漏りの発生しやすい場所のひとつとなっています。

具体的には、以下のような原因で雨漏りが発生します。

  • 外壁材のヒビ割れ
  • 外壁材の反り・変形
  • 外壁材のつなぎ目の隙間
  • コーキング材のヒビ割れ
  • 塗膜の劣化

雨漏りと言えば、屋根からの雨漏りをイメージする人が多いですが、意外と多いのが外壁の原因による雨漏りです。

外壁は自分で確認することができますので、コーキング材のヒビ割れが目立つようになったら、業者に点検してもらいましょう。

 

【一軒家で雨漏りが発生しやすい場所】③その他の場所

一軒家の雨漏りは、屋根と外壁以外にも雨漏りが発生しやすい場所があります。

具体的には、以下のような場所で雨漏りが発生します。

雨漏り場所原因
窓・サッシコーキング材の劣化
窓・サッシサッシ枠のパッキンの劣化
窓・サッシ防水シートの施工不良
屋上防水層の劣化
屋上笠木内の防水層の施工不良
バルコニー防水層の劣化
バルコニー外壁との取り合い部のコーキング材の劣化
雨樋雨樋の詰まり
太陽光発電設置時の施工不良

雨漏りの発生場所がわからないときは、そのまま放置せず早めに専門業者へ修理を依頼しましょう。

専門業者が行う雨漏り調査について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

雨漏り調査ってなにをするの?費用は?5つの方法をプロが徹底解説!

 

一軒家の雨漏り修理にかかる期間は?

一軒家の屋根や外壁が雨漏りしたとき、修理に必要な期間の目安をご紹介します。

施工箇所施工内容施工期間
屋根葺き替え2週間
屋根カバー工法1週間
屋根部分修理3日間
外壁張り替え2週間
外壁重ね張り10日間
外壁コーキング打替え・塗装2週間

屋根の場合、瓦屋根は部分補修ができますので、比較的短期間で雨漏り修理ができます。

外壁の場合、雨漏りしている壁面にベランダや給湯器・エアコンの室外機などの付帯設備が多いとその取り外しに時間がかかることもご承知ください。

 

一軒家の雨漏り修理にかかる費用の目安は?

一軒家の屋根や外壁が雨漏りしたとき、修理に必要な費用の目安をご紹介します。

【屋根】

工事内容工事費用相場
瓦の割れ交換・瓦のズレ直し3~万円
棟の葺き直し20~50万円
谷板金の交換15~30万円
スレートの部分葺き替え30~60万円
棟板金の交換10~20万円
屋根の葺き替え120~250万円
天窓の交換30~50万円

【外壁】

工事内容工事費用相場
外壁ヒビ割れの修理5~15万円
コーキングの打ち替え15~50万円
外壁塗装60~150万円
外壁の張り替え120~240万円

足場代などは別途発生する場合があります。

雨漏り修理の費用の目安について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

雨漏り工事の費用の目安を5つの箇所に分けて屋根屋が徹底解説!

 

新築の一軒家が雨漏りしたときは無料で修理が可能?

住宅建築時に欠陥や施工不良があった場合、10年間保証しなければならない瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)があります。

すべての欠陥が対象ではなく、建物の構造耐力に関することと建物内への雨漏りに関することに限定されています。

注意点として、以下の2つは瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)で保証の対象とはなりません。

  1. 自然災害
  2. 他社でのリフォーム

新築の住宅での雨漏りに関して、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

新築の住宅で雨漏り!保証で修理が可能な条件や注意点を徹底解説!

 

次の章では、自然災害が原因で雨漏りしたときなど、火災保険で雨漏り修理ができる場合などを解説します。

火災保険は雨漏りの修理に使えるの?

経年劣化や施工不良での雨漏り修理に火災保険は使用できないが、自然災害が原因の雨漏りは契約の状況によっては、火災保険を使って雨漏りの修理ができる可能性があります。

契約の状況とは、風災・雪災・雹(ひょう)災の特約を付帯させていることです。

また、台風などで雨漏りしても、強風による建物被害が発生していない場合は、火災保険対象外となります。

弊社の修理実績からすると、修理件数全体の2割弱しか火災保険を使っておらず、すべての雨漏り事例には適用できないことをご承知ください。

火災保険で雨漏りの修理を検討している方は、こちらの記事により詳しく解説していますので、ご参考にしてください。

雨漏りの修理に火災保険を使う条件や手順は?注意点も解説します!

 

雨漏り修理を依頼したいときの業者の選び方は?

雨漏り修理を依頼したいときの業者選びは以下の4つのポイントで比較してみましょう。

  • 原因をきちんと特定できる
  • 修理費用が相場内
  • 近所への配慮が出来ているか
  • アフターフォローが充実している

この中でもっとも比較してほしいのは、雨漏りの原因をきちんと特定できる業者かどうかです。

原因を特定するために、「いろいろな手段・道具・時間をかけて調査する」業者と「目視だけで原因を推測する」業者では、修理後の雨漏り再発率はかなり違ってきます。

ちゃんと調査してくれる業者をまず、選ぶことが大切です。

その中で、相見積を取り、原因と修理方法を確認しましょう。

ここまで行けば、信用できそうな業者を選ぶことができるので、後は、修理費用が相場内であれば、その業者でいいと思います。

最安値の修理費用でも、雨漏りが止まらなければ、ムダ金となってしまいます。

雨漏り修理業者の選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

雨漏りを修理できる優良な業者の選び方と特徴を屋根屋が解説

 

【まとめ】雨漏りかもと思ったときは専門業者に相談しよう!

一軒家の雨漏りは、大きく分けると3つに分けることができます。

  1. 屋根
  2. 外壁
  3. その他の場所

外壁と窓・サッシや外壁とバルコニーなどは、どちらが原因で雨漏りしているのか、わからない場合が多いです。

雨漏りの発生場所がわからないときは、そのまま放置せず早めに専門業者へ修理を依頼しましょう。

雨漏り業者を選ぶポイントは、ちゃんと調査してくれる業者をまず、選ぶことが大切です。

原因を特定するために、「いろいろな手段・道具・時間をかけて調査する」業者と「目視だけで原因を推測する」業者では、修理後の雨漏り再発率はかなり違ってきます。

原因を特定できる業者から相見積を取り、原因と修理方法を確認しましょう。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事