屋根葺き替え工事の見積もり明細でチェックすべき3つのポイントとは

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

  • 屋根葺き替え工事の見積もり明細でチェックすべきポイントを知りたい
  • 屋根葺き替え工事の見積もり明細は、どこを見れば良いのかを知りたい
  • 屋根葺き替え工事を適切な金額で契約する方法が知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は、「屋根葺き替え工事の見積もり明細でチェックすべきポイントを知りたい」「屋根葺き替え工事の見積もり明細はどこを見れば良いのかを知りたい」という方に向けて書かれています。

屋根葺き替え工事は、規模が大きな工事のため、見積もり金額も高額になる傾向があります。そのため、しっかり見積書を確認して、適切な金額の契約を行う必要があります。

でも、見積書ってどこをチェックすれば良いのかわからないですよね。本記事では、屋根葺き替え工事の見積もり明細でチェックすべきポイントやどこを見れば良いのかを解説していきます。
具体的な金額も紹介しながら、詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

屋根葺き替え工事の見積もり明細でチェックすべき3つのポイント

屋根葺き替え工事の見積もり明細でチェックすべき3つのポイントに紹介します。

  1. 手書きではない
  2. 曖昧な表記がない
  3. 材料の種類が書かれている

なんと言っても手書きの見積もりをその場で書いて提出する業者は注意が必要です。

次の章から詳しく解説していきます。

 

【見積もり明細のポイント】①手書きではない

屋根葺き替え工事は金額も大きく、お客様のご自宅を守るための大切な工事です。

そんな大切な工事の見積書が手書きである場合は注意をしましょう。

葺き替え工事では仕様書はない場合が多く、見積書が工事内容を証明する大切な書類となります。

見積書が手書きの場合、「本当に信頼できるの?」と感じる方が多いと思います。

とくに、訪問販売業者がその場で書いた見積書はどんなに感じがいい営業マンだとしても警戒した方がいいです。

 

【見積もり明細のポイント】②曖昧な表記がない

小規模の工事では、「一式」いくらと表現することがあります。

少量でも「一人工」が必要となる場合に「一式」と表記されていることが多いです。

しかし、屋根葺き替え工事の場合は大規模工事となりますので、単価を表記する場合がほとんどです。

見積書の項目すべてが「一式」で表現している場合は、注意が必要と思われます。

悪徳業者の事例としては、見積書の項目はとても細かく表現しているのですが、すべてが「一式」となっていました。

他社が見積項目に入れない、「はしごを屋根にかける」「荷揚げ機」なども見積書の項目に入れて細かい見積書のような雰囲気を与えながら、すべてが「一式」となっていました。

おそらく、単価で比較すると相場よりも高いことがすぐにわかってしまうために、「一式」という曖昧な表記をしていると思われます。

屋根の葺き替えの場合、屋根面積(㎡)や部位の長さ(m)の単位で数量が書かれています。

複数ある場合に、どの部分の内容なのか見積書に説明されています。

それらが曖昧な見積書は注意しましょう。

 

【見積もり明細のポイント】③材料の種類が書かれている

材料の種類や数量・単価などが記載されていない見積書も注意するべきです。

材料の種類や数量・単価などは見積書に記載されるべきもので、書かれていない場合は手抜き工事をされたり、高い料金で請求されたりしている可能性があります。

必要以上に高い見積もり明細であった場合、業者が悪徳業者の可能性がありますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

屋根修理の悪徳業者の5つの特徴や断り方を屋根屋が徹底解説

 

屋根葺き替え工事の一般的な費用の目安

屋根葺き替え工事の一般的な費用の目安を紹介します。

約100㎡の建物であった場合、屋根葺き替え工事費用の目安は100~240万円程度とお考えください。

新旧の屋根材によって目安が変わりますので、新旧の屋根材別の費用相場をまとめました。

既存の屋根材施工内容総額費用目安
瓦⇒瓦160~240万円
瓦⇒スレート120~160万円
瓦⇒ガルバリウム鋼板160~200万円
スレートスレート⇒スレート100~140万円
 (カラーベスト・コロニアル)スレート⇒ガルバリウム鋼板140~180万円
セメント瓦セメント瓦⇒瓦140~220万円
 (モニエル瓦・厚形スレート)セメント瓦⇒ガルバリウム鋼板140~180万円
トタン(カラー鋼板)トタン⇒ガルバリウム鋼板100~140万円

 

屋根葺き替え工事の費用相場について詳しくはこちらの記事で解説しています。

屋根葺き替え工事の費用相場は?屋根材ごとに違う金額を完全解説

 

屋根葺き替え工事の予算を伝えるときは注意しよう

屋根葺き替え工事を検討している際に、一定の予算を決めていたとしても予算を伝える方法を間違うと、業者が予算を合わせようとして、手抜きな屋根工事内容の見積もりとなってしまうリスクがあります。

予算を伝えることで本来必要な仕様を満たさない工事となってしまう可能性があります。

限定的で幅がない予算の伝え方をせず、「もう少し安価な仕様は?」など、目安として伝えることが重要です。

また、工事費用をできるだけ抑えたいからといって、安易にカバー工法だけを検討することはオススメできません。

スレート屋根のカバー工法を推奨しない理由について詳しくはこちらの記事で解説しています。

スレートのカバー工法屋根の葺き替え カバー工法を勧めない理由を解説!

 

屋根葺き替え工事の見積もり明細以外に大切なこと

屋根葺き替え工事を検討する人が見積もり明細以外にも、注意するべきことを紹介します。

  • 商品の知識が豊富かどうか。(予算に応じた選択肢の幅を広げてくれる)
  • 屋根の資格を持っている。(「瓦屋根工事技士」など)
  • 地域で営業年数が長い。(地域に根づいた業者は信頼の証)
  • 現場の安全対策に熱心。(安全対策は必須の条件)
  • 対応が早い。 (迅速に対応できる業者は安心できます)

取り扱い商品が多いほど、提案の選択肢に幅ができます。

とくに、屋根の葺き替え工事を行うか迷っている方は見積もり以外についても相談することをオススメします。

専門家に相談することで、自分のイメージに近い屋根修理を行える可能性が高まります。

 

屋根葺き替え工事の費用をできるだけ安くする方法

屋根葺き替え工事費用を希望の金額にする方法についていくつか紹介します。

  • 相見積もりを取る
  • 応急処置、部分修理など、いくつかのパターンの見積もりを取る
  • 見積書から不要なものやオプションを外す
  • 外壁工事も同時に行い足場代を節約する
  • 1グレード下げられないか業者に相談する

ただし、屋根葺き替え工事をしたい本来の目的は変更しないように注意しましょう。

例えば、雨漏りを直したいために屋根の葺き替えを考えている場合は、部分修理などでも雨漏りを直すことは可能性です。

しかし、将来を見据えた家のメンテナンス計画の一環として、屋根葺き替え工事を検討している場合は部分修理では意味がありません。

屋根工事業者は相談無料な場合が多いですので、納得するまで検討することをオススメします。

 

屋根葺き替え工事の見積もりの品質で業者を見分けられます

見積もりの内容・品質をみることで、優良な業者と悪質な業者を見分けることも可能です。

  • 会社住所・担当者名・連絡先等が記載されていない。
  • webで会社名を検索してもホームページが出てこない。
  • 会社住所を検索すると所在地の店舗は出てくるが、看板や会社の実態が見えてこない。

また、見積もりを提出する上での現場調査での行動も違いがあります。

悪質な業者の傾向を紹介します。

項目優良業者悪徳業者
服装機能的な服装スーツもしくは汚れた服装
臭い気にならないタバコの臭いが強い
車の中道具が入っている・整理されているぐちゃぐちゃしている
調査時間30分~2時間程度5~10分もしくは調査しない
調査方法図面、メジャー、雨漏り調査道具目視のみ
状況説明写真や動画で状況を見せてくれる口頭のみ
見積の提出方法郵送、メール、対面説明対面説明のみ

 

優良業者の5つの特徴について詳しくはこちらの記事で解説しています。

どんな屋根修理業者に頼めば良いの?優良業者の5つの特徴を解説!

 

【まとめ】見積もり明細はしっかりとチェックしよう

屋根葺き替え工事の見積もり明細でチェックすべき3つのポイントに紹介しました。

  1. 手書きではない
  2. 曖昧な表記がない
  3. 材料の種類が書かれている

屋根葺き替え工事を検討する人が見積もり明細以外にも、注意するべきことを紹介しました。

  • 商品の知識が豊富かどうか。(予算に応じた選択肢の幅を広げてくれる)
  • 屋根の資格を持っている。(「瓦屋根工事技士」など)
  • 地域で営業年数が長い。(地域に根づいた業者は信頼の証)
  • 現場の安全対策に熱心。(安全対策は必須の条件)
  • 対応が早い。 (迅速に対応できる業者は安心できます)

見積もりの内容・品質をみることで、優良な業者と悪質な業者を見分けることも可能です。

  • 会社住所・担当者名・連絡先等が記載されていない。
  • webで会社名を検索してもホームページが出てこない。
  • 会社住所を検索すると所在地の店舗は出てくるが、看板や会社の実態が見えてこない。

屋根葺き替え工事は高額となるため、しっかり業者選びをして納得して工事を行いましょう。

 

屋根に関してお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事